FC2ブログ

Category

2019.11

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

04/07のツイートまとめ 

boukenkyuu

雄星、さらなる進化へ頭脳も強化 トラックマン研究で投球データ分析 https://t.co/P8YM6G7PWE >「僕の投げ方だとツーシームが変化しやすい数値だった」。  投げたい球種に合わせてフォームの方を変化させる例も有ると言う事なのかだが 米のPはこのデーターを何処迄参考としているのかだが
04-07 09:36

改造されていない者は 人口管理及び 選ばれた者等も含め種の滅亡を回避する為の 遺伝子・ミームの多様性を保つ為に 不老技術の利用は 銃夢のクズ鉄町等の様に禁止されると言う可能性も有るのかだが
04-07 10:54

https://t.co/Bz223SWMuR 左の様な鋸刃付きの海部刀を忍者が携行して 破壊工作に利用と言うのは果たして有り得たのかだが https://t.co/RBPZgGvMdJ https://t.co/TjdVehFJZo 左の様な錣の利用が多いのかだが
04-07 11:47

https://t.co/fvp8xMdQrT 享保年間成立かも知れぬ忍秘伝にシコロの絵は有る様だが 古い現物等は有るのかだが
04-07 11:50

「柔よく剛を制す」と「剛よく柔を断つ」、どちらが正しいと思いますか?https://t.co/KlTiYeevlS 後者はパワーの有る柔の者は制せないと言う事は無いのかだが 技術だけでは無くスピードが無いと 多少技術が劣っていてもパワーの有る者に勝つのは困難と言う事は無いのかだが
04-07 13:31

https://t.co/SVypJflzJA この種の帽子兜的な鎖シコロは 鋲止めでは無く 糸で兜鉢に止められていると言う事なのかだが
04-07 14:26

https://t.co/9nrKmpBaW4 左の模型の突撃する騎馬武者も 1備単位よりは多いのかだが 800ー1500名の備の場合騎馬武者は80-150名居る可能性も有るのかだが 長尾懸かりでは騎馬武者は複数の備の物が 同時に乗馬突撃した可能性も有るのかだが
04-07 16:14

大阪陣で逃げる家康を追撃する真田幸村周囲の兵も 本陣備の150名の騎馬武者のみでほぼ行っていた可能性も有るのかだが
04-07 16:16

そうした騎馬武者での追撃も 敵の後方に待機していた部隊の替馬等に乗り換えられれば 追撃は困難と成るのかだが
04-07 16:19

https://t.co/MhdaIqJ958 >多々良浜の戦いに自分で馬を乗出し敵の中へ縦横に突て廻りける、  道雪自身も乗馬突撃していたなら 最低でも本陣備の騎馬武者の150名の突撃は有ったと言う事なのかだが 本陣が動けば基本的に他の備の騎馬武者も連動して 乗馬突撃はした可能性も有るのかだが
04-07 16:41

https://t.co/8n7VEeGXdu >戸次丹後守鑑連は逞兵(ちょうへい・たくましい)五千余人を引率し、案内者を先立て隆景の左備え長尾と云所の陣に押懸り鉄砲八百挺一度に放ちかけたり。  この後5000の立花道雪の兵の最大500の騎馬武者が 同時乗馬突撃した可能性は有るのかだが
04-07 16:46

https://t.co/OQNSVcuDXg 左の様な馬防柵もフス派の利用した様な戦車が砲撃でやられたと言うから 砲で部分的にも破壊される危険は有るのかだが 穴の空いた場所は下馬した騎馬武者等で埋められる程度の物に成る可能性も有るのかだが 英やトルコが利用した杭は砲撃では排除出来るのかだが
04-07 17:15

関東なら本陣備の150名の騎馬武者と 本陣を護衛する周囲の備の騎馬武者の 同時突撃は割に有り得たのかどうかだが
04-07 17:31

https://t.co/rXvFBDbdJB 左の家康の軍の恐らく本陣備の護衛の為に配置される 前・左右・後の備は 他の軍にも有るかも知れぬし 関東では本陣備の騎馬武者の突撃と連動して この部分の備の騎馬武者も同時に突撃した可能性も有るのかだが
04-07 18:05

