FC2ブログ

Category

2020.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

03/25のツイートまとめ 

boukenkyuu

偉い者が西欧の海戦用甲冑を購入してこれに日本製部品を装備した物なら 恐らく西欧兜を模した桃形兜が出て来た1550年台にも有るのかだが https://t.co/ThwWdjv3PS
03-25 11:31

暫くは偉い者だけこれをコピーした和製南蛮胴の様な物を利用した後 これを模した生産性の高い桶側胴や仏胴的な物が一般の騎馬武者にも普及し 後で足軽も桶側胴使用と言う事に成った可能性も有るのかだが
03-25 11:33

板金的鎧なら天正2年(1574年)の刻銘の有る雪下胴が有る様だし 西国ではその前・桃形兜の有る1550年台にも西欧の海戦用の甲冑を模した和製南蛮胴が有った可能性も有るのかだが
03-25 11:39

雪下胴の有る1574年より前に桶側胴や仏胴的な物が西国では 有った可能性も有ると言う事なのかだが これが一部東国にも高位の者用に流入し 長篠等で利用された可能性も有るのかだが
03-25 11:41

https://t.co/ILxAgI92D2 蛭巻の無い柄が安土桃山期の物なのかだが 柄の長さは皆ほぼ同じだが 石突は突きを考慮してか 長い物も有るが これは蛭巻の無い柄に付く物であるから 安土桃山期の物なのかだが 槍が大量に使われた影響で薙刀の石突も突きを考慮したのかだが
03-25 12:02

刀身も60cm台程度が主流かも知れぬが リーチは70cm程度しか無かったのかだが 中央付近が握られる例も有ったのかどうかだが 全長は大抵は220cm程度は有ったと言う事なのかだが
03-25 12:08

https://t.co/cca1STPs1v 左の弁慶が書かれた1579年の絵馬に有る薙刀の石突は細長いし 同時代の突きを考慮した物と言う事なのかだが
03-25 12:13

https://t.co/Lzjq4BVdwM >刃長2尺3寸(約69.7cm)の薙刀の柄は、持ち主の耳たぶの下端の高さ、というのが大体の長さであろう。  と有るが 柄150cm・刀身70cm・全長220cm程度が果たして平均なのかだが
03-25 14:35

https://t.co/Lzjq4BVdwM >安積彦五郎の8尺(約242.4cm)余などと、超大型の記載がある。  と有るが 此れの柄長は3m以上等は有るのかだが
03-25 14:38

薙刀を中心より長く持つ技法等無いのでは無いかと前に書いたが https://t.co/7fL0ZgJJfn 左の男衾三郎絵巻の場面ではそうした事をしているのかだが 薙刀では無く先端の尖る金砕棒が使われている可能性も有るのかだが
03-25 14:47

上の場合は歩兵が騎馬武者の刀の間合いに入るのを最大限避ける為に 薙刀を長く持ち馬を狙った可能性も有ると言う事なのかだが
03-25 14:53

槍も特に騎馬武者に対しては 同様の運用が成された可能性も有るのかどうかだが
03-25 14:55

騎馬武者がこうした長い持ち方をするのは 相手の技量が上と判断した場合或いは数が多いと見た場合だけなのかだが
03-25 14:59

騎馬武者も騎馬武者の長目の大太刀や 板金鎧を装備する騎士のロングソードが危険と判断した場合は 薙刀や槍を長く持っての打撃と言うのも有り得たと言う事なのかだが
03-25 15:03

薙刀の中央付近を持つ持ち方も https://t.co/0gkRZ0UKEp 左の春日権現験記絵には有るが 何処迄使われたのかだが 大概は鍔の直下を持つだろうか
03-25 15:57

https://t.co/Lzjq4BVdwM >なお、「へ」の字型がさらに曲がり、鎌に近くなったものも、絵巻物に見られる。室町期の加州家次もこの形のものを造っている。これは薙刀に薙鎌の用を兼ねさせたものである。  平治物語絵巻からこの種の物が有るだろうが 相手を掛ける事は何処迄出来るのかだが
03-25 17:08

https://t.co/Ht1edHLkhM 左に有る物が一番湾曲している類の薙刀かも知れぬが 此れでも敵を掛けられるのかどうかだが https://t.co/3BcqgYoX9E 現物は左の様な湾曲が有る可能性も有るのかだが
03-25 17:33

そうした先端が鎌機能の有る薙刀は https://t.co/6DdF6R64bv https://t.co/GeRTIBQyoe 左の宋代には有る鳳嘴刀を参考としたのかだが 同程度の湾曲は有るのかだが
03-25 17:47

https://t.co/AlH9w54ybJ 象鼻刀と言うのは類似品は日本に有ったのかだが 先端部で武器を絡める等はしていたのかだが
03-25 17:50

枝が付いた薙刀は十文字槍登場時に出て来たのかだが 中国の大刀の様な鍵が有る例は果たして有るのかだが
03-25 18:11

https://t.co/CrH6BvS6P6 https://t.co/Cl3uyrVefY 左にそれらしき物が有るが 戦国期には有るのかどうかだが
03-25 18:20

https://t.co/0UCAWgsG8v https://t.co/3zSnV0fzjz 鳳嘴刀の様な突起物の有る薙刀も蒙古襲来絵詞に多数有るが 現実にこうした物は有ったのかだが https://t.co/cca1STPs1v 左の1579年奉納の弁慶の絵馬にも同様の物が有るが 戦国期にこうした物は有ったのかだが
03-25 18:26

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10383-1d10213f