FC2ブログ

Category

2020.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

03/03のツイートまとめ 

boukenkyuu

@SagamiNoriaki 直打法で脇差や小柄を打つ事は兎も角 回転打法・半回転打法で手裏剣或いは小柄・脇差を回転を合わせて適正な距離で打つと言う事は果たして大勢が出来たのかだが
03-03 11:54

隙間が大きいかも知れぬ日本の鎖帷子にさえ 回転を上手く合わせないと隙間には滑り込まないかも知れぬが 鎖帷子を意識した投擲は忍者や騎馬武者はしていたのかだが 革札の貫通も回転が合わないと深くは刺さらないし 肉にさえそうだろうが 鎖の佩楯や脇引等を貫くのも困難と言う事だろうか
03-03 12:09

日本での他国甲冑の記述は 特段モンゴルの革鎧が脆いと言う記述も見ないし https://t.co/3V7HWSgaqf 明の綿襖甲の防御力が高いと言う記述程度だろうか https://t.co/Xx3boptONH
03-03 12:50

革包胴はモンゴル等の綿襖甲を参考としたと言う意見も有るが 小札は特段大型化していないと言う事だろうか
03-03 13:09

https://t.co/Vi4t5iCOHI 左の宋の板金が胸に有るかも知れぬ騎兵用甲冑や馬鎧は 文永の役で日本に投入されていたのかだが 宋は騎兵比率が低いから 余り数は無いのかだが https://t.co/tpEW7GNDsL 弘安の役の主力の南宋軍はこうした板金の無い歩人甲装備だろうか
03-03 13:28

https://t.co/Vy0Q9UtljQ 左を見る限り打刀でさえ桶側胴や板札の袖も相当に衝撃を受けているから 胸部の板金以外は衝撃に抗し得ないと見て良いのかだが 綿襖甲の更に細分される鉄札でも同様と言う事なのかだが
03-03 13:33

https://t.co/sg9IwCStB8 左のヌルハチの鎧は明形式と有るが 籠手の鉄は細分されているのかだが 此れでは打撃には抗し得ないが 弓には割に強いのかだが
03-03 13:57

筒籠手さえ打撃にはそう強くは無い様に見えるが 瓢籠手の様に膨らんでいる物ならそれなりには耐えるのかだが かなり膨らんだ篠が使われる例も有るがそう多く無く 瓢も小さい物が多いから此処で武器を上手く受けられるのかだが
03-03 13:59

16世紀前期にポルトガルやスペインが 中国付近に来ているが この時期でさえ倭寇と完全板金鎧を装備した兵が戦った可能性は低いと言う事なのかだが スペインやポルトガルの日本人傭兵が出現したのは 完全板金鎧が事実上消えた後なのかだが
03-03 14:14

16世紀後期以降の3/4鎧さえ商船には積まれていないかも知れぬし 亜細亜に居た軍船にさえ有るのかだが 日本兵が居たかも知れぬ1661年のゼーランジャ城の戦いでオランダ軍に3/4鎧は有ったのかだが
03-03 14:21

鄭成功指揮下の日本兵が清の兵と戦っている可能性も有るだろうが 鄭成功の鉄人兵の甲冑は https://t.co/YTKAwFJiuc https://t.co/MsuoDuJ0z8 左を見る限り板金的な当世具足では無く 小札形式なのかだが
03-03 14:30

銃では無く清の満州弓に対抗するには 綿襖甲の様に薄い鉄板を全身に装備した方が 対応し易かった故と言う可能性も有るのかだが
03-03 14:33

https://t.co/aUFeWeXiWc 盾を装備する甲冑の無い明の兵もサルフの戦いの絵には書かれるが こうした兵は清の騎兵の機動力で包囲され射撃を受ければ 盾の無い方向から狙撃され得る訳だろうし そうした危険を考慮して鉄人兵の様な装甲を装備する必要が有ったと言う事なのかだが
03-03 14:42

https://t.co/ILGxp2UrIA 小野成幸が袖を切り落として戦った等と言う様な記述も有るが 此れは強い相手が出て来たからでは無く 損傷した故と言う事なのかだが
03-03 16:08

宋の歩人甲も金やモンゴルの騎兵に包囲されての射撃を考慮して重装化されている可能性も有るだろうが 此れを装備しない兵も多かったと言う事だっただろうか
03-03 16:14

手が20本以上有る戦闘サイボーグ等も割に出て来るだろうが 人間の脳から直接千本等のコントロールは可能なのかだが  https://t.co/tH4CRlRFQ2ムカデ.xyz/archives/233  ジムカデは354本足が有ると言うが 関節の数や自由度はそう多くは無い訳だろうか
03-03 16:25

鄭成功の日本人兵の場合は弓対策で綿襖甲的な甲冑を装備しているかも知れぬが 武器は基本的に日本製と言う事なのかだが 他の鉄人兵も同様なのかだが
03-03 16:52

