FC2ブログ

Category

2020.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

03/15のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/lA14KDcftr 1.5mm厚のステンレスミトン籠手では片手剣は無効なのかだが ロングソード程度ならどうなのかだが
03-15 10:35

https://t.co/Yn6kPrOQzW イタリア式鎧の場合 ミトン籠手は多いが足先が鎖の例も多い訳だろうか
03-15 11:13

南北朝期から2尺超の腰刀が出現しているから これを太刀と同時に装備する騎馬武者が 太刀と長い腰刀の二刀流をする可能性も有るのかだが この場合1刀が左手を狙うと言うのは困難に成る訳だろうか 単純に太刀二本を利用と言うのも有るかも知れぬが 長い腰刀利用の方が多いのかだが https://t.co/itcpWKhwzw
03-15 12:03

https://t.co/GJXvcC8A4N https://t.co/Ln4rzeU38e 長い腰刀も十二類合戦絵巻等に有るが 60cmは有るのかどうかだが
03-15 12:12

https://t.co/PK0Y1Qtuh3 日本でも槍で同様の事を行う技が有るが 打撃には対応出来るのかどうかだが
03-15 13:44

https://t.co/SQs8kgYrxu >Pauldrons: 2.72 kilos Arm harness 3.4 kilos gauntlets 1. 02 kilos  16世紀後期の非ミトン籠手も片方で500gも有るのかだが 腕の装甲はトータルで2kg以上で肩に更に重さも掛るが ゴシック鎧やマクシミリアン鎧では装甲が減らされている物も有るだろうが
03-15 14:01

腕の装甲には更にギャンベゾンや鎖が内部に有り 鎖は15世紀前期では腕・肩全面に有る可能性も有るのかだが
03-15 14:03

https://t.co/rnJ954ts2W https://t.co/shGGXUXWpA 日本のハーフソードの場合 左の攻撃がやり難いだろうが 使用頻度は何処迄有るのかだが
03-15 14:53

https://t.co/rnJ954ts2W 伊等の片手剣のハーフソードでは 左の柄で掛ける攻撃は無理と言う事なのかだが
03-15 14:58

片手剣の柄でもイタリア式鎧やゴシック鎧の首後部の板金の無い部分を突く攻撃は出来るだろうし 日本刀の柄でも同様だろうが この部分がシコロ等で塞がる例も特にゴシック鎧では多いだろうか
03-15 15:04

15世紀前期だと片手剣+盾が独でさえ多いかも知れぬし ハーフソードはいきなりは使われず 日本の方が意外と序盤から使われる可能性も有るのかだが 日本刀の場合は柄や刀身で掛けるのは無いかも知れぬが 突きの速度は高速であり柄での打撃は有る訳だろうか
03-15 15:16

逆に当時の騎馬武者の主力武器の薙刀の柄等で 騎士が掛けられてやられる可能性も有ると言う事だろうが 下馬戦闘でもランスでの対抗が基本なのかだが
03-15 15:20

独でロングソード装備の例で古い物は https://t.co/0mGmVHhx0K 左の1380年辺りの物なのかだが https://t.co/ENbbL5dJ6s 14000-1450年では確かに柄の長い剣の比率が多い様に見えるが 短いバスタードソード的な物が大半に見えるが 盾が併用される事も多かったのかだが
03-15 15:35

https://t.co/jIIPtviPpY 初期ゴシック甲冑を装備する人物の絵には バスタードソード的な剣が装備されている例が多いだろうか
03-15 15:42

https://t.co/SenJvo7Cu2 この恐らく両手使用可能な剣は100cm等は無いだろうが 実際より短く書かれている可能性は有るのかだが
03-15 15:50

そうした短い両手持ち剣も最初は盾を併用して戦い 相手が疲労してハーフソードにした時点で両手持ちとして打撃するか 或いはハーフソードで柄を利用して敵を掛けると言う様な使い方の可能性も有るのかだが
03-15 15:53

https://t.co/qshCqwVQfe 左の様に足を柄で掛ける例迄有るが https://t.co/Gx71KGhzfn 左の手を折る等と言うのは板金鎧相手では無理だろうが 日本の鎖主体のタイプの籠手ではやられる危険は有るのかだが
03-15 16:33

膝にスパイクの有る甲冑も絵では多いが 現物を見た事が無いが https://t.co/SBfcciTF4k https://t.co/J7McvA5hCx 左の様な墓に書かれている様な甲冑は本物の正確な写しの可能性も有るのかだが
03-15 17:04

https://t.co/BpO9LpFlKW 左の膝部もスパイクが基本的に有るのかどうかだが
03-15 17:08

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10373-f8202caf