FC2ブログ

Category

2019.11

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

01/17のツイートまとめ 

boukenkyuu

新宿歴史博物館に博物館の日本武具の図録は幾らかは有るが 私は未だ見た事は無いが 借りる事は出来ないが 一度行って見たがコピー代は通常図書館と同程度だっただろうか https://t.co/mzK4djX6JP コピー代は高いが国会図書館や https://t.co/b9gOoHVdTC 都立中央図書館等にも有るだろうか https://t.co/6jp7ZUTRsl
01-17 11:12

太平記に足軽用らしき鎖帷子は出て来るが 鎌倉の籠手に鎖が(南蛮鎖でさえ)有る以上は 鎖帷子も有った可能性は有るのかだが 籠手の様な鉄片+鎖と言う畳具足の様な物は有ったのかどうかだが https://t.co/XruQ5GEqTB
01-17 11:23

胴右側の衝撃吸収力は継ぎ目が後方に有る腹巻・最上腹巻等が胴丸・最上胴丸より上かも知れぬし 右側を前で使う大太刀では右側の防御力は重要と言う事かも知れぬが 槍戦が増えた後は右側を前にする必要も刀を使う場合以外無いから 胴丸が多く成ったのかだが https://t.co/VOshBuyhjq
01-17 11:29

https://t.co/sf0NzXiH0v https://t.co/J4ij79p91U 左を見る限り最上胴丸・最上腹巻の右側の衝撃吸収力の差は何処迄有るのかだが 通常の胴丸や腹巻では 脇板部分の差しかほぼ無いのかだが 脇板直下の小札も固定性は高いのでは無いのかだが
01-17 11:52

https://t.co/HhngN6fvIV 大阪夏の陣図にこうした恐らく鳥毛の指物が有るが ポーランドのフサリアとは無関係なのかだが https://t.co/mDhQycCtyM 黒い物や https://t.co/5z1MbMtmzJ 三本の物も有るのかだが
01-17 12:17

1605年のキルホルムの戦いのフサリアの活躍が オランダ等から文献で入り 大阪陣でフサリアの翼に似た指物が作成されたと言う可能性は有るのかだが https://t.co/wPaqH7jFjL キルホルム時点ではフサリアの羽根は 1本だろうが 指物では此れを2-3本等に増やしたと言う可能性も有るのかだが
01-17 12:30

日本の先の鋭く無い鏃は南蛮鎖を貫けないと言う意見も有るが 南蛮鎖は鎌倉期の籠手にも有るから 此れを用いた鎖帷子が足軽用でさえ有る可能性も有るなら 果たして此れの貫通を考慮していないのかどうかだが 釘状の鏃も有るが此れは南蛮鎖貫通を考慮した物なのかだが
01-17 12:34

太平記で恐らく騎馬武者が鎧の下に鎖を着ていると言う描写も有るし 此れが南蛮鎖製であるなら 此れの貫通は考慮していた可能性は無いのかどうかだが
01-17 12:36

https://t.co/i8ELHO0ghu >ここに妙観院の因幡竪者全村という、三塔名誉の悪僧がいました。鎖の上に大荒目の鎧を重ねて、  因幡堅者全村は足軽では無いだろうし 騎馬武者クラスの者が鎧の下に鎖を着ている例も有ると言う事だろうが 南蛮鎖は果たして着ていたのかだが
01-17 12:41

https://t.co/Fhs4toi9CJ (抜き出ているのが断面四角の重い鏃、胴) これは割に尖った鏃だろうが 南蛮鎖を貫けるのかどうかだが
01-17 13:14

Shot on a chain mail, chain cover - Schuss auf eine Kettenhaube, Ketten... https://t.co/eKpg8qO65B 尖った鏃ならクロスボウも鎖を貫通するが これ程尖らない鏃も多いかも知れぬが
01-17 13:30

Warbow vs Padded Gambeson https://t.co/tHwrmSubkn ロングボウのボドキンでさえギャンベゾンが貫通出来ないと言う事なのかだが 鎧の脇部には鎖の下に通気性を考慮して綿は無い例も有るだろうが 銃の時代の物かも知れぬが 厚い綿入れは足の下には有るのかどうかだが
01-17 13:48

https://t.co/zVayWSa79Z 左の細いニードルボドキンならギャンベゾンを貫けると言う意見も有るが 此れは多用されていないと言う事なのかだが
01-17 13:53

https://t.co/4v5X5U1JEx 日本の左の釘形の鏃なら薄い板金鎧・鎖・綿入れを同時に貫けるのかだが ニードルボドキンより小さい様に見えるが https://t.co/diNHBWvftM 左の尖った長い鏃は刃長は5cmは有るだろうが 鋭さはどうなのかだが
01-17 14:01

https://t.co/hzFcU7gSnd ニードルボドキンならギャンベゾンも貫けると有るが 厚いプレートを貫通するのは困難と言う事なのかだが
01-17 14:05

歩兵もギャンベゾンは十字軍時代から可成り着ている者が多いし ニードルボドキン以外は実戦では 馬を倒す以外余り有効では無いのかだが 通常のボドキンも安いからギャンベゾンの無い部分への命中を期待して 歩兵や騎士自身相手にも近距離では足を狙う等して使われたのかだが
01-17 14:13

ref_arm_4151_001 Enter your pin description here. https://t.co/ph8NaIQS8U この14世紀後期辺りの鎧の腿後部には板金が有るが こうした絵も同時期に確かに有るが 当時の物なのかどうかだが
01-17 14:47

https://t.co/pBPjFbbs3g 此れはジャン2世がポールアクスで下馬戦闘している場面なのかだが 周囲の兵は下馬騎士でありランスで下馬戦闘している者も多いと言う事なのかだが
01-17 14:56

よく見ると両刃の斧を用いている恐らく下馬騎士が居るが 現実にこの様な物は14世紀に使われたのかだが
01-17 14:59

https://t.co/JrN6nIRA1M この扇の指物は背中に装備される物なのかだが https://t.co/a8rooy6Nf2 左の物と同様だが母衣は無いと言う事なのかだが
01-17 16:33

https://t.co/HzS508i01e  この大釘の立物は 頭立なのかだが
01-17 18:37

EDO PERIOD - An Eccentrically Shaped Helmet (Kawari Kabuto) and a Face Mask https://t.co/jT0VvJbRD0 此の兜はサイの角を果たして模しているのかだが
01-17 19:02

https://t.co/LWKI8CVgZo 左の毛利輝元の具足の袖は https://t.co/6tvEaS78ZE 左の様に後端も削られているのかだが こうした形式の物は他に有るのかだが
01-17 19:24

Kawari kabuto https://t.co/gHVOh5vYfY これは正面の視界は それなりに確保されていると言う事なのかだが
01-17 19:46

武士が暴れ馬を求めたと言う様な意見も有るが 此れは敵の馬或いは敵自身を攻撃する事を狙っていたと言う意見も有ったかも知れぬが 現実に攻撃はしていたのかだが
01-17 22:08

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10316-db592b86