鉄人兵と言うのも https://t.co/wbdmH66RGD 右の様な綿襖甲でやや短い物に 右の様な兜・手甲や脛当てが装備される可能性も有るのかだが
03-03 16:57

https://t.co/bKr5bKEJoe >鄭軍は正三旗の筆頭武将・河格商(満人)を倒したのだが、彼の身につけていた鎧や兜等を点検すると、驚いたことに全身のほとんどが鉄で纏われていたと言う。  こうした清の指揮官の着る様な完全鎧に近い物を 訓練した歩兵に装備させた可能性も有るのかだが
03-03 17:41

https://t.co/bKr5bKEJoe >一部隊は弓矢を背負い、左手に盾、右手に重い剣を持つ。また別の一部隊は両手に蛮刀を付けた長い棍棒(=長刀のこと)を持ち、両腕と足以外には全身鉄甲で保護され、上身は魚鱗のような鉄片に覆われ   藤牌部隊は完全鎧は無い様にも見えるが 果たしてどうなのかだが
03-03 18:23

https://t.co/ksZvf3MPpX 蛸の足は関節は無いだろうが そう複雑なコントロールはされているのかだが
03-03 18:52

視野が360度有るサイボーグも良く居るが https://t.co/KUqrFy627S 現実の生物もカマキリはほぼ全周把握可能と言う事だろうか
03-03 18:54

https://t.co/8xXUAGh4RS 哺乳類も兎の視野は355度有るが 下方向はどうなのかだが 眼を全く動かさず共この様な視野が有るのかだが
03-03 19:16

https://t.co/rZBrw4q39e 左の脇坂安治の胴の蒔絵も二色は有るが 草摺にこうした蒔絵が有る古い例は有るのかだが https://t.co/Rh70KBxoUv
03-03 19:34

https://t.co/14uE9dLSGY 二名共瓢籠手装備だが このサイズの瓢で刀は何処迄受けられるのかだが そう受け難い位置には無いと言う事なのかだが
03-03 19:55

瓢にはマクシミリアン鎧の様な溝の有る例が多く 後部は膨らむが 打刀の衝撃は何処迄止まるのかだが
03-03 20:01

https://t.co/nuja6hnj0L そうした溝の入る瓢付きの籠手も 井伊直政の物が有るが https://t.co/zwzHLowX6W 十二類合戦絵巻に瓢籠手が有ると言うが 南北朝期には無いと言う事なのかだが
03-03 20:07

https://t.co/J6w4IO3ePK https://t.co/HhtioKICOP 左の1555年制作の湊喜兵衛尉像の鎧の首部には障子板が有る様にも見えるが 果たしてどうなのかだが
03-03 20:30

打刀・短刀にも鍔が有る様に見えるが 果たしてどうなのかだが
03-03 20:32

https://t.co/QmMmTLRXR7 左の1507年の細川澄元像の馬手差にも 小さな鍔が有る様に見えるが
03-03 20:36

https://t.co/mD3NOHA7Oj 左の柴田勝家の肖像画の復元品も 脇差らしき物に鍔が有るが https://t.co/55pUnTm2Lt 此れの原本は北ノ庄落城時に書かれたと言うから 1583年の物なのかだが
03-03 21:07

室町期に片手打打刀と太刀の二刀流は何処迄有るのかだが 居合で60cm程度は有る片手打の打刀を 片手で抜刀出来るのかだが
03-03 21:13

太刀・片手打打刀・短刀を持つ騎馬武者も 緊急避難的な二刀流なら 片手で抜刀出来る短刀と太刀の組み合わせと成るかも知れぬが そうでは無い状況で同時多数の敵に対する等する場合は 太刀と長い片手打打刀の組み合わせを選ぶ可能性も有るのかだが
03-03 21:26

太刀を右手で持った侭 片手打打刀を 左手で鯉口を切った後 左手で逆手抜刀し斬り付けた後或いは斬り付けずに 回転させ順手に持ち替えて更に斬ると言う様な例は有るのかだが
03-03 21:34

https://t.co/BmTjFNkfxK >また、剣術流派によっては、一気に¨ごぼう抜き¨に刀を抜く技法がありますが、例外中の例外でしょうね。 居合で、速く抜こうとするあまり、鯉口を切らずにごぼう抜きして、左手を切って血まみれになった例を目撃した事も有ります。
03-03 21:44

太刀を右手に持った侭 左手で片手打打刀の鯉口を切らずに いきなり逆手で抜刀等は出来るのかどうかだが
03-03 21:47

https://t.co/nMFQTKibKY 1510年成立の日蓮聖人註画讃に 鍔が装備された打刀らしき物も有るが 無い例が多いだろうか
03-03 22:02

@SagamiNoriaki https://t.co/wETT0rKa5d 左では両手投げでは有るが 脇差しで畳を貫く様な威力も有るし https://t.co/3K4VVIt5Qu 片手投げであれ板金の胴部分以外に命中すれば可成り打撃を受け得ると言う事だろうか
03-03 23:23

https://t.co/kDPcx3lATl 1.2-1.5mmの兜の湾曲した鉄板が片手剣でこれだけ凹まされている事を考えると 精々その程度の厚みの瓢部分は溝が入ってさえ 打刀の打撃は何処迄止まるのかだが
03-03 23:53

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10361-44804614