FC2ブログ

Category

2019.11

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

05/11のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/bnzTPGtIAA こうした空間を記録出来るカメラを利用して 視線も視線入力装置等で記録すれば リアルな視界を記録出来ると言う事なのかだが
05-11 09:00

大谷翔平はMLB最先端理論も体得!フライボール革命とカーブの復権。 https://t.co/saPFUASHSM 次はカーブの打ち方を考えられて 他の戦術が考案されると言う可能性も有るのかだが
05-11 09:22

新紀元社・中世ヨーロッパの武術に有る 1509ピエトロ・モンテのcollectaneaに有る モンテの推奨する鎧と言うのは下の様な物だが 全体として余り重くは無く 肩を割に軽くし前腕部と脇・足の正面の防御を重視すると言う様な物なのかだが https://t.co/PAhc90hp4E
05-11 11:12

日本の当世的具足で此れに近い物は有るのかだが 下の絵の様な形で筒籠手を装備し板金的な脇引も装備するが 満智羅の様な物で脇上部も埋める必要は有るのかだが 足の正面の装甲が厚い佩楯と言うのは https://t.co/WEbFCKCpaV 左の様な物なのかだが 鉄板札は無い可能性も有るのかだが https://t.co/bbvNhY9b6p
05-11 11:23

脛当は正面部分に割に厚い篠が入った物と言うのも何処かに有っただろうが https://t.co/416wtpdQ27 此れに左に有る様な板金的な立挙を装備すると言う方向も有るだろうが 筒脛当に比べ余り軽くは無いだろうか
05-11 11:32

此れでは越中具足と比べ機動性はどうなのかだろうし 越中具足に板金的な脇引だけ装備した方が 強いと言う可能性も有るだろうか
05-11 11:39

とは言え現実の戦闘では飛び道具の脅威が大きいし 日本の場合は雑兵物語に有る様に 白兵戦中にも近距離から矢や銃弾が飛んで来るだろうから 此れの防御も考慮する必要は有ると言う事なのかだが
05-11 13:47

主要部は飛び道具の防御を最大限考慮する必要は有るのかも知れぬが 胴は下馬戦闘を考慮すると13kg等には重く出来ないだろうが 兜は軽量でも廻り鉢にすれば耐弾性は増すのかだが シコロも頭部とのスペースの有る饅頭シコロ的な物なら 弓は可成り止まるのかだが
05-11 13:49

矢を止める為に皮の佩楯や脛当を装備すれば機動性はどうなのかだが 草摺の様に軽い革製の袖等は果たして有るのかだが
05-11 13:51

大谷 7試合ぶりの5号ソロ!打者スタメン出場3戦連続マルチ安打も達成  https://t.co/p7IvyqD4L3 大谷にフライボール対策でカーブを放っても 日本ではフライボール打ち等していないなら ヒットは打てる可能性も有るのかだが
05-11 14:02

https://t.co/PBsIdZHhfG 左の様な饅頭シコロで 下に更に伸びた物は戦国期に有るのかどうかだが
05-11 14:11

胴や頭部等の主要部だけ銃・弓の防御を重視し 白兵戦時に飛んで来る矢は味方の援護射撃での牽制で阻止するか 武器で叩き落とす或いは回避すると言う様な方向も有るのかだが
05-11 14:27

上杉景勝の具足の こういうカルタ金の入ると言う下シコロは 矢はギャンベゾンの様に阻止出来るのかだが https://t.co/bUup7t5w43
05-11 18:05

こう言う小札利用の下シコロは 1590年台以降の具足には無いと言う事なのかだが https://t.co/0ERpyOhfwG
05-11 18:08

https://t.co/kjSAXEzsF8 饅頭シコロならこう言う斬撃も止まるのかどうかだが 上の景勝のシコロでは開きが不足しているのかだが
05-11 18:27

通常のシコロで刀の斬撃をまともに受ければ こう言う事に成り得ると言う事だろうか https://t.co/v3laMggq6E
05-11 18:52

https://t.co/axaJdRFbRR https://t.co/lNCXE5MHaw 左の南北朝期のシコロなら そうした斬撃も少なく共吹返の上からなら耐えられると言う事なのかだが 弓も割に止まると言う事だろうか
05-11 18:56

https://t.co/Adt3j6cHMQ 左の上杉家坂田采女義満の具足には 初期の仏胴が有ると言うが 此れは鋲が有り何か南蛮的であるから 同時期に西欧の海戦用甲冑を改造した南蛮胴が有る可能性も有るのかだが 上杉家にこうした物が有るなら 西国では龍造寺隆信の桶側胴の様な物が多用されていたのかだが
05-11 19:34

伊予佩楯の家地がタオルの様な役目を果たせる可能性は有るのかだが 皮の裏地や皮包胴もどうなのかだが https://t.co/pyh7l4f4Xk
05-11 22:17

草摺の後部にも佩楯の家地は有るが 穴も割に有るだろうか
05-11 22:20

こう言う耳の下が防護される面頬と曲輪の有る垂を組み合わせれば それなりに防御力は高まるのかだが 果たして何処迄使われたのかだが 戦国期の物では井伊直孝の面頬に曲輪が装備されていたかも知れぬが 果たしてどうだっただろうか https://t.co/EpJfJYbr9z
05-11 22:30

上の面頬の上顎が妙に前に出ているのは 横方向から見て口の開口部を小さくする工夫なのかだが こうしたタイプの面頬は多いのかどうかだが 上顎部分の防御力も顔とのスペースが出来て 増していると言う事なのかだが
05-11 22:41

https://t.co/mSdEHucdhZ とは言えこうした面も刀をまともに受ければ 顔が斬られるのは兎も角 骨折は免れ無いと言う事だろうが 鳶面頬の鼻等は割に耐えるのかだが
05-11 22:48

面頬の縅糸が切れているが https://t.co/r4Csmm4wj8 縅糸も袖やシコロを刀で打撃した際は刃が触れた場所以外は切れていないし 兜の縅糸は最初から切れていたから 接続に何か問題が有る可能性は有るのかだが 鼻も固定式の物なら衝撃で外れはしないだろうか
05-11 22:59

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10430-fd2da779