Category

2017.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

08/03のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/BqaeEWbNaM この薙鎌の刃は下向きに湾曲していないが 船は寄せられるのかも知れぬが 騎兵は落馬させられるのかだが https://t.co/K87X77OiRd 左の平治物語絵巻の薙鎌の刃は 端部は下向きにやや湾曲しているだろうか
08-03 10:31

https://t.co/OCgL3eZQmx こうした熊手に鎖が有るのは 柄が切断された後も鎖で爪部を持てる様にする為と言うから 柄を切断する攻撃がこの時点から有った事を意味している訳だろうか 薙刀の柄は茎や蛭巻で 切断を防いでいた訳だろうか
08-03 10:41

https://t.co/U4X2gxlS86 https://t.co/Y7h5HpyjpC 左の春日権現験記絵・十二類合戦絵巻の熊手は兵の兜を掛けているが この侭敵を転倒させ短刀等で仕留めたのか 或いは拘束している間に他の兵に仕留めさせたと言う事なのかだが
08-03 10:44

新紀元社・中世ヨーロッパの武術では https://t.co/XKdwpChzLQ 左のウェルシュフックの下向きには湾曲していない鍵部で 敵の首や足を掛けているから 十文字槍や鍵槍等の下向きに湾曲していない枝でも 敵を掛けていた可能性は有るのかだが 落馬させる事迄は出来るのかだが
08-03 12:41

https://t.co/fOkri9V0aL 英のビルの前部の鍵は 相手を掛ける為には使用出来ない様に変化したのかだが
08-03 12:55

https://t.co/fD7YcsE7iZ この種の枝は垂直に出ているが 枝の下方が尖っている様なタイプの槍は 敵を掛ける事を意図している可能性も有るのかだが
08-03 13:27

戦国期の十文字槍も https://t.co/gM20x2EqmY 左の人間無骨を小型化した様な形状が主流である可能性も有るなら 敵を掛ける事は基本的に考慮していない可能性も有るのかだが 津軽屏風や大阪夏・冬の陣図の十文字槍の枝も 前方に湾曲したタイプが多い様に見えるが
08-03 14:18

一方で戦国期では海戦にも使える熊手や薙鎌の後継として https://t.co/5gKFogqtar 左の様な歩兵用の船槍が使用されている可能性も有るだろうし 此れで騎馬武者が落馬していた可能性も有るのかだが
08-03 14:36

https://t.co/Bye1YVDc3B 左の枝の有る忍者用槍は基本的で登器であるなら 敵を掛けるのには使用するのかどうかだが
08-03 14:38

https://t.co/6Uz2TyUhz1 鍵槍も左の様に鍵が下向きに曲がっている物は 敵を掛けるのを意識しているのかだが 此れでも落馬させる事は 出来るのかだが
08-03 15:17

https://t.co/yTBBwrZ8ln https://t.co/bAzt45yrgx 鍵槍・鍵薙刀も 黒田屏風や大阪冬の陣図では 垂直に鍵が出ている物しか無いが 現実にはどうなのかだが 此れは敵を掛ける事を意図していたのかどうかだが
08-03 15:34

https://t.co/3COPUIu6w4 左の様な片鎌槍や https://t.co/fFcRHVgVQ3 片方が短い枝の有る鎌槍も黒田屏風に有るし こうした物も遅く共大阪の陣では利用されたと言う事なのかだが
08-03 16:18

https://t.co/LtQqECnlGD 左の黒田屏風の十文字槍には房飾りの様な物が有る様にも見えるが 此れは何なのかだが
08-03 16:26

https://t.co/B3J041j7Sv 黒田屏風の左の場面では妙に槍の房飾りが多いし 槍印らしき物も有るが こうした物を大量に装備する精鋭部隊等の表現では無く 一人の絵師が趣味でそうした物を纏まって書いた可能性も有るのかだが
08-03 16:30

新紀元社・ヨーロッパの武術に パルチザンを二本同時に使う例が有るがhttps://t.co/C72uNWTn7C 左のイスラム兵の様に騎乗してこう言う事はしたのかだが
08-03 16:59

katakama yari Gallery https://t.co/Igo7l7sLMn https://t.co/elA7iQ0KW8 左に有る枝中央が尖っている片鎌槍・鎌槍は この部分でピックの様に刺す事を狙っている可能性も有るのかだが この種の物は非常に少ないだろうか
08-03 17:04

https://t.co/NwvHdAl5hq この薙刀には鍔と一体化した四方鍵が有る様だが もう少し下の部分に https://t.co/0LvvKGqHJ9 左の槍に有る様な四方鍵が有る物も有るのかだが
08-03 20:24

https://t.co/hGDrgXdx30 此の槍は枝長が20cmも有ると言う事は 敵を掛ける事を狙った物なのかだが 枝は下向きでやや湾曲して居るが 騎兵を落馬させる事迄は出来るのかだが
08-03 20:33

https://t.co/92q49rAsEi この鍵形槍は湾曲は無いが 敵を掛ける事を一応考慮しているのかだが 枝中央が尖るのは此れで叩き突く事を考慮しているのかだが
08-03 21:07

https://t.co/zHzOWsp7R5 幕末の弓道或いは弓術の写真では矢を右手に二本持つ例も有るが 此れと同様と見える例が https://t.co/PWxFFwRBLh 左の黒田屏風にも有る様に見えるが 他の絵では今の所見ないが 平安期等から有ったのかだが
08-03 21:43

https://t.co/v8dU3xVakA こちらは左手に12本もの矢を持って連射しているが 此れで80kg等の弓は引けるのかだが
08-03 21:52

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10162-4b0d341f