Category

2017.11

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

11/05のツイートまとめ 

boukenkyuu

こちらでも同様の症状が出ているし 拡張機能からの保存も出来ない状態だが https://t.co/Ii9NxgPreV
11-05 11:00

https://t.co/VPFiJo7uHB >念流鎖鎌術から派生したとされる一心流(流祖・丹一心)の鎖鎌は、鎖の長さが1丈2尺(約3.6メートル)、分銅の重さが300匁(1.1キログラム以上)とかなり大きいものを操っている これは妙に分胴が重いから甲冑を想定した物なのかだが
11-05 16:34

https://t.co/cWX45fhoTU フレイルの分胴でさえ700g程度の物も有るが 細長い分胴の物は恐らく更に重いだろうか 3.6mの鎖で1kgの分胴を振り回せば 板金鎧でも危ういのかだが
11-05 16:35

https://t.co/pu18wVmYoj 一心流鎖鎌術は14世紀にも有るのかだが 古い流派なので重い分胴で太平記に出て来る 板金的な金胴も含む甲冑を 打ち砕く事を狙っている可能性も有るのかだが
11-05 16:36

世界を永遠に無に凍結しようと目論見失敗 敗北した虚無主義者には 主人公は 永遠に何も無くて良い様な者には永遠に何をしても構わないと見 精神エネルギーを利用するジェネレーターの動力源に 魂が破壊される様な限界迄主人公はエネルギーを絞り出し使おうとすると言う様な物も有っただろうか
11-05 19:59

とは言え限界に迄負荷を掛けた結果 集合的無意識体・深層意識体に迄影響を与えて 他者の意識体に迄悪影響が及ぶと言う様な事も有るのかだが 物理的世界に迄未知恩影響を与えて 因果律破壊等の危険な現象が起きる可能性も有るのかだが
11-05 20:10

そうした事が起きた結果 エネルギー源である虚無主義者の深層の願望が反映した 無に凍結された世界が出現すると言う様な可能性も有るのかも知れぬが 他者の意識の影響を0には出来ないから ある時点で有が生じると言う可能性も有る訳だろうか
11-05 20:15

平治物語絵巻に有ると言う胴丸鎧は 左の物なのかだが 右の物は前草摺上部の構造が不明だから 大鎧の可能性も有るのかだが 騎馬武者が此れを装備する例は見ないが 胴丸装備の下位の騎馬武者が居るから 装備例は有り得ると言う事なのかだが https://t.co/Y9XfU5XMxs
11-05 22:38

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10248-8818aa34