FC2ブログ

Category

2019.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

01/13のツイートまとめ 

boukenkyuu

桶側胴登場以前の雑魚兵用の鎧と言うのも 素掛縅の最上胴等では再利用した小札は使えないだろうし 再利用した小札が利用出来る革包胴が可成り後迄併用されていた可能性も有るのかだが
01-13 00:06

此れを膨らましてあるのは 打物の衝撃を吸収する為と言う事なのかだが https://t.co/QvhPQxP6za
01-13 11:23

Aの物はhttps://t.co/S5OyB9HU9f 左の1590年台の関東五枚胴 https://t.co/bZsstWtyKG 伊達政宗の具足等にも有るが https://t.co/ljiNNFV46D 左の秀吉がフェリペ2世に1591年に送った鎧では胸板は小型化している訳だろうか https://t.co/Y3IWBUPiWf
01-13 12:02

雑魚兵用の革包胴も再利用した鉄小札・鉄伊予札を伊予札的に配置し 草摺下端部に再利用した革札を入れている物が多いのかだが 下端部は伊予札的なのかだが
01-13 12:32

玉鋼は1596年以降の新刀初期では未だ量産されていないと言う事なのかだが 具足・刀共赤目鉄や輸入品の鉄が利用されているから 不純物が多いのかだが https://t.co/jHKYeMlvNB
01-13 13:14

https://t.co/s23NPsQPhV 左の様な上の尖ったバーゴネットの 模倣の可能性も有るのかだが 九州で出現したなら西欧の影響は有る可能性も高いのかだが https://t.co/csQfJmaixE
01-13 13:20

https://t.co/kzxQd4KLYT 永禄期の1550-60年代にも 同種の上の尖ったバーゴネットは有るから 九州の甲冑師がこうした物を西欧から入手して参考としたのかだが
01-13 13:26

とは言えリンが玉鋼の4倍・硫黄が現代鋼の倍含まれたとしても 強度に与える影響はそう無い可能性も有るのかだが 中国等の高炉で作られた輸入品の鉄が一番安いと言う事なのかだが
01-13 15:27

越中頭形兜の眉庇に似た物が https://t.co/WpDnIqGhem 桃形兜に付く例も有るが 変わり兜・筋兜や星兜に迄此れが装備される例等は有るのかだが
01-13 16:24

https://t.co/wJ8Kk08sdr 左の変わり兜は 越中頭形兜ベースなのかだが
01-13 16:28

https://t.co/PMu7dH7e6Q 左の物も越中頭形兜ベースの変わり兜なのかだが https://t.co/yLEsamjCDd 左の物は眉庇は直線的だが https://t.co/acIiLBqMhJ 内部に越中頭形兜は使用されているのかどうかだが
01-13 16:41

https://t.co/Khj9cUEEdr 通常の頭形兜でも越中頭形兜程では無いが 直線的な眉庇が有る例も有るのかだが
01-13 16:51

https://t.co/MOceZ7dhAb 左の雑賀兜は越中頭形兜の眉庇が有るのかだが
01-13 17:05

https://t.co/T3uv2tMhfW 左の雑賀兜には 越中頭形兜の物に似た上下幅が狭い眉庇が有るし こうした物が筋兜や星兜にさえ装備された可能性は有るのかだが
01-13 17:15

https://t.co/HewH1vKLxT 左の小星兜の眉庇は 越中頭形兜の物に似ているが 筋兜にも同様の物が装備される例は有るのかだが
01-13 17:27

https://t.co/qQ9cH0VPg7 1510年に既に頭の尖ったバーゴネットは有るのかだが 最古の物は15世紀に有るのかどうかだが
01-13 18:37

https://t.co/l2uuMUiCHb 変わり兜がこうした物を参考にしている可能性は有るのかだが こうした物も極少数は日本に入っていたのかだが
01-13 18:45

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10312-5d71ba6a