FC2ブログ

Category

2019.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

01/23のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/I8Zvtrbb3z 左の様な形で矢を防御する為なのかだが https://t.co/V6bC2AwmW8 左では頭部側面を二重とする効果は無い様に見えるが https://t.co/DtV0zGjhuW 左の平治物語絵巻や https://t.co/z6Tin0m7pe 左の大鎧ではシコロはやや後ろを向いているから 頭の側面は守れるのかだが https://t.co/gk0YtQpJQw
01-23 12:14

https://t.co/k26WfIPX7x https://t.co/Y9wduStRk8  左程度の吹返の傾斜でも 相手に対する時の頭部側面は 吹返でカバー出来 吹返でカバー出来ないシコロの後部への射撃は敵に対し角度が浅く 貫通し難いなら 十分守れるのかだが
01-23 12:43

https://t.co/AjVGqpwd8t 南北朝期の傘シコロだと 斬撃の防護も考慮しているのかだが 大太刀や薙刀等の重量武器をまともに受ければ 厳しいと言う事は無いのかだが https://t.co/I6tw3MPxOr 平治物語絵巻に 吹返が斬られる場面も有るが 革札とは言えそう簡単に切断出来るのかだが
01-23 13:00

吹返が(恐らく弓に対応して)可動式の当世兜が有るから 当世兜の小型のシコロでさえ弓を強く引く時は弦が干渉したと言う事なのかだが https://t.co/e4CjilVuP7 吹返の無い帽子兜を被る 弓を引く室町期の騎兵等も書かれるが 此れは弓を強く引く為では無いと言う事なのかだが https://t.co/DA4LN2kcgg
01-23 13:16

現代なら臓器提供をする為の死や 薬物を作る為の生体実験での死等も 自己犠牲として正当化され得るのかだが その様な事をして死んだ右派等は居るのかどうかだが
01-23 14:00

吹返では赤い軌道で射撃された矢が止まり 青い軌道の矢は頭部や首の無い部分に 刺さると言う事だろうか https://t.co/K4GXci2Amo
01-23 14:14

https://t.co/blqUtIoKXI 西欧の騎馬弓兵のサレット等のシコロや頬当ならこの角度で矢が当たっても 弾かれると言う事かも知れぬが 打物の防御力はどうなのかだが
01-23 15:11

上の様なサレットが出た1450年代では日本の兜は下馬戦闘対応の為に シコロ・吹返は小型化し 打物は兎も角矢を防ぐ事は余り考慮していないのかだが
01-23 15:19

https://t.co/8KECZD8zEU 英の騎馬弓兵もクレシー時点では左の様な兜だろうが ニードルボドキンでは無いと首の綿入れの有る鎖は 貫通出来ないと言う事だろうか
01-23 15:35

German knights 14th century https://t.co/PY9bJ7iGj2 右のコートオブプレートは 鉄が露出しているが https://t.co/HwWObs0Kbf 左の様に布が被せられる構造の可能性は無いのかだが
01-23 16:04

https://t.co/8tWoJpUUPx 左のコートオブプレートは 板金は露出していない可能性も有るのかだが
01-23 16:07

https://t.co/0uEywOpKcZ >日立金属は、たたらで生産された鋼は、酸化物系の不純物を含んでいるが、この不純物が鋼を粘り強くしたり、融剤無しで鍛接できる・・・と日刀保たたらの説明をしています。  この酸化物と言うのは 酸化チタンが多いのかだが
01-23 17:19

https://t.co/KFPT46FlJp >二酸化チタンや、酸化バナジュウムは少し鉄の中に残って 良い効果を与えるかもしれません。  二酸化チタンや酸化パナジウムが 刀の粘りを何処迄強くするのかだが
01-23 17:21

https://t.co/KNPHNciPcy >ところが、この酸化物系介在物は、一般の鋼の介在物と比較すると非常に軟らかく、伸び易い性質があり、折り返し鍛錬によって微細に分散して無害化というよりも、かえって日本刀を粘り強くしたり、微妙に綺麗な肌模様を形成したり、砥ぎ性を高める性質を付与します。
01-23 17:28

>つまり、一般の鋼の非金属介在物は悪玉ですが、和鋼に多く散在する非金属介在物は、折り返し鍛錬によって地質を生きかえらす善玉の介在物なのです。  と有るが 比率はどの程度迄が良いのかだが
01-23 17:38

https://t.co/FdXnYgrH4c >鋼にバナジウムを0.1%程度添加すると、炭素と結合して結晶粒がより細かい金属構造になるため、靭性を損なわないで強度を増せる上、機械的性質や耐熱性なども向上する。伝説的なダマスカス鋼からも微量のバナジウムが確認されている。
01-23 17:59

ダマスカス鋼のバナジウムは酸化しているのかだが 靭性はどうなのかだが 和鋼には何処迄有るのかだが
01-23 18:01

Rezzo von Bächlingen (1350) https://t.co/q92nBSolH1 此れのコートオブプレートは日本の革包胴の様に 鋲止めでは無く縅糸で止められている可能性は有るのかだが 鋲が省略された物が書かれている可能性は無いのかだが
01-23 20:43

Humbert Corbeau (1298) https://t.co/XbHkkoQ1TS 大袖の様な物の有る13世紀の騎士も居るが 防御用では無く家紋を表現するための綿製なのかだが
01-23 21:19

板金兜でも緑色の様な角度で矢を受ければ ニードルボドキンなら貫通する危険も有るのかだが https://t.co/M7JyAfzB70
01-23 22:45

ニードルボドキンも数は無いと言うし 板金を貫通出来る訳でも無いなら 至近距離で鎖部分を狙撃出来る場合にしか 使わないと言う可能性は有るのかだが
01-23 23:23

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10322-8326fa93