FC2ブログ

Category

2019.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

05/10のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/hUY4H73QNd こう言う巨大な草摺の付いた南北朝期の胴丸なら 草摺の隙間は低く構えても生じるのかだが 後に機動性が重視されて隙間が生じたと言う事なのかだが
05-10 10:39

https://t.co/DFYmdC9rK1 こうした短剣居合的な技は 何処迄使われたのかだが
05-10 11:36

https://t.co/ier5iXNvvU ハルバードを持つランツクネヒトが短剣を装備している絵は今の所見ないし 相手の剣を抑えつつ片手で抜刀するのは カッツバルゲルでは困難なのかだが
05-10 12:24

江戸中期の大阪夏の陣図に 虎皮の有る様な兜が有るが 烏帽子形兜に虎皮が有る様な物なのかだが こうした蛭巻の有る薙刀は 戦国期には無いと言う事なのかだが https://t.co/pOUjPkC2Q0
05-10 13:45

この小鰭は https://t.co/C56uYI2btl 左の上杉謙信の具足の物だが 天正期に追加された物と有るから 雪下胴の小鰭を参考に装備された可能性は有るのかだが https://t.co/zURP1MlNGG
05-10 14:31

この青海波的な刷毛目塗の有る籠手も上の謙信の具足の物だが こうした物が全面に施された具足は戦国期に有るのかどうかだが https://t.co/mZnuuDFeIg
05-10 14:34

https://t.co/2p9oaPdLEt こう言う毛の有る扇の様な脇立が有るなら 毛の有る扇の指物等も有るのかどうかだが
05-10 16:05

https://t.co/U3FS7SF4cp >決闘中に敵の木刀で刀を折られた又右衛門に対して「折れやすい新刀で仇討ちに及んだため、実戦の最中に刀を折られたのだ」とこれを叱責。  とは言え数時間切り結んだと言う渡辺数馬の刀は果たして折れたのかだが 一般的騎馬武者用程度の耐久性は有ったのかだが
05-10 16:48

https://t.co/mA7USAyBi9 >又右衛門が着用していた鎖帷子  戦国期にも似た様な物は 有ったのかどうかだが
05-10 16:51

https://t.co/aNg68vj3XF 折れなかった近藤勇の虎徹は新刀だろうが 源清麿の物だと言う意見も有るが 兄の山浦真雄の刀と似て此れは耐久性が高いのかだが
05-10 17:05

https://t.co/3XXR0s3SDj >一流のメジャーリーガーは、とにかくよく練習する。現役時代のA・ロッドはキャンプ地球場の開門前の午前7時からノックを受け、付き合ったコーチが体調不良でダウンしたというエピソードもあるほど。  MLBの高い内野守備力は 練習の結果も有るのかどうかだが
05-10 17:35

とは言え練習に割ける時間は無限には無いだろうし 勝負上重要な物に振り向ける時間を多くする必要は有るのかだが
05-10 17:37

野球に取り内野守備力は打撃より重要だろうから 長時間時間を割くのは戦略ミスでは無いと言う事なのかだが
05-10 18:02

新紀元社・中世ヨーロッパの武術の モンテのアドバイスに有る 肩甲がドイツ式で軽く 全体も軽い鎧と言うのはどう言う物なのかだが https://t.co/FwL7egTZPP 左の様な物なのかだが 脇の保護も重視しろと言うから https://t.co/hyAO4AhiMO 脇に円盤が有る左のタイプの方が良いのかだが
05-10 18:48

https://t.co/Jus3bK7ARl このマクシミリアン鎧は 首の下部には隙間が有るのかだが 此れが小さいタイプも有るのかだが
05-10 18:54

https://t.co/VsOLRI6hQB こうした溝の入るゴシック鎧も 部分的にしか溝の入らないパーツは 軽量化は無いと言う事なのかだが 腕の装甲は溝が多いが 鉄板は薄く成っているのかどうかだが
05-10 19:00

https://t.co/SUWPW311hQ マクシミリアン鎧も腰側面の隙間は割に有るし 剣でも半身で戦うなら この部分を突かれてやられる例も多いのかだが 同時期以降のマクシミリアン鎧以外の鎧も 同様の隙間は有るだろうか
05-10 19:25

https://t.co/9xkyTUzDKi ゴシック鎧にも同様の隙間が有る例が多いが 乗馬時には鞍で可成り塞がる例も有るだろうが 基本的に下馬戦闘を考慮した鎧である訳だろうか
05-10 19:34

https://t.co/GxaZeXk8O7 こうした16世紀の歩行戦用の草摺を装備すると 足の速度はやや鈍るのかだが ゴシック鎧ではこうした物は無い訳だろうが トーナメント専用の装備なのかだが 15世紀中期の草摺はこの長さの物も多いだろうか
05-10 20:32

https://t.co/077U7A8pjv ドイツ的な軽い肩当と イタリア的な大型の肩当ての動作性の差異は 左を見ても良く分からないだろうか
05-10 20:40

https://t.co/PcvlGqWhs2 カメラが目の動きとは連動していないので 実際の視界とは異なるだろうが 何れ人間の目に合わせた撮影が可能な物も出来るのかだが
05-10 21:02

https://t.co/60prhvPSv1 こう言う速度で来るランスをイスラム兵や騎馬武者が両手持ち槍で上手く弾いて 馬等を突くと言うのは何処迄出来るのかだが 薙刀や大太刀でのランス切断も馬を狙われれば何処迄出来るのかだが
05-10 21:23

https://t.co/hTbSXeOGKk 左の上の図の様な形で速度の優位を活かし逃げながら 大太刀で無ければ馬の頭部を突くと言うのが正解なのかだが 馬の頭部の装甲も16世紀初期迄は余り無いだろうか
05-10 21:29

https://t.co/jyJFODOrVC 方天戟の様な槍も有るが こうした物は戦国期には無いと言う事なのかだが
05-10 22:23

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10429-00a71ea9