FC2ブログ

Category

2019.10

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

02/18のツイートまとめ 

boukenkyuu

欧州の商船が自衛用に装備している海戦用甲冑が 中国製の可能性も有るのかだが 仮にそうだとしても欧州以外の様式が入っている可能性は有るのかどうかだが https://t.co/1qSQzdWaWF
02-18 11:50

https://t.co/wbdmH66RGD https://t.co/yJFQczlzbX 明の兜も頂部はやや尖るが 桃形兜に似た様な物は有るのかだが https://t.co/lE71Nin0HS 家康や榊原康政の具足に使われたオランダのリーフデ号の鎧兜は 中国様式は入らないと言う事なのかだが
02-18 12:01

https://t.co/YDCofwn4LY https://t.co/LzSa2WN9dX モンゴルや清の中央に線の入る兜は 桃型兜に何か似ていなくも無いが 果たしてこうした物を参考として桃型兜は作られたのかだが
02-18 12:07

https://t.co/gVyojlfNf4 左の様な16世紀前期には有るバーゴネットを参考とした可能性も有るだろうが 商船の自衛用に積まれた形式なのかだが https://t.co/Kc2RkT2pth 雑賀兜の頂部の棘の様な物は https://t.co/WXhOtpWDpV 左の様な物を参考としたのかだが 此れも海戦用には有るのかだが
02-18 12:39

鎌倉期の20cm等の短刀と 太刀の二刀流等は敵に包囲されていたとしても使われたのかだが そう言う状況では平家物語の平教経の様に 薙刀と刀の二刀流が使われたと言う可能性も 薙刀が得られる状況なら有り得たと言う事なのかだが
02-18 12:51

新田義貞の様に通常の太刀を2本携帯して 敵に包囲された状況で此れを二刀流で使用すると言う例は鎌倉期には有ったのかだが 新田義貞の場合は矢を落とす為の使用だっただろうか 南北朝期の刃長30cm超の寸伸び短刀なら 此れと刀の二刀流も利用されたのかだが
02-18 12:53

https://t.co/KCCObSCBJR 南北朝期なら左の長山遠江守の様に 大太刀が二本携行される事も有るが 実際にこうした形で携行されたのかだが 包囲された状況で大鉞・大太刀の二刀流をしては 先端の重い大鉞の片手持ちは反応性が悪いから 大太刀二本で二刀流を考えた可能性も有るのかだが
02-18 13:01

長山遠江守の大鉞の全長はどの程度なのかだが https://t.co/glNnl9DAYC 左の春日権現験記絵の物の様な物なら https://t.co/BGWLolVypU 刃長が此れより巨大な24cmも有るなら 二刀流時の片手での取り回しは反応が悪過ぎると見て 大太刀の二刀流を選択したと言う事なのかだが
02-18 13:12

https://t.co/sTJQcy4P2G 大太刀二本の同時操作は 真柄直隆が実戦では無いが行っているが 実戦でも包囲された際には 使用していた可能性も有るのかだが 平家物語で平教経が大太刀と大薙刀の二刀流をしているなら 腕力が有れば別段無理では無いのかだが
02-18 13:18

https://t.co/RwAAZd64x9 左の南北朝期の高師直の肖像画の短刀は 寸伸び短刀では無いと言う事なのかだが https://t.co/sGBPjVefr1 左の原本は南北朝期の物かも知れぬ足利尊氏像ではやや長いが
02-18 13:29

https://t.co/aDYIYjVTm8 https://t.co/i6TzmFrXeX 後三年合戦絵巻でも 然程長い短刀は無い様に見えるが https://t.co/8sTXuoyRcU 長い打刀と太刀の同時装備は 15世紀中期の十二類合戦絵巻が初なのかだが
02-18 13:38

https://t.co/eQjpsFboOc 結城合戦絵巻では短刀は然程長くは無いが https://t.co/lXEUh9aTqj https://t.co/I51ezvc0oj 1510年には成立の日蓮聖人註画賛では 長い打刀或いは脇差を太刀と同時に装備している様に見える描写も有るが
02-18 13:43

https://t.co/ZXCRcSXCdy 1517年成立の清水寺縁起絵巻の騎馬武者は 脇差或いは打刀を装備しているのかだが 1524年成立の真如堂縁起絵巻では https://t.co/BXnJp6Zv3P 右下の兵は太刀と打刀或いは脇差を同時装備しているのかだが
02-18 13:48

https://t.co/wxp73jBh3i 1525年頃成立の洛中洛外図・歴博甲本でも太刀と長く見える打刀或いは脇差の 同時装備らしき物は有るだろうか
02-18 13:54

https://t.co/m9nCINANFp https://t.co/AlzAnwuQsV 原本は1545年には成立の洛中洛外図・東博模本でも長い打刀或いは脇差と太刀の同時装備らしき物が見られるが 模本で改変された可能性は有るのかだが
02-18 14:09

戦国時代初期に打刀・脇差装備の雑魚歩兵が 騎馬武者に成り上がる事が多く成ったから 打刀・脇差と太刀の同時装備が増えたと言う様な意見も有ったかも知れぬが 戦国期の大規模な徒の乱戦で包囲された際の 太刀と長い打刀・脇差での二刀流を考慮しての物の可能性も有るのかだが
02-18 14:24

https://t.co/hdETZ2MqdX >脇差は一尺五・六寸から八寸位のものが多く、刀と同じように力強い造り込みになります。  最低でも45cm程度なら 組討で使うには長過ぎると言う事は無いのかだが https://t.co/m5qF3YXhUx 本多忠勝の肖像画の様に短刀も組討用に携帯している例も有るのかどうかだが
02-18 14:33