此れを合わせた総兵力は3000以上は有るかも知れぬし 騎馬武者300以上が同時に突撃していた可能性も有るのかだが 北条軍等では護衛の備も多いなら 更に多数の騎馬武者が 同時に乗馬突撃した例も有るのかだが
04-07 18:07

雑兵物語の記述を見る限り 関東でも騎馬武者単独の突撃は敵が崩れた際のみかも知れぬし 敵が崩れた所に本陣備が勢いでの勝利を狙い 周囲の護衛の備の物を合わせて 500等の騎馬武者で同時乗馬突撃した例も有ると言う事なのかだが
04-07 18:11

長尾懸かりも800の銃撃で敵が崩れた所に 本陣を先頭に全騎馬武者が 乗馬突撃を掛けると言う様な物だったのかだが
04-07 18:14

大珍品 滋賀県 旧家初だし 忍者足袋 忍び装具 厚底 刺し子 藍色 木綿布 古布 地下足袋 伊賀流 近江の国 甲賀流 武具 装備 室町 桃山 江戸 https://t.co/9L5NIOb3ZT 忍者用の足袋の場合 底には消音の為に綿が詰めて有ると言うが 此れの場合は音は何処迄止まるのかだが
04-07 19:04

https://t.co/7La9JE95Oj カール12世の騎兵は突撃速度を重視して この時点で装甲は無くなっているが 馬が小さい故も有ったのかだが
04-07 19:31

>カール12世は竜騎兵と軽騎兵を除き、騎哨任務以外で騎兵が火器を使用することを禁じ、騎兵銃や短銃を撃つ暇を彼らに与えなかった。
04-07 19:35

>このことは、1710年のステンボックによる戦闘教範にも高らかに謳われており、騎兵は「剣を手に」突撃し、「カラコール機動を行うことや騎兵銃や短銃を用いることを」禁ずると記載されていた。  敵騎兵のピストルや銃の反撃では 最前列等が盾に成り 余り打撃を受けなかったのかどうかだが
04-07 19:37

とは言え敵の装甲の無い軽騎兵がピストルで一撃離脱したら 装甲が無く共追撃出来るのかだが そうした敵は銃を持つ軽騎兵が対処したのかだが
04-07 19:39

>マールバラのイギリス騎兵との違いはこの速度にあった。同じく突撃する騎兵に短銃の使用を禁じて剣での白兵攻撃を行っうよう指導していたマールバラであったが、彼は大抵の場合、騎兵の隊列の間に銃兵隊を混合し、速度を犠牲にして火力を増強して攻撃を行ったため、その前進速度は速歩が限界であった
04-07 19:41

マールバラの場合は可成り日本的な歩兵の援護を重視する編成だが スウェーデンの軍に果たして勝てたのかだが
04-07 19:43

https://t.co/YoHZoX6NZe >カール12世の遺体の写真がウィキペディア先生に載っているのですけども、まあものの見事に右耳の斜め上あたりにぽっかり穴が空いています。  この場所では甲冑を装備していたらやられなかった可能性は有るのかだが
04-07 20:01

ポルタヴァの直前には足を狙撃されているから 甲冑が有っても指揮は不能だったと言う事なのかだが
04-07 20:02

https://t.co/Bg84kB7lxO 1710年には胸甲は兎も角 兜は無くなっていると言う事なら 頭部を狙撃されたら助からなかったと言う事だろうか
04-07 20:13

所詮何を言おうと其処には 真実も内容等も何も無いのに 偉そうな事を言っている者が気に食わぬと言う向きも 深層では多いのかだが
04-07 21:28

そう言う価値観なら 何を主張しようと一番偉そうな事を言っている者が一番悪い者であり 何も偉そうな事を言わずに只大量殺戮を楽しんでいる様な者は 別段悪では無いと言う事に成るのかだが
04-07 21:46

戦国期の関東の騎馬武者の乗馬突撃はどう言う単位で行われたか #mixi_diary https://t.co/Tzs8tCEPeN
04-07 21:58

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10396-f3de6633