Category

2017.10

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

07/20のツイートまとめ 

boukenkyuu

此れも大阪冬の陣図だが 毛皮或いは鳥毛の有る陣羽織が 書かれているのかだが https://t.co/UkkOKXv3g9
07-20 10:55

此れも大阪冬の陣図だが 右の馬には馬鎧が有るのかだが 布を被せてあるタイプなのかだが 前部の布には模様が有るのかだが 左の馬鎧は後部だけ布が有るのかだが https://t.co/Wu5y0uBzju 左の江戸初期の物と言う馬鎧に… https://t.co/vthN1o7eNf
07-20 12:18

植物には知性や感情があると考える科学者が急増   https://t.co/eMrFIWOk8D とは言えマゾーンの様な植物型の知的生物迄 放射線やウイルスの影響でも無ければ出得るのかだが 地上で歩けず共 宇宙空間で繁殖しソーラーセイルを動かせる程度には成るのかどうかだが
07-20 12:36

https://t.co/SUpTQecP8i 左の続きだが 地上でもナウシカの粘菌の更に知能が増したタイプや 葉を動かすタイプの食虫植物の複雑な様な物なら 自由に移動可能で高度な知能を持つ物は有り得るのかだが
07-20 12:42

https://t.co/1Pj2YFAeFP >植物は動けないから、嫌いなものが近づいてきても逃げることはできない。それで相手が嫌がる物質を放出して撃退するのである。 この他にも、植物は自分と相性の悪い植物を枯らせてしまう物質を放出するものもある。
07-20 12:48

https://t.co/UThY4WawcS 左の続きだが 植物が生態系を破壊する人間を危険視し 人間を抹殺するウイルスや物質を 突然放出する可能性は無いのかだが 抹殺では無く攻撃的性格を変える様な物の可能性も有るのかだが
07-20 12:50

此れは大阪夏の陣図だが 短い陣羽織が此れにも書かれているが 絵のミスの可能性も有るのかだが https://t.co/LIfrx7xIOE
07-20 13:35

丈二尺一寸(約63cm)の短い半被を 具足の上に装備する例も有るのかだが 此れは陣羽織程複雑な構造の物は有るのかだが 夜討伏兵に使われると言う事は 素肌武者用の可能性も有るのかだが https://t.co/69xTNVbFox
07-20 15:26

https://t.co/NJT44uXM04 左の続きだが 鎖やカルタ金の入る腹巻等も有るが 此れは草摺の隙間は完全には埋まるのかだが 腰の帯の位置が下過ぎる様にも見えるが 原本はどうなのかだが 甲冑着用手順の絵に此れを装備する場面は無いから 何処迄装備されたのかだが
07-20 15:46

https://t.co/NJT44uXM04 左の続きだが 半被は胴肩衣共言う様だが 此れの現物は https://t.co/hhSENKDVuS 左の足利義昭の物が有る様だが 此れは下が破れているが 長さはどうなのかだが
07-20 16:26

https://t.co/ZyF4obUesi 左の続きだが https://t.co/KIM2hpVyxG 長さは後ろの直線的部分の残る場所と同じ可能性も高いのかだが
07-20 16:28

https://t.co/jcOZxFZflV 左の様な紋柄縅の兜は 戦国期には無いのかと思ったが 下の大阪冬の陣図の写本には有るが 原本には有るのかだが 草摺に紋が入る例は大阪夏の陣図・津軽屏風には有るが https://t.co/Rx6SO3KMXV
07-20 17:49

https://t.co/ptcPK3RxtI 左の続きだが 大阪冬の陣図の別の場面には騎馬武者が同様の物を装備しているから 此れは陣羽織なのかだが https://t.co/azxGyDsFpq
07-20 18:59

大阪夏の陣図では陣羽織を着る騎馬武者は 右の者か真田幸村以外は今の所見ないが 津軽屏風では甲冑を装備している兵で 陣羽織を装備しているのは 左の者以外今の所見ないが https://t.co/LGWMSp2NSC
07-20 20:21

https://t.co/A6CEcgEJfG >カルタゴの名将ハンニバル (B.C.241~B.C.146)は、色々な形や色のかつらを所持していたとも言われています。  カルタゴはエジプトやオリエントの影響が 矢張り有ると言う事なのかだが
07-20 22:54

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10149-2910e585