FC2ブログ

Category

2019.10

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

12/20のツイートまとめ 

boukenkyuu

▲▽槍 欄間彫 越前国住兼植 白鞘 江戸時代 77×刀身29.8×幅3.5cm 570g 刀剣▲▽ https://t.co/8RRJZRs0K0 樋に透かしの入る槍も有るのかだが 透かしの入る物全般実戦使用は想定しているのかどうかだが
12-20 10:56

大量のセクハラ告発等を見て 面倒な実物の女を相手にするのは最早割に合わぬと考えた者達が AIの進歩で女は全て男に逆らわないバイオロイド等とした 男が完全に支配する国を 何処かの勢力が作る可能性も有るのかだが
12-20 14:15

此れにセクハラ告発等を所詮偽善と見る 一部の本物の女が此れに合流する可能性も有るのかだが 果たして何処迄集まるのかだが
12-20 14:16

告発で力を失った有力者が中心と成り こうした国が作られる可能性は有るのかどうかだが
12-20 14:41

https://t.co/sYz4BHwYwa >錆地塗革製伊予札二枚胴具足森忠政所用 赤穂大石神社蔵   錆塗の伊予札等が 1590年台に既に有ると言う事なのかだが
12-20 15:26

https://t.co/7R8Wm0RxST 此れは左を見ると茶系では無く グレー系の錆地塗である訳だろうか
12-20 15:41

甲冑 - 甲冑武具販売買取 「本陣」 https://t.co/VAjuG5wfsv この脇立は只の羽根では無く 羽箒なのかどうかだが
12-20 15:47

https://t.co/QvnihDC1U0 この胴の紋は白いが 漆では無いと言う事なのかだが
12-20 15:49

https://t.co/xKdMoyvosD 草摺や面頬の端部の毛に 裾金物迄有る例も有るのかだが 17世紀の具足と言うが 戦国期に同様の物は有るのかだが
12-20 16:21

山形の札頭は加賀具足の物と言う意見も有るが https://t.co/4I05hf6htz 左の具足は井伊直政或いは直孝の物の可能性も有ると言うが この板札の札頭は山形では無く 伊予札の矢筈頭に似せた物と言う事なのかだが 伊予札の碁石頭に似た物或いは山形の物も有った可能性は有るのかだが
12-20 17:34

縫延胴は本物の伊予札使用では基本的に無く 鉄板札に漆で伊予札の様なディテールを入れている訳だろうが https://t.co/StnUAJMQLK 左の様に板札が桶側胴の様に固定されるタイプで 札頭が碁石頭では無く矢筈頭の物は見ないが 果たして有るのかどうかだが
12-20 17:46

A nuinobe do gusoku, mid Edo period - Lot detail - Hermann Historica oHG https://t.co/Ag7QzuWkwk 桶側胴的に板札が固定された縫延胴に 蒔絵が入る例も有る訳だろうか
12-20 19:59

https://t.co/mWihBKMizl 左に札頭が矢筈頭である 板金が固定された縫延胴が有る様だが
12-20 20:13

https://t.co/JXaNNqZiyB 伊予札で毛引縅の 袖等も有るのかだが
12-20 20:21

https://t.co/8yJOE7xj1J 段替胴の下部が 毛引縅の伊予札と言う例も有るが 戦国期にこうした物は有るのかだが
12-20 20:29

伊予札のシコロと言うのは果たして有るのかだが https://t.co/q0wvJWP6cs 伊予札では無いだろうが其れに似たディテールの入る物は有るが 更に伊予札に似た物は有るのかだが
12-20 21:15

https://t.co/EM9nwAMxSp 左のシコロは碁石頭伊予札的だが 板札なのかどうかだが
12-20 21:39

https://t.co/NDiNjUuvIt 本伊予札の面頬の垂も有るが 縫延胴の様な板金製の物も有るのかだが
12-20 22:40

矢筈頭や碁石頭の伊予札が利用された 縅佩楯は有るのかどうかだが 縅糸の無いタイプも有るのかだが
12-20 22:42

https://t.co/CrXjUPUDwy 左の家康の具足には縅佩楯が有るが 実戦用にこの種の物は使われたのかだが
12-20 22:45

https://t.co/JGnAE3GZcy 左の立花宗茂の胴は 板札を利用した縫延胴なのかだが 伊予札使用の本縫延胴と言うのも有る様だが こちらの可能性も有るのかだが
12-20 23:00

https://t.co/9bjVPgByaI >この時カエサルは自軍の投槍兵に、騎兵に対して踏みとどまり、ピルム(槍)を投げたり、足や脛を狙うのではなく、騎兵の顔や目を狙って直接突き刺すように命じていた。この攻撃を嫌った元老院派の騎兵は逢えなく崩壊した。
12-20 23:13

とは言えマケドニアのヘタイロイ騎兵やヌミディア騎兵が この様な攻撃で阻止出来るのかどうかだが
12-20 23:13

トゥールポワティエ間の戦いではフランク軍のシールドウォールでイスラム騎兵が撃退されているから ローマ兵のシールドウォール+ピルムでの突きはそれなりに防御力は有るのかも知れぬが ヘタイロイ騎兵迄阻止出来るのかだが
12-20 23:25

マケドニアでは重視されている軽歩兵が投げ槍を投じ ローマ兵のシールドウォールを崩した後 ヘタイロイが長槍を利用し突入すれば ローマ軍はやられる可能性も有るのかだが
12-20 23:28

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10289-b37a4563