Category

2017.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

08/12のツイートまとめ 

boukenkyuu

雑兵物語で弭槍で顔や草摺の隙間を狙えと言う記述が有るが https://t.co/MbufoJS9iZ https://t.co/OGYuu56Dhm https://t.co/i0o7jJrOMb 甲冑剣術でも顔や草摺の隙間を狙う技は有ると言う事の様だが
08-12 09:20

西国は越中頬や袖の無い具足が多く 脛当ても筒状の物は少ない可能性も有るのかだが 東国では佩楯は戦国後期には皮に成ったが 越中頬や篠脛当は少ないのかどうかだが
08-12 09:24

西国でも https://t.co/6qbWFnSAoW https://t.co/FMCEnv6f2g https://t.co/gj2QusTHMr 立花宗茂や加藤清正・成富茂安の具足は 筒脛当使用の様だが 下馬時に此れは使用したのかだが
08-12 09:38

https://t.co/Ic8yErz9Qz 左の足軽は騎馬武者の銃を持っていると言うが 足軽では無く奉公人が持つのが基本と言う事は無いのかだが 彼等は此れの装填もしたのかだが 銃を短時間で連射する為に多数の銃を奉公人に持たせる騎馬武者も居たのかだが
08-12 10:20

https://t.co/Ic8yErz9Qz 左の足軽の騎馬武者用筒は https://t.co/Az8AxfwqHn 左を見る限り30匁程度は有るのかだが 右の物は6-10匁筒辺りなのかだが
08-12 10:23

https://t.co/KnRXZDjU57 >種子島久時は、馬や従者にもたせた鉄砲を次々と使いながら戦場で敵を屠り続けた。  こうした事をした騎馬武者は 何処迄居るのかだが
08-12 10:47

https://t.co/KnRXZDjU57 >「泗川の戦い」では、10倍の敵軍に対して百発百中の鉄砲の腕前と銃を次々取り替える事で速射する技での一斉射撃を家臣と共に披露して  この家臣と言うのも多数の銃を奉公人等に装填させて 高精度の連射をしていたのかだが
08-12 10:49

https://t.co/sJjUF7SAag 越中兜が有るからと言って 具足も越中形とは限らぬ訳だろうか
08-12 14:36

https://t.co/MEnBPgydpo 左の前田利家の鎧と言うのは 1599年迄の物なのかだが 固定された鉄板札の袖が有るが こうした物は江戸期の物の可能性は無いのかだが
08-12 18:56

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10171-d38cb3cc