FC2ブログ

Category

2020.07

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

11/19のツイートまとめ 

boukenkyuu

@sengoku_YM https://t.co/tQGyU6kO0U https://t.co/3Yaaa4CG3f 大阪冬の陣図に書かれる真田丸は 塀の上からも銃や弓を撃てる構造の様だが ここなら視界は確保出来るかも知れないが とは言え塀の上から迂闊に頭を出せば 逆に狙撃される可能性も有る訳だろうか
11-19 12:18

@sengoku_YM 塀の上から頭を出す兵が https://t.co/fUsqBjHTeS 左の様なほぼ頭しか守れない様な革製の盾で 守られていた可能性は恐らく無いと言う事なのだろうか
11-19 12:22

https://t.co/CL6WwupRXg >・画像 7:05 ・1560年に書かれた服部半蔵の忍秘伝にシールドの記述がある。 ・大きさは3尺、内側に持ち手があり、敵を殴打するためのもので、金属が使われることもあった。
11-19 13:01

忍秘伝は17世紀の物だろうが この盾は補強板は入るが 通常の垣盾・持盾と大して変わらない構造だから 垣盾・持盾でもシールドアタックが多用されていた可能性も有るのかだが
11-19 13:04

https://t.co/o5TIIaQEsC >・1584年、に、 徳川家康氏は、 大勢の伊賀の者らを派遣したが、 75名が、途中で撃ち殺された。 ・徳川家康氏は、 鉄の盾を装備するように、 言い渡した。
11-19 13:14

https://t.co/IZ7uI2TIn7 https://t.co/JsXNmSmLTn此れは上の様な大阪陣で使われた物と同様の 30kg等の鉄盾なのかだが
11-19 13:18

https://t.co/hlWkSX2k3s 左の様な腿迄板金で覆われた 14世紀末期ー15世紀中盤迄の剣と盾を持つ騎士に 同時期の騎馬武者は刀ではどう戦うべきなのかだが
11-19 14:39

下の絵の様に 赤い騎馬武者は 青い騎士の盾の有る側に回り込んで 左手でシールドアタックを封じつつ 右手で装甲の無い腿後部を突いて動きを鈍らせてから 止めを差すと言う様な方向が良いのかだが 騎馬武者の装甲が軽く無いとこれは中々難しいのかだが https://t.co/cLjmdTvLd1
11-19 14:41

源平盛衰記でさえも騎馬武者が胴丸を装備した記述は有るが これは特殊な例なのかだが 15世紀前半辺りなら胴丸装備は多いかも知れぬが 騎馬武者用の胴丸は余り軽く無いかも知れぬが 軽い佩楯と大立挙の無い脛当・鎖篭手を装備すれば 機動性は可成り高められるかも知れないが
11-19 14:46

15世紀中盤なら騎士の甲冑は未だ30kg程度だろうし 騎馬武者の手足の装甲を一番軽い物にすれば 25kg以下では収まるかも知れぬが
11-19 14:48

騎馬武者が盾の有る側に回り込んで盾を左手で抑えても 騎士の残った右手の剣で攻撃されるかも知れぬし 下の絵の様に剣の有る右側に回り込んで シールドアタックの攻撃範囲外に逃れつつ 右手で剣を拘束しつつ 左手で板金の無い腿の後部を突くと言う様な方向も有るだろうか https://t.co/WxTvLnfqYT
11-19 15:00

両手剣を持つ騎士も14-15世紀前半に 盾が有る時代にも居るだろうが 下の絵の様に 騎馬武者が騎士に対して同様に右側面に回り込んでも 左手だけで両手剣を拘束出来るのかだろうし 片方の手で両手剣を持たれて反撃されるか 短剣を抜かれて反撃される可能性も有るのかだが https://t.co/o3fMznzoDM
11-19 17:16

西欧の短剣は居合抜き等有るのかだろうし 短剣を抜く前に腿後部を突けば その後の騎馬武者の戦いは有利に展開出来るだろうが 両手剣を拘束されていない方の腕に持って反撃するのを 上手く遅らせれば同様の事に成る訳だろうが 此れは容易なのかだが
11-19 17:38

騎士も盾の無い15世紀後半からの時代でも 片手剣を使用する例も多いだろうが そうした騎士に対しても刀を持つ騎馬武者は 下の絵の様に騎士の右側面に回り込み 剣を左腕で拘束している間に腿の後部を突くと言う方向で勝てるのかだが https://t.co/eBI9NYvCWg
11-19 18:47

騎士に左手で短剣を抜かれて反撃される危険も有るだろうが 居合抜きは無いなら先に腿後部を突いて 動きを鈍らせる事は可能と言う事かも知れぬが 20kgのマクシミリアン甲冑が出た後では横に回り込むのは 容易では無くなる危険も有るだろうが 数は余り無い可能性も有るのかだが
11-19 19:04

14世紀末-15世紀中盤の下馬した騎士・騎馬武者も現実には剣と刀の戦いより ランスと薙刀・大太刀の勝負と成るかも知れぬが 騎士に居合が無い以上はランスが薙刀・大太刀で叩き斬られれば 騎士の勝算は無いと言う事なのかだが 剣での勝負に持ち込んでも上の様な事に成る可能性は有る訳だろうか
11-19 19:31

現実には下馬騎士の列も疲労等を考慮して縦深が有り 刀で後ろに回り込んでも後列の騎士にやられる危険が 高いと言う事だろうか
11-19 22:27

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10261-5fed1f2a