FC2ブログ

Category

2019.10

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

02/06のツイートまとめ 

boukenkyuu

鉄製伊予札なら所謂金胴的な要素も 追加されている可能性も有るのかだが 鉄だから弓を防ぐ為の厚みが必要と見た可能性も有るのかだが https://t.co/2hxZPMBNAK
02-06 11:23

胴丸も大鎧と重量は大差無く共 草摺の分割数が多い故に下馬戦闘時の機動性は大鎧より上と言う事だろうが 乗馬戦闘の比率が更に下がるに従い 軽量化されたと言う事なのかだが https://t.co/Ujkq5CXIyr
02-06 11:31

https://t.co/EV6GQewwyz 大鎧等の障子板なら上からの首側面への槍の突きは防護出来るかも知れぬし https://t.co/FK8EesUAsa 南九州の胴丸では室町期にも障子板が有るが 他地域ではどうなのかだが
02-06 11:45

https://t.co/XCN6z5O9hw とは言え室町期の笠シコロでは障子板が有れ 頭部の側面が露出するし ここを突かれる危険は有るだろうが 下ジコロが有る様な時代では障子板は有るのかどうかだが 下ジコロや首の曲輪程度では 槍の突きをまともに受ければやられると言う事かも知れぬが
02-06 12:00

南北朝期でも首の正面は隙間が有るだろうが https://t.co/U0dJyFqjTM こう言う曲輪が出て来たのは16世紀なのかだが 面頬に垂が付いたのは 天正期以降と有るが https://t.co/Je1Qi1SZog 秋夜長絵巻に書かれる面頬の垂は 天正記以前の物の可能性も高いのかだが
02-06 12:15

https://t.co/rA6UXRpqCB 左の様な曲輪では https://t.co/1GLFU6ACZB 左に有る様な1mm厚程度の鉄を大きく凹ませる様な槍の突きを 止めるのは困難と言う事なのかだが
02-06 12:33

https://t.co/3vVMPBtCu3 西欧でも14世紀のバシネットでは 首への剣や槍の突きに対抗出来る構造では無いだろうが https://t.co/euNhBQ99uq https://t.co/P4ZGYNxOU4 15世紀以降は一部を除いて 前・側面は基本的に保護されると言う事だろうか
02-06 12:58

https://t.co/zleDKHIBU9 ゴシック鎧の頬当は左の様に固定式では無い物も幾らか有るのかだが これは剣や槍の衝撃を防ぐのは困難かも知れぬが https://t.co/9xkyTUzDKi 左を見ると金具で固定される物も多い様に見えるが 比率はどうなのかだが
02-06 13:33

https://t.co/YjxWklES5R 15世紀後期のイタリア式鎧の首部は基本的に固定されないだろうが 首に密着している訳では無いだろうが 剣や槍を受ければ首に可成り衝撃は受けないのかだが 槍トーナメント鎧では首鎧は固定式が多いだろうか
02-06 13:48

https://t.co/oGr58dMBhJ 15世紀中期のサンロマーノの戦いの絵のイタリア式兜は 首後部はゴシック鎧同様に隙間が有るが このタイプは首部は固定式では無いと言う事だっただろうか
02-06 14:09

https://t.co/g8YE5WXLm0 サンロマーノの戦いの絵の場合は 右肩側の隙間が大きい筈のイタリア式甲冑で 右側を前にして剣を振るっているが 此れは現実には無い可能性は有るのかだが
02-06 14:40

とは言え片手剣で左側を前にしてはリーチが可成り短く成るだろうし 右側を前にして使われる長いロングソード+軽量なゴシック鎧でアウトレンジされて やられる危険も有るのかだが
02-06 14:44

スペースの無い戦場ならイタリア式鎧+片手剣を持つ側がハーフソードに持ち込んで 此れに慣れる側が勝てる可能性は有るのかどうかだが ランス同士の戦いでは防御力の高いイタリア式鎧の方が 有利なのかどうかだが
02-06 14:56

Medieval Crossbows vs. Breastplate and Lamellar Armor https://t.co/cmn96vFe23 ラメラー鎧も矢の衝撃で縅糸が切れる例が 日本の物も含め多いが ブリガンダインや綿襖甲ではこうした事は無いだろうが 衝撃を吸収し難いのかだが
02-06 23:30

ニードルボドキン的な矢ならギャンべゾンは確かに抜けているが 数は有るのかどうかだが
02-06 23:37

上のラメラー鎧もステンレスで0.8mm(20ゲージ)なら雑魚兵士の1.4mm等の鉄伊予札の鎧と 同程度の防御力は有るかも知れぬが 6mmの革札が加わわったとしても縅糸の切断は避けられないと言う事なのかだが
02-06 23:48

ギャンベゾンが無いなら革札で衝撃を吸収しつつ 出来れば腹にもスペースが欲しいと言う事なのかだが 大袖もスペースの無い胸上部の衝撃吸収を狙う意味も有るのかだが
02-06 23:50

大鎧が想定している矢の威力も上の様な350ポンド(160kg等)は無く 騎馬武者で50kgかそれ以下 雑魚兵はそれ以下と言う事なのかだが
02-06 23:57

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10336-029f16a0