FC2ブログ

Category

2020.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

03/07のツイートまとめ 

boukenkyuu

接近戦でもヘースティングスの様に 矢を上に放たれれば盾の背後の兵がやられる危険は無いのかだが 日本ではそうした攻撃は無いと言う事なのかだが
03-07 12:08

通常の曲射さえ無いクロスボウではそうした射撃は有るのかだが ヘースティングスで上に放たれたのは 短弓だけなのかだが
03-07 12:12

上面も防護されるローマのテストゥド相手なら上に矢を放ったとしても 騎兵を阻止するシールドウォールは無効化されないと言う事だろうか
03-07 12:18

https://t.co/BQA3OQbI0X そうした上への弓の射撃はヘースティングスでは無いと言う説も有るが 12世紀の記述には有るなら無い共言えぬ訳だろうが 同様のシールドウォールの迎撃を受けたポワエティエのイスラム兵はそうした事は無いと言う事なのかだが
03-07 12:30

https://t.co/DN95yKcAWG 左の北条氏信の桶側胴は果たして1569年迄の物なのかだが こうした物の前に丸い伊予札の胴が作られたと言う事なのかだが https://t.co/ZJj7gieYry
03-07 12:44

16世紀後期の西欧の槍騎兵も ランスでの下馬戦闘等有るのかだが 対騎兵戦闘も騎銃兵に迎撃されて出来ず 只銃砲の射撃で崩れたパイク兵に突撃しているだけなのかだが https://t.co/IMcqY3RhrW 攻城戦でも左の様にランス等果たして使用しているのかだが
03-07 12:58

英のデミランサーの場合1580年台 オランダの槍騎兵も90年代には騎銃兵に対抗する為かピストルを装備しているが 何れも1590年末に騎兵槍は廃止されたと言う事だろうか
03-07 13:24

オランダの16世紀末の場合甲冑装備の騎兵は1割と言うし 他はまともな白兵戦等出来たのかどうかだが パイクやハルバード装備の歩兵の方が白兵戦能力は高く攻城戦では使えたと言う事なのかだが
03-07 13:26

そうした西欧軍も16世紀ではキャニスター弾も無いなら 砲で日本軍をアウトレンジ壊滅等出来るのかだが 500mから未だ可成り残る弓の射撃 300mから瞬発式火縄銃の射撃を受けて歩兵・騎兵共に壊滅する危険が高いと言う事なのかだが
03-07 13:35

フサリアのパンセルニの弓なら日本の弓をアウトレンジ出来るかも知れぬが https://t.co/Lcsfnr7kq1 左を見ると日本の弓は兎も角ロングボウの方がトルコ弓より同じ張力なら飛ぶ様にも見えるし 果たして正確な計測をされたデーターは有るのかだが
03-07 14:00

Myochin Munekatsu (active circa 1780) An iron momonari kabuto and menpoEdo period (1615-1868), 18th century and later https://t.co/CSYwAqhBSJ この吹返は鹿の耳を模している可能性も有るのかだが 戦国期にこうした物は小さい物でも無いと言う事だろうか
03-07 14:20

item catalogue image https://t.co/3nLcQEP6SO 牛角の紋が佩楯に有るが 家紋にこうした物は無いだろうが 戦国期に同様の紋は無いと言う事なのかだが
03-07 14:59

一心流長柄鎖鎌 https://t.co/OQ8ZRWCDV8  https://t.co/QkSIEz7gri 左の様な槍付きのこうした物で 槍を鎖で拘束して上手く突くと言うのは 何処迄出来るのかだが
03-07 15:47

仏胴や桶側胴は兎も角 海戦用の西欧甲冑を購入して日本製パーツを付加した物は (恐らく西欧兜を模した)桃型兜が登場した1550年台に有る可能性も有るのかだが
03-07 16:34

仕込みキャンデリエールには足に紐を絡めて倒す技が有るし 鎖鎌の同種の技も騎士は対応出来る可能性も有るのかだが フレイル術には果たして有るのかだが
03-07 16:53

https://t.co/K796b2hHGJ 14世紀後期のフィオーレの教本に左の様な鎖或いは紐利用の仕込みキャンデリエールが既に出て来るが 鎖鎌の様な体系化された操法は有るのかだが 日本の分胴が仕込こまれた振杖は戦場で使われたのかだが
03-07 17:04

