FC2ブログ

Category

2020.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

03/30のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/M8vaeYpS7p 左の様な前半部分しか無いカルタ帷子で https://t.co/xPIYOOnKb6 左の様に草摺が無く 更に布で包まれた物が 忍者用に利用される例も有るのかだが
03-30 10:27

https://t.co/ypuONqaw2L >島原の乱に出陣した熊本藩主細川忠利(ただとし)の正月24日付(寛永15)書状に「一たゝみ具足、又くさりかたびらは数可有之候」とあり、  畳具足も島原の乱時点では有る様だが 16世紀には有るのかだが
03-30 11:06

https://t.co/lUZu7ucRxY 左の高師直或いは足利尊氏像の佩楯は カルタ金的であるし 南北朝期にはカルタ金使用の帷子等が有った可能性も有るのかだが https://t.co/vUO6vZtxVR 古い頭形兜もカルタ金のシコロが有る例も有るし 16世紀中期にカルタ金使用の帷子は有ったと言う可能性も有るのかだが
03-30 11:14

https://t.co/lkiWjVuVIC https://t.co/pEI4lZfa5e カルタ金も衝撃は余り止まらないだろうが 板金部分への矢の攻撃は割に阻止出来ると言う事なのかだが
03-30 11:42

金小札の製法と言うのが良く分からないが 漆の上に金箔を貼っているのかだが SCA鎧で其処迄の物は補修も面倒なので無いと言う事なのかだが https://t.co/SeAQ7y8ECk 左の最上銅は金箔押と言うから 漆の上に金箔が有る訳だろうか
03-30 14:03

https://t.co/NVVUKMgcH1 一番上の小札利用の物も 金箔押である訳だろうか
03-30 14:06

https://t.co/RmDKCG7OdB 純金箔も109ミリ角の物が10枚で 4000円程度だが 此れで具足のほぼ全体を覆えば30万等のオーダーメイド板金鎧には及ばぬ迄も それなりの価格はする訳だろうか
03-30 14:18

https://t.co/45GLlSugC1 純金箔も109ミリ角の物が10枚で 4000円程度だが 此れで具足のほぼ全体を覆えば30万等のオーダーメイド板金鎧には及ばぬ迄も それなりの価格はする訳だろうか
03-30 14:18

https://t.co/g5ex2zsQCq 金が95%の金箔だと 同サイズで2700円程度と急に値段が下がるが https://t.co/d17loEMmFf 混ぜものが多い金箔を買うより左の15cm角が100枚1400円等と言う 真鍮主体のフェイクゴールド箔を使用した方が SCA用では補修を考えると良いのかだが
03-30 14:33

https://t.co/xsyNknaGGg 左の様に両足を抱えて相手を倒す技(古流柔術の膝折か)は https://t.co/Ro1l3pLYBY 西欧のレスリングにも有る様だが カウンターも有るが使用頻度はどうなのかだが
03-30 15:58

https://t.co/boHiFMECk0 長刀利用時に突然居合で短刀を抜くと言うのも 伝書には有るのかどうかだが
03-30 16:09

https://t.co/VPiTtmIUAM こうした肘打ちも板金鎧相手ではどうなのかだが 肘に板金が有り 首が固定されないイタリア式兜に対してやれば かなり衝撃を受ける危険も有るのかだが
03-30 16:15

https://t.co/vROmywrAgZ こうした事をやられた側は 手を離せば何とか成る可能性も有るだろうが その後の勝率はどうなのかだが
03-30 16:22

https://t.co/fVpgkPF2xf これは刀と地面との間に敵の腕を挟んでいるのかだが 完全に脱出不能な様に抑え込む事は果たして出来るのかだが
03-30 16:30

苦無の装備位置と言うのは 現存する忍装束にポケット的な部分が無いとすると 帯の可能性も有るのかだが 脇差が無い場合はこの位置や 短刀の馬手差の様な位置にも差された可能性も有るのかだが
03-30 16:44

https://t.co/ZOmMyV2ebo こうした姿勢に成ると 手を即座に離すのは意外と困難なのかだが 刀の先端部を敵の刀の根本付近で抑えられれば 両手対片手でも押し返し難いのかだが
03-30 16:57

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10388-404740f9