FC2ブログ

Category

2020.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

03/20のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/MfYKIbZEoA 左の長いタセットの鎧でも https://t.co/Ef5B9YkiP1 左の様に低く構える事も出来るだろうが タセットが上にスライドしているので重さは足に掛るだろうが 通常の構えはこんな低くは無いので余り重量は掛からぬ可能性も有るのかだが
03-20 11:11

甲冑の重量が敗北を招いたかも知れぬ1415年のアジャンクールでは https://t.co/iyrnGmkoMS 長いタセットは無いだろうし https://t.co/UiYJ1R9E5m ミラノ騎士が下馬戦闘で勝利したアルベドの1422年時点でも同様だろうか
03-20 11:48

1430年台には https://t.co/Mdztx2IFPV https://t.co/doVIWio0NE かなり長いタセットも出現しているが 短い物も混在しているだろうか
03-20 11:57

アルベド後はスイスもパイクを増やし 下馬騎士のランスをアウトレンジし勝利出来る様に成ったと言う事なのかだが
03-20 12:45

https://t.co/MskrbFbxlV こうした分銅が甲冑の鎖程度しか無い部分に直撃すれば 可成りダメージは受けるだろうが 板金鎧の足や首後部の隙間に当てるのは 至近距離で無いと困難なのかだが
03-20 13:05

https://t.co/oAL1mJp8Bw 分銅を上方向に回す技も有るし 此れで甲冑を下から攻撃する例も有るのかだが https://t.co/G1noGJOFvJ 左の様な形で脚部の板金の無い部分も横から狙えるかも知れぬが 速度はどうなのかだが
03-20 14:22

https://t.co/o58h8B4N7n 左の様な形でロングソードを持つ両手首を絡める事も可能なのかだが 絡めた後倒す技も有る様だが 此れは何処迄出来るのかだが 片手剣相手では盾側への対応も必要だろうか ハーフソードでも両手を同時に絡めるのは難しいと言う事なのかだが
03-20 14:47

https://t.co/9pSPUX9B0L 左の様な技も手を離されて組まれる危険も高いのかだが 鎖が有る側に組討を挑んでも有利とは成るのかだが https://t.co/eEEUDbfSTX 左の剣を持つ腕を蹴り上げる技は塚原卜伝が使用しているだろうが 実戦で何処迄使われたのかだが
03-20 15:14

https://t.co/MpFjxX7Ttl 鎖で剣を奪う技も手抜緒が有る場合は出来ないと言う事なのかだが 西欧の場合はこうした物は有るのかだが 相手の剣を奪う技は可成り多いから 余り利用されていないと言う事なのかだが
03-20 15:22

https://t.co/Bqf245kh1t 左では脇差では無く兜割を利用しているから 刀身は刃が無いので掴んで掛けられると言う事だろうが 果たして何処迄利用されていたのかだが 室町中期には十手術が有ると言うが 15世紀に有るのかどうかだが
03-20 15:42

板金鎧相手なら最大1m程度の物も有ると言う兜割で ハーフソードも可成り行いつつ戦う方向も有るのかだが 先端が尖って突きに対応した物も有っただろうか 十手も1mの物は有る様だが 15世紀に有るのかどうかだが
03-20 15:46

https://t.co/tJn4LleOwH 左は鉄扇では無く扇を投げているのかだが こうした形で戦場で軍配・采配・軍扇を投げて視界を奪う技は使われたのかどうかだが
03-20 16:23

幅広の鈎が有る長い十手でもハーフソードの殺撃的に 逆に持って鈎で敵を掛けると言う例は恐らく無いという事なのかだが とは言え短い十手を逆に持って鈎で殴る技は有ったかも知れぬが 鈎で掛ける技は有るのかだが
03-20 16:55

兜割の場合ファルクス的に逆方向に湾曲しているから 威力は割に高いのかだが 十手と異なり全長1m等の物の現物は見ないが
03-20 17:03

https://t.co/VNGeXxbmhC 左に有る仕込み十手と言うのも 西欧の仕込みキャンデリエールの技術が入った物かも知れぬし 16世紀以降の登場なのかだが
03-20 17:31

一塁到達、頭からの方が速い 立命大分析、野球の定説覆す  https://t.co/QQ7feElBhh 重要な試合で無ければヘッドスライディングは割に合わぬと言う事だろうが 重要な試合で無く共ヘッドスライディングをして怪我をしている例も MLBでさえトラウト等に有る訳だろうか
03-20 17:40

https://t.co/3dF0MxGBhV こう言う尖った兜割の場合は 南蛮鎖も容易に貫くのかだが
03-20 19:17

https://t.co/NrGv6PJGVa  25cmの短刀型手裏剣も有るが 最大サイズはどうなのかだが
03-20 20:34

https://t.co/ZKSyyG3bGD >元々の手木(てこ)の意味は、足軽に貸しだす刀が不足した場合、刀の代用品として足軽に持たせた先のとがった丸い棍棒の事で、手に持つ木だから「手木」と通称されていたようです。   此れはゴーテンダックの様な物なのかだが 鉄製の切っ先は有るのかどうかだが
03-20 21:15

https://t.co/gf1hpmfmiS >戦費が乏しく刀を注文(調達)出来なかった場合は、白樫の三尺棒の先を削って尖らせ、手元に穴を開けて紐を付けた「手木」(てぎ)という棍棒で間に合わせました。  ゴーテンダックと異なり特段太くは無く 切っ先は鉄製では無いと言う事なのかだが
03-20 21:18

https://t.co/c9eRfeosUU 手木も左の木製十手の様な鉄の補強が有る例は有るのかだが これを騎馬武者が利用した例は有るのかだが
03-20 21:50

https://t.co/7285mppxr5 南北朝期の兜割が有ると有るが 現物は有るのかだが 打つ部分の長さは寸伸び短刀程度なのかだが
03-20 23:31

https://t.co/oJ4p9S6Ciq 兜割(鉢割)は楠木正成が考案した物であり 左の物は楠木正成の物を模したと言うが 果たしてどうなのかだが
03-20 23:33

https://t.co/l0OnRbA56P >楠木正成公兜割りの刀  此れは現物なのかだが 果たして敵を降参させる為の物なのかどうかだが
03-20 23:36

https://t.co/HI9kkr1lm9 左の兜割は刀身は南北朝期の物と言う事なのかだが
03-20 23:43

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10378-b31fc82f