FC2ブログ

Category

2020.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

03/19のツイートまとめ 

boukenkyuu

長柄鎖鎌だと柄でも掛ける事は出来るだろうが 果たして何処迄行われたのかだが
03-19 11:38

槍付きの鎖鎌で無く共 鎌部で突き斬る攻撃は有る様だが 一心流の様に両刃の物で無い場合はどうなのかだが
03-19 11:43

両刃の鎖鎌は本物が多く 螺鈿が有る物は偽物と有るが 両刃で螺鈿が入る物も有るが 此れは偽物しか無いのかだが 下部に鎖の有る物も偽物が多いと有るが
03-19 12:35

https://t.co/fo9xblPuu9 左にも柄に螺鈿は入るが 此れは本物と言う事なのかだが https://t.co/QkSIEzoRiQ 左の長柄の物はどうなのかだが
03-19 12:41

そうした鎖鎌も 実戦では分銅鎖や柄を掴まれてやられるリスクも有るだろうし 演武程簡単には行かないと言う事なのかだが
03-19 13:09

https://t.co/FxdzhKxXaJ 左の3.6mの鎖の有る鎖鎌は 頂部に鎖の付くタイプなのかだが
03-19 14:00

https://t.co/03FzYUP5aU 正木流の鎖鎌は270cmの鎖が頂部に付くと言う事なのかだが 護拳も江戸期からかは不明だが標準装備なのかだが https://t.co/WMciLbRcTK 左では鎖は頂部に付くが 護拳は無い様だが
03-19 14:17

https://t.co/WmfaV0FK7J 左では護拳は有るが 柄は54cm等は無い訳だろうか
03-19 14:43

https://t.co/yy4lQy5mma 鎖が頂部に付く物も 左の持ち方なら鎖は下端部に付く物と同様の操法が出来る訳だろうか
03-19 14:48

https://t.co/wEqhpRcVjW こうした形で片手持ちにも切り替えられる訳だろうか
03-19 14:50

https://t.co/2oEIi08C5p 単純に手で刀を抑える技も鎖鎌には有る訳だろうし 鎖鎌と組討技の併用と言うのも厄介と言う事だろうか
03-19 14:53

https://t.co/amo5RKDTPF 一心流で無く共逆手持ち技は有る様だが 操作性はどうなのかだが
03-19 15:00

https://t.co/EdVBTUvd0I 左の鎌ヌンチャクの様に 鎖鎌の鎌側を投げる技も有ったかも知れぬが 下端部に鎖が装備される物以外では無いと言う事なのかだが
03-19 15:11

https://t.co/eO2IC5dL6U >あくまでも当流におけます対応法ですが、分銅を掴まれました際には鎌を捨てる、或いは投げつけるなどして、その瞬間抜刀して刀にて応じます。  この際鎌ヌンチャク的に鎌が投げられる例は有るのかだが
03-19 15:40

https://t.co/w4QPsaKOiT この種の縦長の手盾だと 上からの長物の斬撃も防護しつつつ 足も防護と言う事も考慮しているのかだが 横から斬り込まれる危険は無いのかどうかだが
03-19 15:54

https://t.co/WK13qbbjFo 倭寇図巻に明の細長い盾が出て来るが これも上方からの主に長物の斬撃を止める為の形状なのかだが
03-19 16:08

https://t.co/HCxu3cikxs バイユーのタペストリーのイングランド兵等のカイトシールドはそう大きくは無いし 頭を足を同時に保護は無理である訳だろうか
03-19 16:21

https://t.co/Xc2hw7Sy09 一部大きなカイトシールドも書かれるが 絵の間違いの可能性も有るのかだが
03-19 16:34

西欧の弓兵もニードルボドキンは小数しか無い様だし ギャンベゾンの無い馬や全身には無い雑魚兵にはボドキンを用い 下馬騎士相手には近距離でニードルボドキンを放ったと言う事なのかだが
03-19 16:47

鎖鎌側にも組討も有り 脇差や手裏剣等を投げる例も有ると言う事だろうか
03-19 19:01

https://t.co/hUY4H7lsbN 南北朝期迄の胴丸だと 草摺に隙間が生じ難い物が多いが https://t.co/pKjdWbYzUw 室町期でも割に無い物も多いが 当世具足は隙間が生じるが 此れの登場前にも隙間は同程度に成ったのかだが
03-19 20:03

https://t.co/jhOpuzSEqg この程度低く構えても 南北朝期迄の胴丸なら草摺に隙間は生じないかも知れぬが 室町中期辺りの物ではどうなのかだが
03-19 20:07

現物のランスの長さと言うのは 果たしてどうなのかだが  https://t.co/xuekN8YqEd  https://t.co/T1zdMGsfjO 左に12フィート(3.65m)のランスが有るが 下馬戦闘では両手持ちでリーチは2.6m程度に成る可能性も有るのかだが 12フィートが平均サイズなのかだが
03-19 22:55

https://t.co/LK3ud3zxFf 重騎兵用ランスの長さは10-12フィートと有るから 最短では3mの物も存在するのかだが
03-19 23:06

一部の鎖鎌に有ると言う5mの分銅鎖ならそうしたランスをアウトレンジ出来るかも知れぬが 重い分銅が装備される例は果たして有るのかだが
03-19 23:11

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10377-7e56dce6