FC2ブログ

Category

2020.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

03/28のツイートまとめ 

boukenkyuu

板佩楯も平板であるから脚部とのスペースが出来る場所も有るだろうし 矢が貫通しても深手は負い難い故なのかだが 槍を逸らす効果は有るのかだが https://t.co/mtit0sVFy0
03-28 12:12

https://t.co/ouOUPExiT3 二人武者絵の歩兵の佩楯は横幅が有るが 十二類合戦絵巻に有る物は幅の無い物が多い様にも見えるが https://t.co/MD8BHt4Bl3
03-28 12:14

秋夜長絵巻や十二類合戦絵巻では 恐らく騎馬武者が宝幢佩楯を装備して下馬戦闘している場面も有るが 疲労したら外していたのかだが https://t.co/XyZxL3Zx4v
03-28 12:22

https://t.co/qFWfjl3QVA 大立挙の形状も左の結城合戦絵巻の物の様に複雑な物や https://t.co/uKupc0N11I https://t.co/oybRc6AZJF 細川澄元・武田信玄の物の様に中央が尖る様に見える例も有るが 現実にこうした物は有るのかだが https://t.co/P5xT2UsoSL
03-28 12:32

https://t.co/eDS4poG7dE 左の金の鎧の佩楯は 板佩楯では無く伊予佩楯なのかだが これでもそれなりに脚部とのスペースは生じている訳だろうか
03-28 12:51

https://t.co/xIGgVS4rio 左に一部板佩楯が出ている様にも見えるが 動作性はどうなのかだが
03-28 13:02

https://t.co/rxgX4f5Y8b 左に甲冑組討の肘打ちらしき技も有るが 板金鎧のスパイクの有る肘打ち攻撃には対処出来るのかだが
03-28 13:09

茶色い籠手や脛当が書かれるが 此れは錆地や茶漆塗では無く 金白檀塗の表現なのかどうかだが https://t.co/ABUp9sHf3P
03-28 13:38

https://t.co/EzAc4rGYWP 左は室町前ー中期の格子鎖の有る篭手と言うが 格子鎖しか無い様な物を忍者的な兵が装備した可能性は有るのかだが この時点では格子鎖の佩楯等は有るのかだが
03-28 14:06

https://t.co/d7pTdJYKQ3 産篭手も平治物語絵巻から有るが 内部は通常の板金が入る篭手と同様なのかだが 上腕部に板金が無い篭手も有るが 上腕部も布内部に板金が仕込まれている可能性も有るのかだが
03-28 14:19

https://t.co/EzAc4rGYWP 或いは左の様な篭手同様に 上腕部には鎖しか無い可能性も有るのかだが
03-28 14:26

https://t.co/z0E58tNfGI https://t.co/ZoYgDnUOdK スポーツ鎖鎌(ソフト鎖鎌)と言うのも既に有るが SCAで類似の物が使用された例は有るのかだが 防具の無い部分が紐で締まって危険な事に成る可能性は有るのかだが
03-28 15:10

SCA使用ならラタン製として 分銅は綿製とでも成るのかだが 紐が強く締まったら試合進行を停止すれば 安全性は果たして保てるのかだが 首部ゴルゲットの隙間も埋めて バイザーも棒を増やして紐が入り込まない様にする必要も有るのかだが ミトン籠手の指がやられる可能性は低いのかだが
03-28 15:14

SCAにも弓は有るが 手裏剣は有るのかだが 矢同様に最低でも端部はバイザーに入り込まぬ様に太くする必要は有る訳だろうか
03-28 15:42

https://t.co/wepLuXHGpc 左の様な厚さ3cm以上のEVAシートを 必要なら最低3cm以上の単位で接着して SCA用手裏剣を作れるかも知れぬが
03-28 17:04

https://t.co/byy6HB23Ew 左の鎧組討術では短刀で敵の首を掛けているが 刃は逆側に成っていると言う事なのかだが
03-28 17:34

https://t.co/YQtoohI5FA 左では刃を持たず峰部だけを持ち長刀で腕を掛けているが 西欧剣のハーフソードより可成りやり難いのかだが
03-28 17:46

https://t.co/AXnSOMFr1d 左の短刀での腕固めも 刀身は片側だけを持っていると言う事なのかだが
03-28 18:01

https://t.co/yBZqq3bGnM 此れは刀で掛けるだけでは無く 脇部を押し斬る事も狙っているのかだが
03-28 18:13

https://t.co/9IPmbp4c55 半棒術にも同様の技が 有ったかも知れぬが
03-28 18:19

https://t.co/xFHOq2JQj9 苦無と刀の二刀流も良く有るが 現実にこうした事はしたのかだが
03-28 18:54

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10386-d15117a3