FC2ブログ

Category

2018.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

05/13のツイートまとめ 

boukenkyuu

関ヶ原の井伊直政は 短い腰筒で肩を狙われた説も有るなら 狙撃が出来るのは近距離かも知れぬし そうした銃撃は西欧甲冑の肩甲でも 貫通したと言う事かも知れぬが
05-13 12:31

分厚い胸甲の半甲冑を装備しても30年戦争の司令官ティリーは砲で パッペンハイムも恐らく銃や砲で戦死しているから 先頭に立って戦う事はリスクが高いと言う事だろうか
05-13 12:42

ゴシック鎧の足にギャンベゾンが無い様に見えるのは 熱対策も有るのかだが アーメット等も出来る限りバイザーを開けて熱は放出し 疲労したら前後の列を交代し 戦闘に関わる前列だけがバイザーを下ろしていると言う事なのかだが
05-13 13:16

サレットの場合熱放出の為にバイザーを開ける必要性は 何処迄有るのかだが
05-13 13:30

https://t.co/TB75CgoJTI 朝鮮の鎧の内部の鉄札は 左の配置は正しいのかだが 正面の鉄小札は重なるのかだが 背面には穴は果たして有るのかどうかだが 明の鎧も腕以外は同様の構造なのかだが
05-13 14:22

https://t.co/e7OArzavQw 左の明の綿襖甲だと 後部に隙間は無く 正面の隙間も埋まるのかだが 脇に装甲は無い様にも見えるが 脇引の様な物が別に有ったかも知れぬが
05-13 14:34

https://t.co/Reu4YELk5f 清の綿襖甲も後部及び正面の隙間は無いと言う事なのかだが
05-13 14:38

https://t.co/vWefm9MgKb 脇の隙間は上部は脇引の様な物 下部は追加の草摺の様な物で埋まるのかだが 明の鎧にこうした物は有るのかどうかだが
05-13 14:47

https://t.co/WmOYSCCyUR https://t.co/nC3jmFSz8P この種の下に鉄札が有る佩楯も 全面には小札は無いが 足とのスペースが出来る所は綿のみとしているのかだが https://t.co/JF4Hw5o6WU 右の佩楯は鉄小札は分散して表面に置かれているのかだが 明にこうした物は有るのかだが
05-13 15:05

https://t.co/K8icUbqeMR 明の綿襖甲も左の様に内部に脇引が有るのかも知れぬが 果たしてどうなのかだが
05-13 15:14

https://t.co/eSwpzROPVI 腰前部に追加の草摺も有るが 隙間が完全に埋まる構造では無いのかだが 明の鎧の場合こうした物は装備されるのかだが
05-13 15:19

https://t.co/fahMeXr3cp 小札鎧の場合衝撃が吸収されて矢が止まる故に多用されていると言う事なのかだが 体と密着している場所では後退して衝撃は吸収出来ず貫通する可能性も有るのかだが 腹はスペースが有るなら貫通は困難だが シコロの上部や胸部等はどうなのかだが
05-13 15:26

https://t.co/SU6nhk7eFK この鎧の場合は正面の隙間は 塞がると言う事なのかだが
05-13 15:40

日本の場合は室町期に下馬戦闘が主体に成った以降は矢の防御は余り考慮せず 腰で重量を負担し小札も細かくして歩行し易くする事が優先されたのかだが 胴の重量は綿襖甲より重いだろうから 矢に対する防御力もそれなりに有ると言う事なのかだが
05-13 15:53

脇板や胸板・冠板・杏葉部分は対打物の防御力もそれなりに有るだろうし 筒籠手的な物も有るだろうが 大鎧の壺板も太刀や大太刀利用の際には対打物の防御力は有ると言う事なのかだが
05-13 15:57

