Category

2017.11

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

07/16のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/35r07hksgb 左の様な雪の結晶の家紋は 1832年の雪華図説が出た後に 突然大量に生じたのかだが https://t.co/HUZPPttRAV 左を見るとほぼ同様の物も有るから 一部は1832年より後に作られたのかだが
07-16 11:09

雪の結晶の家紋も 下の物は 1832年の雪華図説に類似の物が有るから 此れは1832年以降に作られた物なのかだが https://t.co/H9LklhWozd
07-16 11:17

https://t.co/kFwIE0jEA0 >平安期には雪の結晶が六角形であることが知られており、六弁の花(六つの花)として表現されていた 此れはどう言う紋なのかだが https://t.co/mvKCQAYZ5C 左の良く使われる雪輪と類似した 雪の紋の可能性も有るのかだが
07-16 11:32

幕末期?◆陣羽織 ◆背中に多宝塔◆○に「大」の紋 ◆ジャンク◆ https://t.co/d1P0B4pgFc 此れはダメージが有るから 江戸期の物の可能性も有るのかだが
07-16 12:01

https://t.co/Kc8azEQDOw 足軽や賊が忍者として 利用されている例も有るのかだが 賊は兎も角足軽に何処迄潜入技術は有るのかだが 遁術迄賊は使えるのかだが
07-16 14:15

漫画等に有る忍者と天狗の関連性は 何処迄有るのかが 忍者の使う九字は修験道の物であり https://t.co/bg0JDiVWbB 修験道は天狗と関連性は有る訳だろうが 忍者の崇拝する飯縄権現の顔は 烏天狗と言う事だろうか
07-16 14:35

https://t.co/gnqMFaiHaw 左の続きだが 足軽や賊の忍者は特段忍者的な装備は 無いと言う事なのかだが 地味な服を装備させる程度は有るのかだが
07-16 14:39

https://t.co/Z7W9qIOpUu >別の古文書に「中央の板に座る」という記述があり、  とは言え万川集海の直径60cmの物に座れるのかだろうし 万川集海の物とは別タイプの物の可能性も有るのかだが 万川集海の物は足に装備し沼・湿地を移動するタイプの物なのかだが
07-16 15:10

https://t.co/MjyqyJ5SvU 息袋も持続時間はどの程度なのかだが 此れを使用した後遠方に逃れて竹筒や鞘を使うと言う様な方向も有るのかだが 船底に爆弾を仕掛けると言う様な事は行われたのかだが
07-16 15:41

https://t.co/gKer9m4v3u >面白いけど、息袋は浮くんじゃなかろうか…。浮かないように錘を? と言う事なのかだが
07-16 15:51

https://t.co/FTQSK42E32 絵巻だと具足を着ている賊が多いが 彼等が忍者に潜入用に利用される際は 具足等装備していたのかだが 安い革包胴だけなら 余り音は発さないと言う事なのかだが
07-16 19:29

忍者勢力も 徳川等に付いて一刻も早く戦乱の時代を終わらせようと言う勢力と 戦争が終わっても過酷な収奪は続きそれをやる支配階層が固定化されるだけだとし 其れが民の真の幸福等なのかとして 戦いを続ける勢力に分かれていると言うのも漫画等では有るだろうが 現実には果たしてどうなのかだが
07-16 19:34

https://t.co/auLw0Z67Fh >卜伝の主張はあくまで刃の短い小長刀の否定であって薙刀自体の否定ではない  否定されていない薙刀と言うのは https://t.co/FTQSK42E32 https://t.co/wD7vKGMx7M 左の様な物なのかだが
07-16 20:25

https://t.co/sDQ65LrKHN 左の絵は岩佐又兵衛が江戸初期に書いた物だから 戦国期にも同様の物が有る可能性も有るのかだが https://t.co/7wrnwLSEwm 左の黒田屏風の薙刀も 基本的に同様の刀身長と見て良いのかだが やや短い物も書かれているが
07-16 20:53

https://t.co/DQo19Y6EmL 刀身90cmでは柄長に関わらず確実に大薙刀なのかだが 刀身60cmではどうなのかだが
07-16 20:53

https://t.co/3SwdgK8Lb2 左はエジプトの純粋なヘナで染めたかつらかも知れぬが 右の紫は何で染めたのかだが
07-16 21:24

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10145-fc05a177