Category

2017.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

05/25のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/AS0igEV0jy 胸部にカルタ金の有る馬鎧等も有るが 戦国期には有ったのかだが カルタ金も弓より槍を幾らか止める事を考慮した物なのかだが 全体がカルタ金の物は有ったのかどうかだが 胸部だけでも鉄板札製の物等は有るのかどうかだが
05-25 12:36

https://t.co/oswkltzzzE>もう一人は脱出できず、狸隠れの術で柚子の木の上に隠れた。 追っ手のものも彼を見つけられず、家の人々は再び眠ってしまった。  敵に忍者や忍術の知識の有る者が居れば 狸隠れの術等は通用するのかだが
05-25 12:40

https://t.co/p1xha6MJvj >猿回しに変装した忍者が、飼いならした猿を武家屋敷の高い塀を登らせて、門に回らせて閂かんぬきを取らせて潜入したという術もあります  こうした術も 敵に忍者が居る或いは忍術の知識が有る者が居れば 防がれる可能性も有るのかだが
05-25 14:28

https://t.co/p1xha6MJvj >懐に隠し持った数匹のネズミを解き放ち、「なんだネズミか……」とゴマかしたシーンがよく使われ、 >伊賀流はネズミ、甲賀流はネコをよく使ったそうです。  此れも敵に忍者が居る或いは忍術の知識の有る者が居れば 見破られないのかだが
05-25 14:43

https://t.co/0VMfYwdTaf >「狐きつね隠がくれ」 狐という動物は狩人や捕食動物に追われると水中に逃げ込み、ハスの葉、藻もなどの水草を頭にかぶり、鼻先を水面に出して隠れる知恵があったといいます。
05-25 15:30

https://t.co/x5z9v7reI4 左の続きだが https://t.co/3Uu0jlyXHZ 蓮の葉も水面から浮いている場所が有るし ここの下に黒い竹筒や忍者刀の鞘を出せば 発見は暗い状況では特に難しく成る可能性も有るのかだが
05-25 15:31

https://t.co/0VMfYwdTaf >忍者が追われたとき水中にもぐって竹筒をシュノーケル代わりに潜水して身を隠す術。犬の匂いによる追跡もふりきれます。  此れで犬の追跡迄は 果たして逃れられるのかだが 木の葉隠れ・狸隠れの術では無理と言う事なのかだが
05-25 15:49

https://t.co/HXFL82HHGz 打眉が4つも有る兜も有るのかだが 4つ有るとすれば意図は何なのかだが https://t.co/fyOshcATu3 この面頬は狐頬なのかだが 此れが具足とセットに成っている物は他に有るのかだが
05-25 18:17

https://t.co/LWRs4U0Cby 左の様に胴前部を恐らく防護していない馬鎧は 付属されている様な厚総が装備されると見て良いのかだが https://t.co/ejLyqYfXuq 左の大阪冬の陣図に有る胴正面の防護されない馬鎧に似ているが 後部は違う訳だろうか
05-25 18:18

https://t.co/sPJFEh14wx 左の様な胴下部が防護されない馬鎧も 厚総が組み合わされていた可能性も有るのかだが 西欧の馬鎧もこの辺りから下は防護されぬ例も有り 短い厚総も多いから何共言えぬだろうか
05-25 18:22

https://t.co/ouOUPExiT3 左の二人武者絵に有る物と似た https://t.co/eJBDFCqkvO 首は防護されない馬鎧も有るが やや異なる物だろうか
05-25 18:40

「死を覚悟の任務」、ビンラディン射殺の米SEAL元隊員  https://t.co/pgYKO06pR3 とは言え損害は何処迄出たのかだが >自爆テロ犯に対するように対応した。顔面に3発撃ち込んだ  此れはボディーアーマーを装備している可能性を 考慮したのかだが
05-25 19:27

https://t.co/PgnXUzVcVJ 左の様な籠手の大きな溝の入る瓢は 刀を可成り受ける事は可能だったのかだが 技術が無いと受け難いと言う事は無いのかだが https://t.co/5RDTc5naG3 左の様な膨らんだ大きな篠の有る籠手はどうなのかだが
05-25 20:53

https://t.co/nFL4JSfXc0 左の非対称の角が眉庇から出ている兜は 江戸期の物なのかだが
05-25 22:44

https://t.co/8LscN2bvnj この陣羽織は果たして リバーシブルに成っているタイプなのかどうかだが
05-25 23:45

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10098-a8caf9c3