>この時代に作られた打刀は、抜きやすく片手で振るのに適した、二尺一、二寸の短い片手打ちと呼ばれる刀が主流になります。  とは言え肖像画等を見る限り 騎馬武者は両手で使う太刀と脇差或いは 長い脇差或いは片手打打刀と 短刀を装備していたと言う事なのかどうかだが
02-18 14:35

>短刀にしては異常に茎が長いですが、これは懐に隠し持つ場合はかさばる拵(こしらえ)は付けられないので、茎に手拭いを巻くだけでも使えるよう、考えられた造りなのです。  こうした物が具足の内部に迄装備される例は有るのかどうかだが
02-18 14:38

>甲冑が進化すると、武器である刀もその姿が変化します。頑丈な甲冑に対抗するため、これまでの片手打ちに適した短かった刃長が、二尺三寸から五寸ほどと長寸になり、身幅が広くなり、切先も延びます。  とは言え当世具足の軽装化された手足なら 脇差でさえ可成りダメージを受ける様に見えるが
02-18 14:46

長柄槍で敵をアウトレンジすると言う発想が足軽の刀にも適用されて 長さが伸びたと言う可能性も有るのかだが
02-18 14:59

https://t.co/ihK0vlKUxv >腰刀の刃長も伸びて二尺以上もある腰刀が現れます。  こうした物は未だ 後三年合戦絵巻には書かれていないと言う事だろうし 南北朝期では何処迄使われたのかだが 増えた攻城戦時の下馬戦闘時の乱戦で 太刀とこうした物の二刀流は使われたのかどうかだが
02-18 16:35

https://t.co/BMVGkZUx2D >太刀ひとつ持たるよりも、二つ持て能所、大勢を一人して戦時、又とり籠りものなどのときに、能事あり。 このとり籠もりものと言うのは 家屋内に籠もる者なのかだが
02-18 17:17

入り口の狭い家屋に踏み込む際は 下の絵の様に入り口の側面の壁に潜む敵に左右から同時に攻撃され得るから こうした攻撃に対処する為に二刀を使用すると言う事なのかだが https://t.co/5LaDX9bVc0
02-18 17:25

後は屋内の物陰等からの 突然の奇襲に対しては 既に他の敵と戦闘中であれば 二刀での対処は役には立つのかだが
02-18 17:27

城や館等の割に大きな門でも 絵の様に端の付近では同時複数の敵に対処せねば成らぬかも知れぬし この場所での二刀は有用なのかだが やや後退して敵を逆の状況に引き込むと言う手も有るだろうが 敵が出て来るとは限らぬと言う事なのかだが https://t.co/zhW2nOPIOr
02-18 17:39

大阪夏の陣図に https://t.co/l2pc9uRcnQ https://t.co/O8kzLjYFu9 刀と槍・薙刀を同時に手に持つ兵が複数書かれるが 攻城戦時に門を守る敵が槍を使用した場合 門の両端では同時複数の敵に対処する必要が有るなら 刀と槍・薙刀の二刀流で此れに対処した可能性も有るのかだが
02-18 18:00

上の大阪夏の陣図では野戦で敵に包囲された際に 平家物語の船上での平教経の様に 刀と薙刀或いは槍の二刀流をしていると言う可能性も有るのかだが
02-18 18:03

https://t.co/nqdJO676Al 西欧ではテルシオのパイク兵が騎兵突撃を阻止する際に 刀でも対処する為か二刀流的な事をしているが こんな槍の持ち方で体重700kgの馬を阻止出来るのかどうかだが
02-18 18:06

トルコ軍の体重450kg程度迄のペルシャ馬や スウェーデンの蒙古馬より体重の軽い様な馬の突撃なら 片手持ちの槍でも阻止出来たと言う事なのかだが
02-18 18:10

雑賀や九州の兜は兎も角 鎧は西欧の板金鎧的な物が最初期に出て来たと言う証明は 今の所無いと言う事なのかだが
02-18 18:14

https://t.co/qxWhsTQBEp 左の龍造寺隆信の胴は板金的だが 果たして1584年迄の物なのかどうかだが
02-18 18:18

https://t.co/dFvoUuXBW6 https://t.co/0kGNu2NJdo 左の雑賀孫市の鎧もそう古い物では無く 板金的でも無いと言う事だろうか
02-18 18:30

ポワティエで仏軍の背後を奇襲攻撃した英の騎士の中に 乗馬してロングボウを使う者は居たのかだが 他の戦場ではそうした事は何処迄していたのかだが
02-18 19:45

薔薇戦争でロングボウを装備した騎士同士が 乗馬戦闘した例は多いのかどうかだが
02-18 19:49

スペインやイタリア辺りなら クロスボウでは無く強化短弓を使用している騎士も居そうな物だが 果たしてどうなのかだが
02-18 20:06

Racinet Medieval couple detail https://t.co/7QCkIwnmtk こう言うハートに矢が刺さった紋章は https://t.co/JYHu5IN6MI 左の物しか見ないが 他に有るのかどうかだが
02-18 20:17

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10348-64f48005