Category

2017.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

08/10のツイートまとめ 

boukenkyuu

Matchlock Musket Demonstration with Armor https://t.co/pYBnzd44ST 西欧の緩発式火縄銃も 引き金を早く引けば 瞬発的に出来る可能性も有るのかだが 途中迄引いてから早く落とす方法も有るのかだが
08-10 11:02

https://t.co/Euna8b6oOD 左の続きだが そうした運用が成されていた可能性は果たして有るのかだろうし 銃身の精度も余り高くは無いと言う事だっただろうか
08-10 11:03

火縄銃は密集すれば暴発の危険が有ると言うが https://t.co/JL1RW6pi1R左ではそれなりに密集して射撃は出来ているし 下の長篠合戦図では前後二列に分かれて 射撃をしている訳だろうか https://t.co/ATlLYvwfmP
08-10 11:17

https://t.co/nzqAfPdPnY火縄銃も装填迄此処迄密集してやれるかと言うのは有るが 前後二列に成れば密集度合いは可成り高められないのかだが 前列の装填速度はどうなのかだが
08-10 11:30

https://t.co/T4HAHZYNTr ホイールロックピストルは 基本的に瞬発式なのかだが
08-10 11:31

火縄銃装填もこの程度の間隔でなら 問題無く出来ると言う事なのかだが https://t.co/hWjrjorCsW
08-10 11:42

https://t.co/PRBPNzmPvu 左の宋の鎧を見ると 腰後部に装甲は無い様にも見えるが https://t.co/KCsPbiFtyr 左の4の物は後部は塞がるが 何処迄使われたのかだが
08-10 12:21

https://t.co/oNfMZVhKq0 https://t.co/cD6LtB1J34 左の絵でも腰後部に装甲の無いと見える宋の騎兵が有るが 重騎兵はパルティアンショットを多用しないのでこの部分の装甲が軽装化されているのかだが
08-10 12:31

https://t.co/L2TrgeIsNl https://t.co/A2Vp81bN1D モンゴルの鎧の場合重騎兵でもパルティアンショットを多用するからか 腰後部にも装甲は有ると言う事なのかだが 女真族はどうなのかだが
08-10 12:37

https://t.co/MnEASYxFAk 左のモンゴルの鎧の場合は鞍で埋まらない隙間が腰後部に有るが こうした鎧は多用されたのかだが 女真族の鎧もこの形式の可能性も有るのかだが 明の鎧も同様の形式にも見えるが
08-10 12:38

https://t.co/xPywEshLxQ 左の絵だと金の騎兵の腰部鎧は 後部迄は有るのかどうかだが
08-10 13:28

この馬鎧は上に厚総が有るのかだが 騎兵の草摺は二重である様にも見えるが 稲富祐直の様に銃を防ぐ為に鎧を重ねた可能性も有るのかだが https://t.co/2ONYzxweiG
08-10 13:42

https://t.co/kmhaes5jvM >関流一貫目大筒(口径8.5cm・全長140cm) 此れが手持ちも想定した物では 最大の大筒の可能性も有るのかだが
08-10 14:50

岡山城鉄砲隊2 https://t.co/G1QKa2HoPE 百匁筒程度なら手持ちでも何とか撃てるのかだが 精度はどうなのかだが
08-10 15:07

戦国期に古い兜を改造し末期迄使用している例は多いが 具足は古い物は改造していたのかだが 防弾を考慮して胴部だけは新型としていたのかだが 袖や脛当ても別の軽い物に成る例が多かったのかだが
08-10 15:14

https://t.co/QgVc3xk63C >対大筒用の大型のもので長さ八尺(約240cm)・幅四尺(約120cm)程のものが使用された。  こうした竹束も20匁程度の大筒迄しか 止まらなかった可能性は有るのかだが
08-10 15:27

剣道個人、50分戦っても決着つかず…再試合に https://t.co/SvFUCrT9QC 具足を着た一騎打ちで 50分等戦えるのかだが この場合は休憩は有るのかだが
08-10 21:31

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10169-ce6fc820