FC2ブログ

Category

2019.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

11/22のツイートまとめ 

boukenkyuu

攻城戦用の大袖と言うのも 白兵戦も想定して湾曲した物の可能性も有るのかだが https://t.co/15MEby1IuT 左の内藤如安の具足の袖の様な物の可能性も有るのかだが https://t.co/H1vK33kynv 左の様なサイズの物は果たして有るのかだが 当世袖的に湾曲はもう少し抑えられている可能性も有るのかだが
11-22 11:44

https://t.co/N4hW3kvHN3 左の上杉景勝の具足の袖は妙に大型であるし 攻城戦用の袖の可能性は無いのかだが
11-22 12:12

https://t.co/g9kSPufheE https://t.co/On0R2bWakI 冠板が下の方に有る篭手等も有るが 戦国期に同様の物は果たして有るのかだが
11-22 12:49

練革の陣笠の方が鉄より高級品と有るし 雑魚兵の伊予札の胴丸・腹巻も草摺下部以外は確か鉄だろうが 当世具足の薄い1mm等の練革札は 鉄より安い可能性は有るのかだが
11-22 13:42

https://t.co/DAkwa1EdjL 1524年成立の真如堂縁起絵巻でも騎射をしている様な描写も有るが 此れは現実を反映していないと言う事なのかだが 数は少ないが大阪夏の陣図でも 騎射をしている者は居るだろうか https://t.co/w4VpYGnpky
11-22 13:56

https://t.co/GJXvcC8A4N 左の十二類合戦絵巻の撮棒の両端は尖る様に見えるが 此れは金具なのかだが 太平記に有る物も似た様な構造なのかだが https://t.co/yqtDnXhNyj
11-22 14:09

秋山の扇の付け方が良く分からないが https://t.co/KAjywzTo4D 左の南北朝期の三鍬形の祓立の様な部分に 固定されていたと言う可能性も有るのかだが https://t.co/CIq3vuvZgm https://t.co/8ec4Opk3QG 左の祭礼草紙の扇は祓立には果たして 固定されているのかだが https://t.co/3JFRMOhK0g
11-22 14:22

https://t.co/llmmJCUiXd 左の天海和尚の具足の袖も妙に大型だが 攻城戦用なのかだが
11-22 14:37

https://t.co/KjMWLRJuJc 左の佐竹義重の具足の袖も大型だが 此れは攻城戦用では無く 古い大袖の形式が残る物と言う事なのかだが
11-22 14:43

神に選ばれた種族等が居ても 個々の個体の生存迄は保証されされていないなら 気に入らぬ者だけでも 神に選ばれた種族の一部と共同で倒すと言う様な物も有ったかも知れぬが 神に選ばれた種族を一時的に抹殺する事も或いは可能かも知れぬが 復活する様に仕組まれていると言う可能性も有るのかだが
11-22 15:37

神に選ばれた種族も一時的な滅亡等 永遠の時間の中では大した意味は無い故に 一時的には滅ぼせるが その後他の種族が世界を支配し続ける事は 彼等同士の権力争い等で出来ず 彼等が皮肉にも自ら永遠に世界を支配するに値しない事を露呈し自滅した後 復活すると言う様なパターンも有るだろうか
11-22 15:40

https://t.co/zrrQw1fDRt 左の様な龍の頭立に 鍬形が組み合わせられている例も https://t.co/hy038LNYGK 左の伝義経の兜の様に 頭上の獅子と鍬形が組み合わされている例が有るなら 復古具足時代以前にも有る可能性も有るのかだが
11-22 16:34

後三年合戦絵詞に 両篭手が少ないのは 両篭手が実際に無いのでは無く https://t.co/TlSQ9Ax0AP 左の足利義尚の肖像の様に 直垂の下に有るからであり 佩楯が書かれていないのは 同様に左の肖像の様に 直垂内部の大口等に装着されている故と言う可能性も有るのかだが
11-22 16:44

https://t.co/0LsSsvYjjw 左の護良親王出陣図の様に 四幅袴や大口に佩楯が縫い付けられており 外側に直垂の袴を装備していた可能性も有るのかだが https://t.co/4pskpdLd0k 左の肖像画ではそうでは無いだろうか
11-22 16:48

他者の考えた・設定した問題等解決しようがすまいがどうでも良く 只自分が気に食わない者や事物を一刻も早く消し去りたいだけだと言う者も居るだろうが 其れも誰か他者の考えた 気に食わないと思うべき事物を排除しようとしているだけだと言う意見も 有る訳だろうか
11-22 21:27

そんな事をするのでは無く 飽く迄(自分にしか作れない様な)新しい物を作らなければ駄目だと見る向きも 多い訳だろうか
11-22 21:29

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10264-b56181fe