FC2ブログ

Category

2020.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

03/01のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/qgPNhsikqQ イタリア式兜も眼部付近に綿入れは無いだろうが この尖ったバイザーは矢を滑らせるだろうが 貫通させるなら騎乗する等して斜め上から矢を撃ち込む程度しか無いかも知れぬが 脚部にギャンベゾンは15世紀後期以降は無い例も多いのかだが
03-01 10:48

https://t.co/aZ9b1cgJIv 15世紀前期のグレートバシネットも 斜め上から眼部付近に矢を受ければ 近距離の強弓では顔に矢が刺さる危険は有るかも知れぬが 呼吸穴に当たれば矢が引っかかって止まり得るのかどうかだが
03-01 10:57

騎士が片手持ちのランスに対して 最初から両手持ちのハーフスピアで此れを叩き落とそうと考えた例は有るのかだが 突撃中なら恐らくかなりの操作技術が必要だろうから 一部の騎士しか出来ないのかだが こうした戦術を多用したイスラム兵や騎馬武者なら皆出来るのかだが
03-01 11:14

15世紀前期の鎧等の長いタセット部分に矢が刺されば ギャンベゾンで矢が止まったとしても 脚部の動作性が悪化し白兵戦で不利と成る可能性も有るのかだが 他の場所も同様に動作性を低下させ得る可能性も有る訳だろうか
03-01 11:58

ボドキンなら鎖を貫きギャンベゾンに深く食い込んで 更に動作性を阻害させ得るのかだが
03-01 12:24

https://t.co/IrmErb8zkC アジャンクールでも仏の下馬騎士のタセットにボドキンが命中して 機動性を可成り阻害した可能性は有るのかどうかだが 近距離ではニードルボドキンで戦闘不能と成る様な打撃を受けた可能性も有るのかだが
03-01 12:39

コートオブプレートにはタセットは無いが ボドキンなら鎖を貫いてギャンベゾンにそれなりに衝撃を与え ニードルボドキンの近距離の射撃は首等に当たれば致命傷共成り得る訳だろうか 日本の鏃では鎖を貫けないだろうが 近距離ならそれなりの衝撃は与えられる可能性も有るのかだが
03-01 12:42

1390年台成立の明徳記に鎖製の馬鎧は出ているし 南蛮鎖使用の籠手も鎌倉期に有るから 南蛮鎖製の馬鎧や太平記の様に鎧の下に迄装備される南蛮鎖製鎖帷子を貫く為に 日本でもボドキン的な鏃が鎌倉期等から利用された可能性は有るのかどうかだが
03-01 12:53

ニードルボドキン的に尖った恐らく江戸期の鏃も有るが 古い時代では果たして何処迄使われたのかだが
03-01 12:54

https://t.co/osgslqjdrO 左の釘状の物でもニードルボドキンと言うより ボドキン的な物なのかだが https://t.co/4UXMlv2QZ6 左の一部の鏃はボドキンの鈍い物程度は尖るが
03-01 13:15

https://t.co/OAaoOj3TIa 左にニードルボドキン的な鏃も有るが 実用目的では無い可能性も有るのかだが
03-01 13:16

釘形鏃では無く共 https://t.co/MBuKLOQ1wo 槇葉鏃ならボドキンの鈍い物程度には尖るかも知れぬが 数は何処迄有るのかだが
03-01 13:40

綺麗事等一瞬もした事が無い者が 綺麗事を最大限利用して権力争いをしていたが 綺麗事等一切利用していない権力を争う者に そんな弱い者の支持を得て彼等から力を得る為のみに有る様な下らぬ物を利用し権力を争うのは気に食わぬとして 正面から倒されると言う様な物も有っただろうか
03-01 14:08

弱い者達自身もそうした事をして欲しいと言う願望を何処かで抱いていたから 彼等を後で支持したと言う様なパターンも有っただろうか
03-01 14:16

https://t.co/0mO8GmUdXj 打根の一部も尖った先端が有る例も有るが 太いから南蛮鎖は貫けるのかどうかだが
03-01 15:04

https://t.co/Igp1VOMQEj 左の宮本武蔵の父 新免無二が使用した十手は空想の産物と言う意見も有るが https://t.co/9yQ3S5agcu 左の17世紀の中国の武器は此れに似ているから 此れを参考とした物が現実に16-17世紀に存在した可能性も有るのかだが
03-01 15:19

雑魚兵用の打根は単に通常の矢に 紐を付けただけと言う可能性も有るのかだが その方が弓では引き易いかも知れぬが
03-01 17:10

この杏葉は古い物では無いと言う事なのかだが https://t.co/1sZH53BDba 左の南蛮胴の杏葉は古い物の可能性も有るのかだが https://t.co/mWOkrhTRTJ
03-01 18:02

長く持ちツヴァイハンダーでも切断出来ぬ可能性の有る4mのランスの槍衾と 6mのパイクの槍衾に切り込むのは何れが楽なのかだが アルベドではスイス兵は前者には失敗したと言う事なのかだが
03-01 18:09

アルベドのスイス兵もツヴァイハンダーが有る訳では無いだろうが バスタードソードやハルバードでは無理だったと言う事なのかだが
03-01 18:10

ハルバードやバスタードソードでは無理で 室町前期の大薙刀や大太刀で斬り込めると言う保証は有るのかだが 雑兵物語に有る様な弓の至近距離射撃の援護が有ればどうなのかだが
03-01 18:11

https://t.co/ZgWyyGAmOh 左の陣笠術では 右手では有るがシールドアタックの様な技が有るが 此れは手盾のシールドアタックが応用されていると言う可能性も有るのかだが
03-01 21:35

少なく共15世紀からは 刀での二刀流は有ったと言う事なのかだが https://t.co/8Sgt96K0Ah
03-01 21:48

https://t.co/wRSSRZ88aH >この上下太刀の構えは大刀を上段、小刀を中段に構える形で、現在の二刀の中心的な構えです。寶山流は西暦1370~80年頃ですから、 >現代剣道の二刀の中心的な構えである上下太刀の構えは、14世紀の寶山流に起源をたどることができるのです。
03-01 21:51

遅く共14世紀後期には長短二刀流は有るのかだが 短刀を敵に投げた後長刀で斬る技も寶山流に有ると言うが 14世紀後期に有るのかだが
03-01 21:56

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10359-ea0c5ad0