FC2ブログ

Category

2020.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

03/23のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/2uqkLYGlrv 義足の騎士と言うのも鉄腕ゲッツの時代には居た様だが 日本の様に立透を行わない乗馬戦闘なら 組討をせぬ限り支障は無いのかだが 弓や銃を馬上で使う者が多かった可能性も有るのかだが
03-23 13:53

https://t.co/K1mw7h3slU 鍔の部分での打撃も 殺撃の構えで無く共有り得ると言う事なのかだが 意図的打撃では無い訳だろうか
03-23 14:01

https://t.co/7N86IIv7Y1 掌への攻撃も左では有効打とされている様だが 余り見ないだろうか 脇や首を突かれている例が多いし この部分の装甲は重要と言う事なのかだが
03-23 14:14

https://t.co/bawSlUblwb 大概の肩甲は正面下方からの突きは防げないと言う事なのかだが
03-23 14:24

https://t.co/745bFS01Mj 肘の隙間も滅多に突かれないが イタリア式甲冑ではこの部分の隙間はほぼ無く 完全に塞がる例も有るだろうか
03-23 14:32

https://t.co/zP8ydIKsqe ハーフソードの場合可成り下からも 掌を突かれ得る訳だろうか
03-23 14:41

https://t.co/JTUMSv46lE 手袋無しでは刃が手の中えで回る様な持ち方は 困難と言う事なのかだが
03-23 15:07

15世紀迄の騎馬武者が同時期の騎士とハーフソード戦をするのは慣れぬ鍔等で掛ける攻撃を受けて危険かも知れぬし 機動性を利用し薙刀でアウトレンジと言うのが基本なのかだが アウトレンジして体勢が崩れる等したら柄で掛けて組み伏せる方向も有るのかだが
03-23 15:36

鎌倉期の騎馬武者でも下馬時には 平家物語の平教経や 蒙古襲来絵詞に有る様に薙刀を一部は使用している様だが 使用率はどうなのかだが 刃長140cm等の大太刀と比べたら多いのかだが
03-23 15:38

刀で対処する羽目に成った場合は騎士の割に慣れていない二刀流を利用と言うのが良いのかだが 騎士も15世紀中期からのレイピア術や練習では二刀流はしていると言う事だろうか
03-23 15:45

https://t.co/VEiFPBxy9q 薙刀がハーフソード相手に 同様に剣を払う事は出来るのかどうかだが
03-23 16:05

https://t.co/6SmMzMxy9h … SCA試合では騎馬武者の立物が余り無いだろうが 柔軟性が有り熱で再整形出来る https://t.co/0ZgHz3NPS8 左のおゆまるの様な物を使って作れば 割れても破片の危険性は低く 一部損壊しても熱で短時間に修復出来 型を利用して大量に作る等も出来るのかだが
03-23 16:23

とは言えバイザーの隙間に破片等が入り込む危険は有るだろうし 眼鏡的な物は必要かも知れぬが
03-23 16:24

https://t.co/aPR9DPsB1J こうした物も有るが 薄くは無いが素材は何なのかだが
03-23 16:27

https://t.co/nuzArNZYfD 足に掛けられたポールアームの鈎を蹴って外す技が有るが https://t.co/XL2aBPTrTI 左の様に直ぐ鈎を引かれた場合 体を回転させて蹴る等は 間に合わない可能性も高いのかだが
03-23 16:43

https://t.co/G00SKO7sCf 大太刀の鍔はそれなりに大きいが 相手を掛けられるサイズでは無いと言う事なのかだが
03-23 16:59

https://t.co/UR22MQqITT 半身の状態でもポールアームの操作時等に腕が上がっている所を狙えば 脇に下方からの突きは出来ると言う事だろうか
03-23 17:17

https://t.co/xib0S3KWpB この種の15世紀初期辺りから有る脇の防護板も 正面下方からの突きは防げないと言う事なのかだが
03-23 17:47

https://t.co/ZKN0Kc8vag 肩上部も回転させると隙間が生じるし それ故大型の肩当てに変わったのかだが
03-23 17:56

槍で騎士と対する場合は https://t.co/eUztIPkSW0 左の様に高速連打して反撃の機会を与えずに体勢を崩し 柄を掛けて倒し組み伏せるか 或いは隙間を突くと言う方向なのかだが
03-23 18:41

ハルバードやツヴァイハンダー・ロングソードは高速連打は出来ないが 素槍は出来ると言う事なのかだが パイクも突く攻撃が基本で柄が太く重いだろうが コルセスカも斬撃は無いかも知れぬが ウェルシュフックはどうなのかだが
03-23 18:53

https://t.co/0zoushlcDo 左を見ても槍の斬撃は無いだろうか
03-23 19:13

https://t.co/p9EVTLctdm 結城合戦絵巻の槍は 左手の手元部で半分なら 240cmは有るのかだが
03-23 19:20

十二類合戦絵巻の槍は短い物が多いが https://t.co/xLirJZ5ZMH 左は割に長いが https://t.co/0EAiYgfXGK 短いが左の様な大身槍も有る訳だろうか
03-23 20:04

https://t.co/1BxNWFoMvR この種の隙間の完全に埋まる肘装甲も 実用的な可動性は有るが 凹むと曲がらなく成ると言う事だったかも知れぬが
03-23 20:09

https://t.co/mbGD1F1YEj 左の様な形で短剣で足を掛ける技も有るが 刀の二刀流で 下の絵の様に刀をクロスさせて両手のパワーを使えば脇差の順手持ち或いは長刀でも掛けられるのかだが 脇差を逆手持ちとすれば片手でも掛けられるのかもしれぬが 長刀を逆手持ちと言うのは中々無いだろうか https://t.co/NXswBukcme
03-23 21:51

https://t.co/8PvisrezJ5 https://t.co/xPLgjS7NFN 左の様な形で肩や首を掛ける技も有るが 下の絵の様に刀の二刀流で刀をクロスさせて両手のパワーを利用しても 此れは出来るのかどうかだが 現実に果たして行われたのかだろうし 伝書にこうした物は無いと言う事なのかだが https://t.co/zXMTM6qzKD
03-23 22:21

https://t.co/nXaGGA5js0 こう言うゴシック兜のシコロも下から剣等を突き込まれて やられた例も有るのかどうかだが
03-23 23:11

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10381-01f75381