FC2ブログ

Category

2019.11

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

04/05のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/yuxGdociwO この生地の方が更に平坦かも知れぬが 白色の色味も含め 写真では不明な点も多いだろうか
04-05 10:12

ポリエステル生地であるなら アイロンは中温・160度迄耐えられるのかだが アイロンプリントは表面が毛羽立っているから 果たして可能なのかだが
04-05 10:18

https://t.co/0LFaYEQIay ポリエステルスウェードへのプリントサービス等も有るが 表面の状態はどうなのかだが
04-05 10:26

https://t.co/IpCVpTEFGN 左の様なスウェード調生地に アイロンプリントしている例も有るが 通常のアイロンプリントで出来るのかだが
04-05 10:31

https://t.co/gu5RjJiPyF 左も表面が荒い革にアイロンプリントしている例も有るなら スウェード調生地にも出来るのかだが
04-05 11:06

袖がらみの先2点  *兜鎧甲冑武士戦陣弓刀鞍鐙鍔目貫縁頭大名侍 https://t.co/JsizFo2aSA 小さい方が通常の袖絡の先端部 大型の方は此れに付ける追加の鍵の様な物なのかだが
04-05 11:29

https://t.co/kOWBDnhaHz スウェードより荒いかも知れぬ 革の裏面にアイロンプリントをしている例も有るし ほぼ問題無くプリント出来ているだろうから 絵革の模様も何とか成るかも知れぬが
04-05 12:10

バイオロイド的な体に改造した宇宙人等が 多種の生物が得ている食感を得る為に 多種の生物の口や此れに付随する脳等を取り付け そうした生物が食している物や 地球人等の人間等を食うと言う物も有ったかも知れぬが
04-05 12:32

銃夢に出て来る金星人は生体改造をして口を大型化し 通常人の子供等を好物として食らっているが 多種の生物の口や此れに付随する脳を融合迄はしていないが 何れそうした者が出て来る可能性も有るのかだが
04-05 12:33

そうした宇宙人が地球の生物の口及び此れに付随する脳や 自ら作成した新生物等の口を新たに融合して行くと言う可能性も有るのかだが 生物では無くナノマシン製等の口でしか得られない様な食感等も有るのかどうかだが
04-05 12:49

https://t.co/u2e8Pposku 左の人形用絵革では金型を利用して鹿革に染料を付けているが 甲冑も同様の技法なのかだが
04-05 13:24

https://t.co/mamJq9Osvd >現代の主流となっているタンニンなめしやクロムなめしは、明治時代になって伝えられ、現在にいたる。  古い絵革はタンニンなめしでは無く 菜種油が利用された物なのかだが 現代の人形の絵革はタンニンなめしがされた物なのかだが
04-05 13:47

誰が何を言おうと其処に真実等は無いが 他者の考えた事或いは 自分が考えた事でも同じ事ばかり言っている奴は大概は詰まらない奴だが 面白いのは命や存在を掛けてそう言う事を言い続けている奴位かと見る向きも 深層では多いのかだが
04-05 14:14

https://t.co/g9bu5I2TzJ 姫散水と言うのが絵革の古いなめし方に似た物なのかだが 表面は毛羽立ちスエード的だが 燻なめしは茶色く成るなら 絵革の物とは違うが 革包胴の革は此れなのかだが
04-05 14:21

https://t.co/YPpHVybljY >他の革にはない天然の白さと強さが特徴で、古来、武具や馬具等に使われてきました。  白い絵革も基本的にこの製法の革と見て良いのかだが 牛革が基本なのかだが
04-05 14:29

https://t.co/INvgeErAAB 左の姫路白なめしの革も 表面はスエード的である訳だろうか
04-05 14:52

https://t.co/IhDoVgalxf 古い補修されていない様な絵革では 毛羽立ちは可成り有ると言う事なのかだが 毛羽立ちが余り無いのは近代のタンニンなめし等の革を使用している可能性も有るのかだが
04-05 15:02

https://t.co/lTkjJ08B9j 新品の革は可成り白いだろうが 絵革の物は左の物と違いシボ加工は無いと言う事だろうか
04-05 15:06

https://t.co/fCNaS2LcyD 革が白く成るのはヘラを利用しているからなのかだが 踏むとシボが出来るなら シボが無い革では踏まずにヘラを利用しているのみと言う事なのかだが
04-05 15:36

https://t.co/7nWpEB9qzt 燻革もこう言うスエード的な表面である訳だろうか
04-05 16:24

とは言え生命や存在を軽視している者が そうした物を掛けたとしても詰まらぬ事と成ると言う意見も有るが そうでは無い例外も有ると言う事なのかだが
04-05 16:31

各勢力に裏で表の世界に登録されていない万単位以上の人間を 闘士や食料等として大量に消費する事を認める代わりに 表の世界迄巻き込む大戦争を止めさせている事実上の世界の支配者等と言うのも漫画等で居たかも知れぬが 悪魔崇拝者はそうした彼等でさえ危険視する存在と言う例も有るだろうか
04-05 17:20

そうした裏での人間の消費を止めれさせれば反乱が起きて 大戦争を止める指導者が居なく成り犠牲は桁違いに増え そうした混乱に乗じて悪魔崇拝者が力を持てば 犠牲は更に増え此れが減る可能性も無くなると言う例も有るのかだが 虚無主義者が力を持ち世界が滅亡する危険も有ると言う事なのかだが
04-05 17:23

此れは17世紀後半の絵図だが この位置に丸い真田丸の遺構は果たして有るのかどうかだが https://t.co/1hSBdwqwaT
04-05 17:59

鉄小札も1-1.5mm或いは 1.5mm説も有るが 実際に計測された物は有るのかだが
04-05 19:27

柿渋染・藍染共に布を強化する効果・防水・防虫効果が有る様だが そうした効果はどちらが上なのかだが
04-05 20:07

抗菌効果も何れも有るが まむし避けの効果は柿渋染には有るのかどうかだが
04-05 20:09

https://t.co/Wnc3sjyttM 左の龍造寺隆信の具足は 錆地らしいが 1584年迄にそうした物が果たして有るのかどうかだが
04-05 21:21

https://t.co/5sMWvJFxPN >こん花色は、やや淡い紺色と考えて良いと思われます。  https://t.co/3pQ8vbbxv6 これは左の花色程度の 濃さの可能性は有るのかだが
04-05 22:19

https://t.co/oJqklOrTRd 此処迄巨大な獅噛前立は 戦国期には無いと言う事なのかだが
04-05 22:36

https://t.co/iRvp19USlK 左の有馬頼永の具足の獅噛が 現存する物の中では一番巨大なのかだが
04-05 22:41

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10394-a992faf3