下の胴丸の赤い斜線の有る部分は 板金が有る或いは鉄小札が固定的な部分だろうから 対打物の防御を考慮した部分なのかだが 兜の開いたシコロも上方からの首等の打撃を止め 矢の貫通も止まるのかだが https://t.co/hZiLKnMrhT
05-13 16:25

https://t.co/tL3WAURrmj 明の肩甲も中央の物は板金的だが 数は書かれていないが 清の鎧ではこうした物は見ないが
05-13 16:35

https://t.co/KDnxJdi2Vf 所謂護身鏡が胸部等に装備される例も 明の鎧でも有るだろうが 18世紀の絵だが脚部や肩に此れが有る例は何処迄有るのかだが
05-13 16:48

https://t.co/793SZYkth0 左の明騎兵の絵では 胸部に護身鏡を装備している様にも見える例が多いが 実際の装備率はどうなのかだが
05-13 16:53

https://t.co/Llrb9M4HkV こうした湾曲した盛上小札の 外側に湾曲している部分は衝撃を幾らかは吸収するのかだが 札のサイズが小さいから何処迄効果は有るのかだが
05-13 17:38

https://t.co/aKjSdMYapq 1.3mm鉄の湾曲した桶側胴が刀でこれだけ凹んでいるなら そうした効果も限定されると言う事だろうか
05-13 18:15

桶側胴・仏胴以外の伊予札や小札の鎧でも 西欧の海戦用甲冑の腹の出た外観を模倣したと言うのが 正しいのかどうかだが https://t.co/4kFnbsZDBQ
05-13 18:34

東国は西欧の影響は西国程無いから 古い形状の胴が割に使われたと言う事なのかどうかだが
05-13 18:49

攻城戦では下馬戦闘は確実にしていただろうが そう言う際は軽い鎧を装備していたのか 胴以外を軽く越中的な物にしていた可能性も有るだろうが 疲労したら後列と入れ替わる訓練をしていれば 多少鎧が重く共 ゼンパハの様な山岳地帯で無ければ何とか成る可能性は有るのかだが https://t.co/7AFhbIC0ka
05-13 19:04

https://t.co/f4vbutiZ3R アルベドでは鎧の重い(鎧下の鎖等を入れれば35kg程度か)ミラノ騎士が 軽装のスイス歩兵を下馬戦闘で撃破しているが 同様の事を雪下胴で果たして出来るのかどうかだが
05-13 19:13

重装甲をミラノ騎士が活かしたと言うより スイスのハルバードを下馬騎士がランスでアウトレンジして倒したと言う意見も有るが 果たしてどうなのかだが
05-13 19:15

https://t.co/7BwDDIWAXt トルコの鎧の場合 心臓部を保護する護身鏡の様な物では無く 腹を守る円盤が有るが 何か意図は有るのかだが
05-13 19:31

https://t.co/t3tCJDHb8R 平治物語絵巻等の騎馬武者が装備する半首が 騎射戦中に矢を滑らせる事は https://t.co/WYA6fEk1S9 左を見る限り角度的に可能かも知れぬが 面頬の鼻や顎でも滑る例は有るのかだが
05-13 20:00

桃形兜が恐らく西欧の兜から模倣された 1550年台の海戦用西欧鎧と言うのは https://t.co/2eVgpxUhw7 左の様な胴形状なのかだが この時点では家康のオランダの南蛮胴程 下部は楔形形状に成っていない訳だろうか
05-13 20:35

https://t.co/zcVzzevUC5 左の様な鷹の団の鎧の様な胴形状の物は 日本には入らなかった可能性も有るのかだが
05-13 20:38

https://t.co/2eVgpxUhw7 左の様な1550年台の西欧の海戦用胴が日本に輸入され 模倣されて仏胴と成り 此れの形状の影響で西国の小札鎧の腹も膨らんだと言う事なのかだが
05-13 20:50

https://t.co/KhLbLOSDlF 槍の突きも板金的鎧で無いと 可成りダメージを受けるのかだが 槍の打撃は3mの槍なら 更に有ると言う事だろうか
05-13 22:25

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10432-5b170c02