FC2ブログ

Category

2019.11

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

04/08のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/BSoRmbiM6J 猫と鳥の図柄と言うのは 後世の目貫にも有るが 実戦使用はされたのかだが https://t.co/4NU9wtLHKd
04-08 10:44

https://t.co/Y1GEO1NMqW 猫と鯛の目貫や https://t.co/TX1Z5t5zIn 猫単体が入る鍔等も有る訳だろうか
04-08 10:52

戦国期に東国の兜が西国に移入されて西国風に改造されている例が確か有るし 逆に西国の兜が東国に移入された例も有ると言う事なのかだが
04-08 11:35

https://t.co/r9Ls7nESEF 御高祖頭巾や宗十郎頭巾が出る前は 左の様な頭巾を忍者が装備していた可能性は有るのかだが 此れは16世紀には有るのかだが
04-08 11:37

こうした頭巾の上に https://t.co/2ttCoHs44b 左の様に面頬が装備された例は現実に有るのかだが
04-08 11:52

初期の火縄銃は高価であるから騎馬武者用の武器だったと有るが 足軽に銃が回った後も初期に銃を使用していた騎馬武者は 銃を使い続けたと言う事なのかだが
04-08 11:59

こうした長い首も塞ぐ帽子兜のシコロは  https://t.co/5EOybpov4T 左の蒙古襲来絵詞に有るモンゴル兵等の頭巾的なシコロの影響で 出たと言う事なのかだが
04-08 12:39

https://t.co/NVFHgaTOS0 https://t.co/tNQdT71BOp 鼻紙袋の有る鎖具足や畳具足も有るが 忍者用の物にもこうした袋が装備された例も有るのかだが
04-08 13:14

https://t.co/0hLvjJ1PDA 指物を装備する金具の付いた 畳具足が有るが 戦場で高位の者がこうした物を装備したのかどうかだが
04-08 13:15

https://t.co/lPnqI3aRC4 忍者が亀甲金装備の帷子を装備した例は戦国期に有るのかだが https://t.co/CANtgfrkzj 左の様な膨らんだカルタ金は防御力は有るのかも知れぬが 忍者用では使われたのかだが
04-08 13:20

https://t.co/LXfEPRcKRt 左の様な防弾装甲は 忍者の夜間の攻撃では敵も同士討ちを恐れて銃や弓の使用は余り無いなら そうした襲撃では使用されなかった可能性も有るのかだが
04-08 13:30

https://t.co/8QQhV769QO 吹き矢も弾数が持てるなら 手裏剣術が使えない様な忍者が此れの代用に携行した可能性は有るのかだが
04-08 13:47

夜間忍者の襲撃と見せない為には 弓箭や銃或いは銃の音を発する小爆弾が使われる例が有るのかだが 手裏剣や吹き矢は離脱時にのみ使用と言う事なのかだが
04-08 13:53

https://t.co/iajY6XFiNh 笛の穴を内側から塞いで忍者用吹き矢としている例が有ると有るが  https://t.co/jhZVICf0N4 武器の鉄笛を吹き矢兼打撃武器として利用した例は有るのかだが
04-08 14:08

https://t.co/XowjbnniVN 撒菱を竹筒に入れて投げる例も有るが 余り殺傷力は無いと言う事だろうか
04-08 14:28

https://t.co/iLHn70V8IT 左の鉄鞠の小型の物をを竹筒に入れて携行し 竹筒を振って投げると言う様な例は有るのかだが 撒菱の代用には巨大な物は成らぬという事なのかだが
04-08 14:36

撒菱はブーツ相手では役に立たないと言う意見も有るだろうが 鉄製で尖った物は靴に刺さって 移動速度を低下させる程度の事は出来るのかだが
04-08 15:24

https://t.co/jZjVmxOsx5 左の騎士の靴では尖った鉄製撒菱は貫通するかも知れぬし 厚い底のブーツは16世紀には有るのかだが
04-08 15:35

https://t.co/FG3kK2aEVy マウリッツが履いている靴の底は割に有るだろうし https://t.co/BUqM4WKIVS 1630年台にはこうした底が厚く踵の有るブーツが使われているだろうか
04-08 15:47

