FC2ブログ

Category

2019.10

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

02/27のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/Awnp4r2utD 左の様に陣羽織装備で指物も装備される例も浮世絵等に有るが 現実にこうした例が有ったとしても陣羽織に穴が開いているのでは無く 陣羽織外部に装備された可能性も有るのかだが https://t.co/QFxVhV26NF
02-27 10:33

https://t.co/l5sfFVXWFN 洛中洛外図・歴博乙本の右隻に服の上に指物を装備する装置らしき物が有るし 紐で肩から胸を通すと言う様な形で装備されていたのかだが こうした物は陣羽織の上から装備されたのかだが
02-27 10:55

https://t.co/DHMy6huRcl 左の場合は受筒の下の紐の様な物は帯なのかだが 上部には赤い紐が有るのかどうかだが https://t.co/99OVr8WhnC 左にも別の位置では有るが 赤い紐らしき物が有るが
02-27 11:13

Half-swording - Why grabbing a sharp blade in a sword fight is not crazy https://t.co/qShHyybUgD とは言え雨が降っている状況なら 滑る危険と言うのは有るのかだが 騎士なら手袋は有るだろうが 歩兵やランツクネヒトは手袋をしている様に見えない例が多いだろうか
02-27 11:54

テルシオのパイク兵は手袋は有ると言う事なのかだが 恐らくハーフソードの為では無いと言う事だろうが 敵の槍を安全に掴む事を考慮した可能性も有るのかだが
02-27 11:55

敵の血が刀身に付いた状態では 手袋無しでは滑る可能性は無いのかだが こうした事を考慮するに手袋の無い歩兵やランツクネヒトの ハーフソード使用率は低い可能性も有るのかだが
02-27 11:58

日本の場合は片刃剣なので 手袋無しでも一定のハーフソードは出来るだろうが 雑魚兵がしていたのかだが 西欧のハーフソードの様に刀身で掛ける攻撃は困難と言う事なのかだが
02-27 12:25

弓懸と言うのも中々書かれない様に見えるが https://t.co/aHWwHugJ93 上の高師直の肖像画には有るし 足利義尚像・細川澄元像・大内義興像にも有るが 弓道の様に右手だけの装備は無く 両手装備が基本なのかだが ハーフソードの為に此れが使われる訳では無いと言う事だろうか
02-27 12:28

https://t.co/9a5dwiotP0 弓を装備しない様に見える歩兵でも 護良親王出陣図では弓懸或いは手袋が有るが 親王が打物を使用する際に 後方から弓で援護していた可能性は有るのかだが ハーフソード用では無いが敵の刃を掴むのに利用された可能性は有るのかだが
02-27 12:30

https://t.co/6K7hlkeIGY 後三年合戦絵巻に 右手だけに弓懸が有る様に見える例も有るが 此れさえ書かれない例も多いのかだが
02-27 12:44

https://t.co/AYot49Z777 左に弓懸が有る例も後三年合戦絵巻に書かれるが 此れはハーフソードの為では無いと言う事だろうか https://t.co/boNGvr6oWt その隣に右だけに弓懸が有る例も書かれるし 此れは書き分けがされていると言う事なのかだが
02-27 12:51

https://t.co/eHDT7MdMy1 春日権現験記絵の左の場面では 弓懸の装備率が高いが 装備していない物も書かれる様に見えるが 歩兵での装備例は無いだろうか
02-27 13:38

重いツヴァイハンダーで装甲の余り無いパイク兵を斬った後 ハーフソード等すれば 素手では血で手が滑る危険も有るだろうし カッツバルゲル等でもどうなのかだが
02-27 14:38

西欧のポールアーム類は血止め玉も無く 房飾りも完備されないだろうし 歩兵は素手が多いなら 敵の血で滑る例は多かったのかどうかだが 柄はややざらついた仕上げでは有る訳だろうか
02-27 14:46

ポールアクスなら鍔が有る物は血は幾らかは止まり 騎士に手袋も有るだろうが 刀剣類も柄巻も無く 鍔も棒状なら血が下に落ちて 手袋の無い歩兵では滑る危険は無いのかだが
02-27 14:52

日本の薙刀も古い物は鍔が無く 蛭巻も無い物は滑らないのかだが 後には鍔に加え柄巻が装備される例も有るし 熊手には房飾りが有る例も有るだろが 金砕棒に柄巻は有るのかだが
02-27 14:58

足軽等の槍衾に下から潜り込んで 多人数の足を同時に斬ると言う様な物も有っただろうが 大長巻や大薙刀でさえ何処迄出来るのかだが 騎馬武者は鎖の佩楯でも有れば 其処で刃は止まるのかだが
02-27 16:01

ツヴァイハンダーを持つドッペルゾルドナーが 密集したパイク兵の下に潜り込んで 足を多数同時に斬ると言う様な例は有るのかだが ツヴァイハンダーは非常に薄いと言うから 果たして何処迄出来るのかだが 下に潜り込んでも後列の槍でやられる危険が高いのかだが
02-27 16:04

板金鎧的な胴なら 西欧兜を模した桃型兜が九州に1550年台に有ると言うなら 九州に海戦用の西欧鎧を模した物が同年代に有る可能性も有るだろうが 胸板・脇板形状は古い物と言う事なのかだが https://t.co/Wnc3sjyttM 左の龍造寺隆信の板金的胴の胸板形状は余り古くは無いと言う事だろうか https://t.co/iEk81cCE1I
02-27 19:04

https://t.co/wr1hypSTSG 左の様な欧の海戦用甲冑の影響で 胸板・脇板形状は何処迄変化したのかだが
02-27 19:25

https://t.co/aNic1uHne0 6匁も無い様な頬当式火縄銃でもそれなりに反動は有るが https://t.co/VGn2NvdoRX ストックの有る緩発式マスケットに比べて反動はやや大きく成っているのかどうかだが 銃身精度と瞬発性の方が精度には影響は出るのかだが
02-27 20:18

https://t.co/LGlQ0tDI7a 左の射撃では反動は余り感じないが こうしたクレー射撃の様な高速移動目標を撃つ事は 近距離の白兵戦時にも行われる日本の射撃では意味は有るのかだが
02-27 21:17

洛中洛外図に有る背中に紐で固定する受筒も https://t.co/4eVD8YOH3Q 左の板ガッタリと言う物なら 帯は利用してないと言う事だろうか
02-27 22:37

闘技場で敗れた者(モンスター等含む)がその場で勝者に八つ裂きにされ 勝者が客席にその肉片を放り込み VIPを含めた客(モンスター的な者を含む)がそれをその場で食べると言う様な物も有ったかも知れぬが 果たして何だっただろうか
02-27 23:31

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10357-45e72ebf