FC2ブログ

Category

2019.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

01/27のツイートまとめ 

boukenkyuu

阿古蛇形兜も薄い板を膨らませ 技と凹み易くする事で 首等への衝撃を吸収する事も考えていたのかだが https://t.co/fWHBJnDtF5 左の鉄棒で殴られた毛利高政の桃形兜は防弾は考えているのかだが 桃形兜は薄い物が多いと言うから これも薄く 凹んで首への衝撃は止まった可能性も有るのかだが
01-27 13:20

https://t.co/H6zCPSqInw 極度に膨らんだ室町ー桃山の阿古蛇鉢も有るが 防御力を考慮しての物なのかだが
01-27 14:33

尖った蒙古鉢も古墳時代日本には有るが 実戦で恐らく多い斜め上や横からの斬撃は受け流せず 首が衝撃でやられる危険が有るから廃れたと言う可能性は有るのかだが
01-27 14:44

首がやられず共頂部を斜め上や横の斬撃等で引っ掛けられて 体勢を崩されている内にやられる例も 多かった可能性も有るのかだが
01-27 14:50

https://t.co/p0vt36HdkH 蒙古鉢でも上が余り尖らぬ物も有るが 比率はどうなのかだが
01-27 14:52

https://t.co/tyDM0LTFHl >雨に濡れると重くなり、動きにくくなる。乾燥地帯向きの甲ですね。  日本の場合綿襖甲に似た物は 革包胴が主体かも知れぬが 水は何処迄吸収するのかだが 絹や麻の縅糸の重量増加はどうなのかだが 素掛縅ならそれ程でも無いのかだが
01-27 14:59

コートオブプレートのベルベットや 内部のギャンべゾンに水が入り込み 重量増を招いた例は有るのかだが 下馬戦闘で無ければ 水に濡れて防御力が増すメリットを受けたのかだが 縅糸もそうなのかだが
01-27 15:02

https://t.co/oeZNyksB6j https://t.co/x8r96MICZ1 倭寇図巻等での 明歩兵の大量の鎌の様な武器の装備は 尖った蒙古鉢を掛ける為の物の可能性も有るのかだが
01-27 15:39

アレクサンダー大王や信長の様な者が ミームで一番重要視されている可能性は有るのかだが こうした者を神の様な者自身がキリストの様に 自ら演じている可能性と言うのは有るのかどうかだが
01-27 15:42

FSSのアマテラスの様に 実は現実の宇宙で誰かを演じているが アレクサンダー大王の様な役割は負わないと言う可能性も有るのかだが
01-27 15:45

タイブレークは高校生のためになるか…今春センバツから導入  https://t.co/f7cQkgDZaC >やっぱり体調が悪い、肘や肩が痛いというのであれば、監督が無理をさせなければいいだけの話  こうした事が確実に出来ぬリスクが有るから 導入されると言う面は無いのかどうかだが
01-27 15:51

辣腕代理人ボラス氏が怒るワケ「野球に対する冒涜」 https://t.co/Trd0LwSdv6 >ここ最近のメジャーには勝つよりも、ドラフト全体1位の指名権を欲しがる球団があるように見えてしまう   金が無く優勝を狙えない様な球団が 人気や金を得る為にドラフト一位選手を求めていると言う事なのかだが
01-27 16:02

https://t.co/CiA2CfuZVu 清の兜のこう言う頂部の軸も 鎌で掛けられていたのかだが 無い例も多いが https://t.co/3WCghwCclx 明騎兵の兜は余り尖らないが 頂部に軸の様な物が有るから 此処を日本の鍵槍で掛けられていた可能性は有るのかだが
01-27 16:12

https://t.co/J31LCzo8tb https://t.co/4W9Hx3BDKT 左のモンゴル式兜の場合は 額が妙に出ているが https://t.co/YlzmZiGgqAカバーされている物も有る訳だろうか https://t.co/3WCghwCclx 明の兜では額がカバーされる物は有るのかだが
01-27 16:47

https://t.co/jVVspdgRUX 左の兜は額が割に出ているが https://t.co/3LEclv0NSE 左はカバーされているだろうか
01-27 16:55

騎馬民族が得意な シミターの馬の速度を生かして横に斬り抜けると言う様な攻撃を受ければ こうした尖った兜は引っ掛かって首がやられる危険は無いのかだが
01-27 18:22

止まってシミターを切り下ろす場合でも 半身に構えている相手に 真上から切り下ろす様な 命中率の低い攻撃は何処迄するのかだが 打撃武器でも同様なのかだが
01-27 19:12

雑兵物語に有る様な足軽の至近距離での射撃は 甲冑相手には有用では無いと言う事なのかだが 満州弓の長い矢羽根は近距離の的に対して こうした揺れを無くす為の物だっただろうか https://t.co/7x2dnXhhic
01-27 20:23

https://t.co/Fhs4toi9CJ とは言え10mでも兜や鎧を貫く威力は 20kgの弓でも有ると言う事だろうか
01-27 20:27

https://t.co/zb6Ou4uAca >大鎧の前後の発手のピッチと鞍の前輪、後輪のピッチが合っていないとのりません。 これは乗る可能性も有るのかも知れぬし 戦闘時の立ち透かしは短時間と言う事は無いのかだが https://t.co/9GlxxbLizd
01-27 20:35

三叉槍の枝の突きが尖った兜に掛かり 体勢が崩されたり落馬する危険も有るかも知れぬが 三叉槍登場は明時代以降であり 清の兵は此れを用いたのかどうかだが
01-27 22:53

頭形兜に革や紙が被された烏帽子形等の 上に長い変わり兜が馬の速度を利用したシミターを受けた場合 烏帽子部分は上手く切断され首がやられる危険は無いと言う事は有るのかだが 革では流石に衝撃を受ける危険は無いのかだが 立物も紙や真鍮・木の薄い物では容易に曲がる或いは切断されるのかだが
01-27 23:23

立物を鍵槍で掛け落馬させると言うのも 基本的に太い木の物や本物の鹿等の角を使用する物でも無い限り・基部の鉄の部分以外は困難なのかだが やや体勢を崩したり拘束する事は可能なのかだが 頭立や脇立の基部の鉄芯は掛けられ易いと言う事は無いのかだが
01-27 23:39

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10326-03049386