https://t.co/5M0diAfoFc 左の16世紀のブーツの底はどうなのかだが https://t.co/h9MBlHN0oJ 左のモンゴルのブーツの底は厚いから 鉄製の尖った撒菱でも貫通しない可能性も有るのかだが
04-08 15:52

https://t.co/oSo7BRKWHF 左の16世紀初期の絵でも 厚底のブーツらしき物は無いだろうか
04-08 16:08

https://t.co/KqBj0tmh4h 左の面頬を装備する佐分利流槍術の演武では 首の動作はそう阻害されていない様にも見えるが 半身で左側を向き続ける分には 果たしてどうなのかだが https://t.co/vHCvamaDGF
04-08 16:47

https://t.co/aI9neNx9XL 西欧兜の場合呼吸穴が有る物は下方視界も割に有るが  https://t.co/T8JxsyC4Cq 呼吸穴が無いタイプも有るから 此れはどうなのかだが
04-08 17:02

https://t.co/HMtSdzr1qQ https://t.co/F2Q0G06j9r こう言う短い垂と喉輪が併用されていると言う例も多い可能性も有るだろうが 動作性は果たしてどうなのかだが 喉輪が無く満智羅で代用される例も有るのかだが
04-08 17:14

https://t.co/RNZaOw1kJa 古い例だと大阪夏の陣図に 目の下頬を装備している例が有るが 非常に少ない訳だろうか 垂の構造等はこの絵では不明な訳だろうか
04-08 17:29

https://t.co/6sx1J7hiFM 左だと胴の下に面頬の垂が入る様に着ているが 重い胴では肩を浮かせるのは困難な可能性も有るのかだが
04-08 17:36

https://t.co/qKYdfMFS7t 黒田二十四騎図では一様に垂は胴の外に有るから 果たして上の様な形式での着用は有るのかだが 喉輪なら胴の下に入れている肖像画は有る訳だろうか
04-08 17:41

https://t.co/cHxf0rJA3d 左の組討でも垂に特に問題は生じていないのかだが 大袖の向きは前後間違えていると言う事なのかだが
04-08 18:02

https://t.co/z0LHrgebeW 秋夜長物語絵巻では面頬の装備率は割に多いが 多数派では無いと言う事だろうか
04-08 18:15

https://t.co/pUffHIWn3r 装甲が生かせるのは精々1対2迄と言う事かも知れぬし 相手が3人なら機動力を利用して包囲されぬ様に動かなければ 背後を突かれ勝ち目は無いと言う事なのかだが ワトリング街道の様に狭い場所を利用して 1対1或いは2程度の状況を作れば その限りでは無いのかだが
04-08 18:35

そうした狭い地形を利用して1対2或いは1対1と成る状況を作っても 敵が大兵力の場合 交代出来る兵の数が無ければ 何れ疲労が溜まりやられると言う事だろうか
04-08 18:43

一々模様を描くのも面倒だから 平紐ならアイロンプリントで模様を付ける方向も有るのかだが https://t.co/SBzY8Vxxv5
04-08 19:30

https://t.co/t6S5LJeFXr  https://t.co/W67fmxG7CS 左は一部のアクリルには使用不能と有るが アクリルの縅糸には使用出来るのかだが https://t.co/3fE1sIamQc 絹もアイロン温度はアクリルと同等だが 果たして此れでプリント出来るのかだが
04-08 20:01

https://t.co/2MOmaOVhof 妙に種類の有る耳糸を購入しているが 何処に有るのかだが
04-08 20:30

https://t.co/Z5f1wTTHlW こうした安い物でも 平紐は組めるのかどうかだが
04-08 21:32

同種の組紐作成器で https://t.co/L5c0vhRx5L こうした平紐が作れるが 糸を細くすれば甲冑の耳糸も出来るのかだが
04-08 21:41

高台と唐組台の組紐 小嶋博子・岡本睦子 https://t.co/tCRqYQyDZS この種の文献に 亀甲打の組み方は書かれているのかだが
04-08 21:59

https://t.co/bSMp7ZZryW 手動の平組紐製造機等も過去には有るが 現在はどうなのかだが
04-08 22:36

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10397-f6233dc3