FC2ブログ

Category

2019.11

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

01/29のツイートまとめ 

boukenkyuu

一定の割合で発生する身体障害や奇形は人類の進化に重要な役割を果たしていた可能性(英研究) https://t.co/7v91HBfp2J >このような障害者の子孫が生まれる確率が高い状況では、”最適”な個体とは、必ずしも”最高”の遺伝子を持った個体ではなく、障害と生きる子孫を助けることができる個体だ。
01-29 11:17

とは言え現実には可成りのそうした個体が見捨てられ 一部の生き残った者が進化したと言う事なのかだが
01-29 11:19

https://t.co/FuRNEw3y3I >水泳を続けていると、人間のある部分が小さくなるってご存知でした???実は耳の穴が小さくなるんです。  >ソウルオリンピック100M背泳ぎ金メダリストの鈴木大地さん。手の指と指の間に水かきがあります。
01-29 11:24

半水棲宇宙人も 手に大型の水かき程度は有るのかだが 足はどうなのかだが
01-29 11:25

人類の顔は殴り合いにより進化していった(米研究) https://t.co/AvCz1E8h66 >「ヒトの祖先が現代人のように殴り合いの喧嘩をしたとは考え難く、争うときには手と同じくらい歯が使われたはずで、争いの為に拳が作られていたとは考えにくい」
01-29 11:36

拳では無く 棍棒を防ぐ為 頭部が進化した可能性は有るのかだが 棍棒を使う様に成った後は 手で殴る比率も増え 拳も進化した可能性は有るのかだが
01-29 11:37

https://t.co/ljZSbMQwBb >この二人の者と一匹は闇夜になれば、帽子兜(眉庇のない兜)と言う粗末な兜をかぶり、 鎖帷子を着て足軽に扮して出かけたりします。またある時には大鎧を着けて七物(武士の持つ七種の武器)を携えることもあります。
01-29 12:17

忍者の鎖帷子と忍甲冑の使い分けの様な事が 太平記時代に行われていたと言う事なのかだが 大鎧も音は余り発さないと言う事だっただろうか
01-29 12:18

>この犬を案内に立たせて塀を乗り越え、城の中に突入し、喚き騒ぎ立てて好き勝手に斬りまわると、数千の敵軍は驚き騒ぐばかりで、城が落とされないことなどありません。  30kgもの大鎧を装備して こうした事はやり難いから鎖を装備したのかだが
01-29 12:25

戦国期には帽子兜は有るのかだが 同時期の忍者には秋夜長絵巻や清水寺縁起絵巻等に有る軽装の兜が装備された可能性は有るのかだが こうした物が消えた後はシコロの短い頭形兜等が利用された可能性は有るのかだが
01-29 12:33

https://t.co/ljZSbMQwBb >またある時には大鎧を着けて七物(武士の持つ七種の武器)を携えることもあります。  この七物と言うのは騎馬武者が使用する 弓 刀 薙刀 金砕棒 鉞 熊手 槍辺りなのかだが 薙鎌や袖絡は無いと言う事なのかだが
01-29 13:49

手突矢や打根は弓に入るのかだが
01-29 13:52

https://t.co/RFH80supcX 左の槍の鍵下部の突起物は 敵を掛けるのには役に立つのかだが
01-29 13:59

https://t.co/1a10Sj5vB2 こうした長いギザームの鍵は ピックとしての機能は有るのかだが  https://t.co/BfeyPTiTjb 左の曲がった物はピックとしての機能は無く 敵を掛ける能力を増したと言う事なのかだが
01-29 14:26

https://t.co/R5enljGF7r 真の満字鍵と言うのは 敵を掛けられる範囲を大きくする意図が有るのかだが 槍の打撃は兎も角 突きは防げないと言う事だろうか
01-29 15:24

https://t.co/mqIwPzZt3I 此れは 左の物なのかだが https://t.co/dlQo5NOg73
01-29 18:15

陣羽織は肩章の様な物が有る様にも見えるが 17世紀の物なのかだが
01-29 18:16

https://t.co/zNDbC2gSzc こうした銀の籠手も見ないが 島原の乱以前には有るのかだが
01-29 18:22

https://t.co/xXrakTAwyf 左の松平忠吉の籠手は 銀が入ると言う事なのかだが
01-29 18:26

https://t.co/dGQdbUSnBX 左の具足の脇板や巨大な龍紋も古い形式であるから 此れに有る板袖も古い時代に有ったと言う事なのかだが
01-29 18:36

https://t.co/cSwQ5ipIeK 左の前田利家の 1576年迄の物かも知れぬ具足の袖は 板袖の様に見えるし 西欧兜の影響で桃形兜が作成されたかも知れぬ1550年台にも 西欧の板金鎧を参考として此れは作られていたのかだが
01-29 18:45

日本に早期に輸入された 西欧の海戦用鎧の板金の肩甲は https://t.co/J02NPqpEvA 左の様に無い可能性も有るし 板金の胴を模して日本独自に作られた物かも知れぬが
01-29 18:51

https://t.co/Icd4lI0pAN 1603年のレパントの戦いの絵では 西欧軍は指揮官以外は兜+胸甲以外鎧は無い様に見えるし 指揮官クラスの者の鎧は商船には無いと言う事かも知れぬが
01-29 19:00

6「不適切な湿潤療法による被害 いわゆる“ラップ療法”の功罪」 https://t.co/xY2cUvQcJ2 こうした判断の出来ぬ素人は基本的に傷は消毒後乾かし 通常絆創膏を貼るのが良いのかだが 水が出てこなく成った傷には 水絆創膏も有用なのかだが
01-29 19:59

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10328-d2e743ed