FC2ブログ

Category

2019.11

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

01/16のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/X9tXhi2CDZ 大阪夏の陣図に有る左のやられている兵は 二刀流をしていたのかだが 右に脇差を逆手に持つと言う事をしているのかだが 現実には何処迄こうした構えは使われたのかだが
01-16 12:42

https://t.co/36ZAsbHK4c 日本のハーフソードの場合 左の様に刃の部分を掴む事は無いなら 柔軟性は西欧より無いと言う事なのかだが 剣で相手を掛ける技も無いと言う事なのかだが ソードレスリングの様な物も剣だけで戦う訳でも無いだろうか
01-16 12:59

16世紀中盤以降のフィールドアーマーでは胸甲や兜は非常に重いだろうから重心は上に成り 体勢を崩す事は大概の当世具足より容易なのかだが 騎馬武者が剣を掛けられてやられる可能性はどうなのかだが
01-16 13:03

https://t.co/mMCOWgMo97 此れは腿の内側に迄板金の有るゴシック鎧なのかだが https://t.co/k5uF1FrCu8 後部は左の様に 板金或いは鎖さえも無いのかだが 下馬戦闘を余り考慮しないイタリア鎧では鎖が有るのかだが
01-16 13:42

マクシミリアン鎧でも軽量化の為に 足の鎖は無い可能性も有るのかだが 他のフィールドアーマーではどうなのかだが 3/4鎧では恐らく無いと言う事なのかだが
01-16 13:44

相手を掛ける事を考慮している熊手や薙鎌・長柄鎖鎌・鎌槍・鍵槍・鍵薙刀の柄でも 敵を掛ける事を考慮した可能性は有るかも知れぬが 刀ではしたのかだが
01-16 13:52

https://t.co/y4kuqjIRFe このゴシック鎧の籠手は短いが 此れも下馬戦闘を考慮して軽量化したのかだが
01-16 13:59

Kampf mit der Hellebarde https://t.co/V6SPI75YUH ハルバードに正面から首を斧部で突く技も有るが 板金鎧相手でも衝撃で相手の体勢を崩す事は出来ると言う事なのかだが
01-16 14:11

https://t.co/Cglk1nDifX https://t.co/lwVFEfaypy https://t.co/Kqr3hw9kUs こうした白い泥障が 大阪夏の陣図には有るが 具足の胸板や皮包胴で使われる様な白い皮が利用されているのかだが
01-16 16:24

https://t.co/45izx1EuhS 最上屏風には白い毛を利用した様に見える泥障も有るが ヤクの毛を植えた陣羽織の様な形式なのかだが
01-16 16:26

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10315-783da911