FC2ブログ

Category

2019.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

11/27のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/w4H6394tpy >成実のものかも??とされていた https://t.co/D64ZwbDcX8 香車の陣羽織ですが、残念ながら、どうやら明治に作られたものだそうです。  と言うのは 知らなかったが
11-27 13:59

この構造だと肩の外側に重量が掛かるが 腕の動作性はどうなのかだが 甲冑が軽ければ問題は生じず 古い大鎧や清の鎧同様に腹のスペースで矢の衝撃を吸収し 貫通し難くも出来ると言う事なのかだが https://t.co/gGpgHHqL2t
11-27 14:45

歩兵は低コストの綿襖甲が基本かも知れぬし この小札鎧は騎兵用の可能性は無いのかだが
11-27 14:55

足軽胴は大き目に作ってあると言うから 同様に胴にはスペースが有るかも知れぬが 草摺の重量は腰の帯で支えると言う方向だろうか 騎馬武者の甲冑は胴下部にはスペースは無いかも知れぬが 厚みは足軽胴より増していると言う事だろうか
11-27 19:47

足軽胴も確か胴を帯の上に乗せて 重量を腰部に負担させていたかも知れぬが 腹にスペースが有る状態でも 此れは出来るのかどうかだが
11-27 21:20

https://t.co/c7XYnf6sxN 南北朝期だと左の直垂の下の大口(夏では此れが上に成るが)に https://t.co/0LsSsvYjjw 佩楯が左の歩兵の四幅袴の様に縫い付けられて 冬は https://t.co/Jjwm9ARfp2 左の足利義尚の肖像画の様に直垂の中に入ると言う様な事も有り得たのかだが
11-27 23:41

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10269-a4807399