Category

2017.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

08/11のツイートまとめ 

boukenkyuu

自然・進化や深層意識体・集合的無意識体は何時迄も同じ事をする事を容認する程甘くは無く 人を大量に殺したり滅亡させても新しい物を生み出そうと 何れ動くと言う意見も 深層では多いのかだが
08-11 10:38

https://t.co/FpCkp6jALH 明の綿襖甲も草摺上部に隙間が有る様にも見えるが 此れは腰後部の隙間と誤認している可能性も有るのかだが
08-11 12:22

https://t.co/3WCghwCclx https://t.co/GVAXf4Q6yW 左の様に斧やメイス等の重い武器を持つ明の騎兵は 下腕部の装甲は無い様にも見えるが 武器が重いから腕の装甲を軽装化して 反応性を増しているのかだが 槍に対抗出来る様な反応性は有るのかだが
08-11 12:25

https://t.co/2po2K9O7WK 水色の綿襖甲の草摺側面の隙間は 腰下部迄に見えるが 他にこうした描写の例は有るのかだが
08-11 12:28

https://t.co/UGBXVGuHkh  https://t.co/7KwV9CUn1s 左の盾も遠距離の2匁筒程度なら止まるのかだが 十匁狭間筒や鎧通玉等ではどうなのかだが 数は何処迄有るのかだが 銃の精度は200m先等は 狙える物では無いと言う事なのかだが
08-11 12:44

https://t.co/mFm2F1fE6h 唐や明の鎧もドラマだと佩楯が騎乗時には後ろにずれている例が多いが https://t.co/83F4uqp9Lv https://t.co/LOQR7Z0tzy 現実には左の様に前部のカバーは可能と言う事だろうか
08-11 13:03

https://t.co/N3CfbUayZT 左の続きだが https://t.co/iyCmNymEBC 或いは動作に依っては脚前部が露出する可能性も有るのかだが 絵ではこうした描写は見ないし 後ろに行かない様に日本の佩楯の様に紐等で 固定されている可能性は無いのかだが
08-11 13:11

https://t.co/KC9teeYCx1 胴の小札の袖が 長く成っている例も多いが 此れは https://t.co/owpbCzzYxU 左の筒袖鎧の様に脇の隙間は埋まっていると言う事なのかだが 動作性はどうなのかだが 小札脇引同様に脇部への衝撃は何処迄止まるのかだが
08-11 13:50

https://t.co/KC9teeYCx1 >The spaudler version seems to be used exclusively for parade and ceremonial duties. とは言え右端の物も実戦で使用された可能性は無いのかだが
08-11 13:52

https://t.co/LRQydIw3eV https://t.co/M1wByqxe0D 綿襖甲にも袖がやや長い物が有る様に見えるが 脇部の衝撃吸収力及び動作性はどうなのかだが
08-11 13:59

https://t.co/wm0tIMA9nQ 左の様な漢の時代から有る筒袖鎧の脇部の構造は今の所見ないが 下のイラストの様な形で 袖を胸甲の脇の隙間よりやや太くして付け隙間を埋めているのかだが 明の袖がやや長い鎧は右端の様な形で… https://t.co/gom0vp49BP
08-11 14:24

https://t.co/bGEB9gNHTO  https://t.co/7FrdcdwFis 西欧甲冑でも脇が埋まる物も有るが 実戦では何処迄使用されたのかだが
08-11 14:37

ゴシック・マクシミリアン甲冑の溝も https://t.co/n95Bz052hw https://t.co/lV1py0UoGh 左の様なトルコの兜・甲冑の溝を参考としていると言う事は無いのかだが
08-11 16:03

新紀元社・ヨーロッパの武術ではハーフソードで顔や脇の隙間を狙う技は多いが 草摺の隙間を狙う技は見ないが 現実には何処迄行われたのかだが
08-11 16:45

https://t.co/m5nMvrTsAR 左の続きだが ハーフソード或いはポールアックスで鎧の上から足先を突く技も有るが この部分は薄い板金が別れているか鎖だから衝撃力は可成り有るのかだが
08-11 16:57

https://t.co/sg9IwCStB8 ヌルハチの甲冑及び https://t.co/PGL7og19Lb 左の同種の清の鎧の腕甲は 明の鎧に似ているが 胴体は恐らく同じでは無いと言う事なのかだが ヌルハチの物は兜以外は可成り明の鎧に似ているが 同一の物なのかだが
08-11 17:48

https://t.co/gFt2VyXsq3 この明の鎧に似たチベットの鎧の草摺は 後部には隙間は無いと言う事なのかだが
08-11 18:26

https://t.co/1DMGkqRisB >明朝廷の近衛兵(御林軍)[日本刀部隊(静)(粛)隊]  此れは15世紀から有ったと言う事なのかだが 日本側の槍を此れで斬る様な事は有ったのかどうかだが
08-11 19:57

https://t.co/uIARbhu4mM 左の続きだが https://t.co/vpEDaOy7IR https://t.co/c58e8wWkmU https://t.co/VkFIG9dSiK この騎兵の刀は 日本刀では無くシミター系の物なのかだが
08-11 20:26

Front and rear side armor Ming Emperor Wanli's (1573-1620) and the helmet shell. https://t.co/hnmXf1i9D4 左の明皇帝の鎧は脇が妙に開いているが 実戦用なのかどうかだが
08-11 22:31

左の続きだが https://t.co/Pf2hPGmByb 左のヌルハチの鎧は こうした大きい脇の隙間を塞ぐ為の脇引の様な物が有る様に見えるが 果たしてどうなのかだが
08-11 22:41

https://t.co/Wv2r9VKlZd 左の続きだが https://t.co/qyzHDtM7El 左の清の鎧も 矢張り脇は可成り空いていると言う事だろうし この部分に脇引の様な物が装備される訳だろうか
08-11 22:43

https://t.co/xVFhicvzNC 左の明の鎧も脇は空いているが 袖の無いタイプはこの形式なのかどうかだが
08-11 22:44

https://t.co/yHCC9cRknm このフィギュアの明の鎧では 特段脇が大きく空いている訳では無いだろうか
08-11 22:50

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10170-6cf76ec9