FC2ブログ

Category

2019.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

01/01のツイートまとめ 

boukenkyuu

腰当と言うのは着脱式の草摺なのかだが 通常の具足の草摺の隙間を埋める為にも 利用されていた可能性は有るのかだが 脇当と言うのは脇引なのかだが https://t.co/uXRQguWcFn
01-01 12:15

珍品 槍 木槌 清水正次作 とても珍しい槍です!|日本代標|ezimport https://t.co/lFXiHHtI7l 此れは木槌を被せられる槍では無く 木槌形の鞘の付いた槍なのかだが 武田軍の槍にはこれと同程度のサイズの木槌が装備されていた可能性も有るのかだが
01-01 12:23

https://t.co/6nts5lUNfW 左のイラストだと武田軍の木槌の有る槍には枝も有るのかだが 木槌の位置は先端付近では無く 太刀打中央ー後部の位置なのかだが
01-01 12:54

応仁の乱時の脇当と言うのも 攻城戦用の仕寄具足の脇盾に似た部分の様に 胴左側全体を防護する様な物の可能性も有るのかだが
01-01 13:12

腰当だけ有っても仕方ない様にも見えるが https://t.co/bBtX7qfvCc 佩楯だけ装備している様な兵も 14世紀の護良親王出陣図には書かれているから 実用性は無視していた可能性も有るのかだが
01-01 13:17

https://t.co/9a5dwiG4Gy 14世紀の護良親王出陣図の薙刀の柄には 螺鈿の様な模様が有るが 此れは褪色では無いと言う事なのかだが
01-01 13:19

太平記の金胴が 鋲止めの桶側胴或いは五枚胴説も有るが 鋲止めの鉄板は同時期の大鎧の壺板に有るから 此れが前後左右に有る様な物も有る可能性も有るのかだが
01-01 13:39

太平記にも有る(恐らく小札鎧より軽量な)鎖の胴の上に 安い鉄板札や再利用した小札を利用した 脇当や腰当を装備している例も有る可能性も有るだろうが 果たしてどうなのかだが
01-01 14:19

https://t.co/GFvFyGMS7B 春日権現験記絵に有る左の布の前掛の様な物は 布に包まれた鎖帷子かも知れぬし 此れは草摺が無いから 鎖製の腰当=草摺が追加されていた可能性も有るのかだが この左脇に鉄板札や再利用された小札が装備され 草摺も装備される脇当が装備される例も有るのかだが
01-01 14:38

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10300-f524eabc