振杖には分胴を直線的に降り出して打つ技も有るだろうが 尖った分胴での奇襲攻撃は有るのかだが 仕込みキャンデリエールの先端も尖るがこれを突然飛ばして甲冑の隙間を狙うと言う様な事は有り得たのかだが
03-07 17:15

籠手の内側を鎖鎌の鎌で引き斬る技も有るし 西欧の籠手にもこの技は通用するのかどうかだが 平坦な鎌では手袋を斬り込めない可能性も有るのかだが
03-07 17:17

https://t.co/uoaFNcfOhG 振杖に似た南蛮千鳥鉄の場合分胴は紐を引いて容易に再度引き込めるが 分胴は平坦だが ギャンべゾンが貫ける様な尖った分胴が高速に何度も飛んで来る様な例は有るのかだが
03-07 17:24

南蛮千鳥鉄の紐を鎖にして刀を受けられる様にし 分銅も尖らせ 筒部分に鎌・鈎を付ける等すれば かなり実戦でも使える武器と成る可能性も有るのかだが
03-07 17:44

https://t.co/JDKycfgj86 左の根平がそうした物に割りに似ているかも知れぬが 短いし分銅の振り出しの速度は高速なのかだが
03-07 17:49

こうした仕込み杖的な物にも https://t.co/x52CVwJqPV https://t.co/9rO25CKgJx 左の様な仕込み鎖鎌と言うのも大小有り https://t.co/TNBp6JmlMV 鈎付きの振り杖と言うのも有るだろうから 鎌+鈎装備の物も有り得るのかだが 棍飛・南蛮千鳥鉄的な構造の物も有るのかどうかだが
03-07 20:46

https://t.co/WaJWU6WUW9 鈎的な分銅装備の鎖鎌も有るが こうした分銅が仕込み杖的な物の先端に装備される例も有るのかだが 南蛮千鳥鉄の分銅は鈎的だろうか
03-07 20:56

二足歩行兵器の地形対応性を疑問する向きも有るが 9トンのティラノサウルスの地形対応性は 果たして戦車以下なのかだが
03-07 21:41

https://t.co/BOLcR2ZTAU 左の薙鎌に分銅鎖が装備された長柄鎖鎌も有るし この鎌なら騎士の籠手の鎖の無い部分に食い込ませて ダメージは与えられると言う事なのかだが https://t.co/uBZPIk90Ky 小型鎖鎌の原型の陣鎌の鎌は湾曲の無い物も多いが
03-07 22:14

https://t.co/q4Osawy4Ff 左の千鳥十文字槍の枝を 騎士の籠手の鎖の無い部分に食い込ませると言う事は何処迄可能なのかだが 鎖鎌の様に鎖で剣を拘束しないと 腕が動かれて困難と言う事なのかだが
03-07 22:21

長柄鎖鎌が薙鎌に分銅鎖を付けただけなら 通常の鎌槍に分銅鎖を装備した様な物も有る可能性も有るのかだが
03-07 23:08

https://t.co/AyeSwAhF1F 左の図38では鎖で刀を拘束せずに 直接手首を斬ろうとしているが 果たして何処迄可能なのかだが
03-07 23:26

https://t.co/AyeSwAhF1F 一部のゴシック鎧やイタリア式鎧なら 図39の様に剣を鎖で拘束しつつ 装甲も無い様な首後ろに湾曲した鎌を打ち込むと言う方向も有るだろうが 余りダメージには成らぬ可能性も有るのかだが
03-07 23:33

15世紀前半迄の西欧の甲冑の場合は 盾が有るだろうから シールドアタックを警戒して迂闊に剣には絡めず https://t.co/73Jrpx96n3 同時期の西欧の仕込みキャンデリエールの様に足を絡めて倒す方向も有るだろうか
03-07 23:44

https://t.co/VJ7wmKIXKZ 首に鎖を絡めるのは14世紀の首に板金の無い例なら有用かも知れぬが 以降はどうなのかだが シールドアタック等の反撃を受ける危険も有るのかだが
03-07 23:49

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10365-ffb6bf72