FC2ブログ

Category

2020.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

03/24のツイートまとめ 

boukenkyuu

胴の右側に鉄が無いのは 左側を前として薙刀や槍を主に使う事を想定しているからなのかどうかだが こうした鎧を着て https://t.co/hgKW538AX2 左の様に刀迄左側を前として使用していた者も居たのかだが https://t.co/nAggiYqRY0
03-24 11:50

https://t.co/N5ClZjZNfM 青漆の有る篠脛当て等も有るが 江戸期の物なのかだが
03-24 12:29

https://t.co/yd886wSqcE 篠が有る瓢籠手等も有るのかだが 戦国期に同様の物は有るのかどうかだが
03-24 12:32

1575年では最上胴や伊予札・小札の胴が依然主流なのかだが 雑魚兵は素懸縅の最上胴や革包伊予札胴が多いのかだが 1600年辺りでは桶側胴的な物が多く成るのかだが 最上胴や伊予札もそれなりに多いのかだが
03-24 13:01

Rapier and Cloak sparring - Tom vs Nick https://t.co/FQPkvV8SSe https://t.co/9atzihrLUe マント装備の騎士も幾らかは書かれるが 非常時でもこうした事は無いのかだが
03-24 13:27

槍足軽用より(雨を避ける為か)幅広と言う鉄砲足軽用の陣笠も この時点では同程度の幅だったと言う事なのかだが https://t.co/bjSG8LOxYO
03-24 14:09

https://t.co/WBm0Fg6BuL SCAルールの鎧だとミトン籠手の装備が必要だが 日本甲冑に合わせる場合 https://t.co/lbuJrk7Gwo 左の足軽の籠手の様に先端部が無い物を下に装備し この上に(漆的塗りでもした)ミトン篭手を装備すると言う方向が良いのかだが
03-24 14:41

ミトン部分は https://t.co/FmcpxS0qha 左の江戸期の物の様なデザインを一部模しても 良いかも知れぬが
03-24 15:02

肘当部分は余り突出していない形状の物を 日本的な籠手の内部に仕込む方法も有るだろうか 膝部分は大立挙脛当なら 関節上部に板金を仕込むだけで良いのかだが
03-24 15:08

接合部が多く高さも無い阿古蛇形兜をSCA的ルールで使用するのは 自作品では特にリスクが有るかも知れぬし 絵の様に下に標準的な物に似た兜を装備して 薄い板を使用した阿古蛇形兜を紐で上に固定と言う方向も有るだろうか 標準的兜は内部に面頬が入れられる様な形で大型化する方向も有るだろうか https://t.co/057VMw72ls
03-24 15:57

日本式の籠手は左の様な形で肘当ては 籠手内部に内装し ミトンは外部に装着 膝部分の追加装甲が必要なら 右の様に直垂内部に仕込めば目立たないと言う事だろうか https://t.co/MfbqxzttmJ
03-24 16:26

兜を二重構造とすると重量が重過ぎるかも知れぬし 阿古蛇鉢も厚い一枚板で作成し その上に覆輪を別パーツで当世兜の様に接合した物を 鉢の無い兜に重ねると言う様な方向も有るだろうが 兜が外れ難くする必要は有るかも知れぬが https://t.co/IqAuYMxauz
03-24 17:17

上だと上下の兜の接合部付近の耐衝撃性に問題が生じる可能性も有るだろうが 問題無い範囲に収まる可能性も有るかも知れぬが
03-24 17:36

当世兜では下の様な形で 鼻や顎の出た面頬もバイザーを前に張り出させれば内装出来 垂はバイザー・ゴルゲットの外に別に外装すると言う様な方向も有るだろうか https://t.co/kwNcP8wsZc
03-24 18:06

https://t.co/USeKVamIMO 結城合戦絵巻の左上には大太刀が有る様にも見えるが 此れは刃長140cm程度は有るのかだが 以前原本を撮影した物も下に有るが照明反射で撮影失敗していたから 後で取り直すが https://t.co/v81USA2iO1
03-24 20:22

大太刀の標準サイズはこんな大きくは無く https://t.co/6a3TzOLKs6 倭寇が使用したと言う刃長三尺八寸(115cm)程度と言う可能性も有るのかだが 95-100cm程度のロングソードよりは長いが 確実にアウトレンジ出来る程度では無いと言う事なのかだが
03-24 20:33

https://t.co/hBkgHqQv2c SCA使用のラタン製の可成り長い刀も有るが 刃長は大太刀の標準サイズかも知れぬ115cm等が有る例は有るのかだが
03-24 20:42

大太刀も刃長115cm程度なら腰や背部にも装備可能かも知れぬし 倭寇のこうした物を従者が態々持っていたのかだが
03-24 20:51

そうした大太刀も全長1.51mに対し 柄は35cmとやや短い様にも見えるが 刀身に幾らか糸を巻いた中巻野太刀が多かったのかだが
03-24 21:13

刃長95-100cmのロングソードが板金鎧の薄い部分に打撃を与えられると言うなら 115cmの大太刀でも同様と言う事なのかだが
03-24 21:27

https://t.co/6yLk7W8FF3 十二類合戦絵巻の金砕棒も 2.1-2.4mは有るのかだが SCAでこれを使うとすると刃筋は無いが どの方向にも叩けると言うルールなのかだが
03-24 21:57

https://t.co/rXlmaSAeKb SCAルールで侍が大型の手盾を利用して戦っているが 史実の物ではhttps://t.co/w4QPsatcUj グリップはスクトゥム同様に 中央付近と言う事だろうか
03-24 22:22

https://t.co/NnSvUDDSpr 左の手盾ではグリップは手を上向きとして 握られているだろうか
03-24 22:39

https://t.co/jeT3odFPnY 左の小型の手盾ではグリップはやや上部に有るが 大型の物でこうした例は有るのかだが https://t.co/ehVQr0wtz1 垣盾は上部に棒が付いているが この様な位置にグリップの有る大型の手盾も有るのかだが
03-24 22:43

https://t.co/1SPLELeajU 十二類合戦絵巻の垣盾も中央部とやや上部に棒が付いている様に見える例が有るが https://t.co/0gkRZ0UKEp 実際は春日権現験記絵の物の様に上部に有る可能性も有るのかだが 大型の手盾も或いは同様なのかだが
03-24 22:51

https://t.co/Xc2hw7AWBz 左のカイトシールドの様にグリップ位置は上部に有る可能性も有るのかだが
03-24 22:59

https://t.co/rXlmaSAeKb 動画に出て来る手盾は黒いが 赤坂城攻防戦で利用された練革を貼った手盾なら 防水等を理由に黒漆が塗られていた可能性も有るのかだが そうした盾は何処迄使われたのかだが
03-24 23:13

https://t.co/cjKKNz1h4r 足装甲は史実同様に1.2mm程度なのかだが 現実のロングソードや大太刀を受ければ果たしてどうなのかだが
03-24 23:25

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10382-4bd70db7