Category

2017.10

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

05/02のツイートまとめ 

boukenkyuu

正義を主張する者等より 獣や獣の様な者の方が必死に足掻いていると言う様な意見も有るだろうが 彼等は只本能に乗っているだけに過ぎぬと言う批判も有る訳だろうか 正義等と称して只自らの精神が傷付かない様に 逃げているだけの者も多いと言う事なのかだが
05-02 10:52

管槍も鍵槍同様に戦国時代末期には大量に使用されたと言う意見も有るだろうが https://t.co/QJ3FwVEwrq 左に有る様な鍵の付いた管槍が主流だった可能性も有るのかだが
05-02 11:49

https://t.co/feDPBJs5Cg 伊東佐忠が考案したと言う管槍も 1532-1570年頃の登場なのかだが 此れが1570年に大半と成っていたと言う可能性は流石に無いのかだが
05-02 12:02

https://t.co/ELdizl5DbX >また戦場で負傷して左手が不自由となり、これをカバーするために、柄に輪鼓(りゅうご)(中央がくびれて鼓の形をした木製独楽(こま))の形をした管をはめてしごくことを創意し、  此れは果たして 事実なのかだが
05-02 12:05

https://t.co/ELdizl5DbX >身(穂)は両鎬(りょうしのぎ)で7寸5分  此れは江戸期の標準的管槍の刃長は22cmも有ると言う事なのかだが 突きの威力を更に増す為なのかだが 両鎬なのは斬る事も或いは考慮しているのかだが
05-02 12:11

https://t.co/LPp89heN50 斬る攻撃が主体の佐分利流の鍵槍の刃長は(二尺一寸(63cm)も有ると言う事だろうが こうした物は何処迄実戦使用されたのかだが
05-02 12:16

https://t.co/2hbuQKKK5y 天狗面以外でもこうした丁番が頬に付いた物が 有ったかも知れぬが
05-02 14:25

https://t.co/ELdizl5DbX >石突(いしづき)はツルの嘴(くちばし)形で3寸5分 と有るが 此れは https://t.co/XJQw75z5uV 左の先端が細く成った物なのかだが 石突でも突きを重視している故にこうした物を江戸期の管槍は標準装備したのかだが
05-02 15:02

https://t.co/QJ3FwVEwrq 左の管槍の穂は https://t.co/ELdizl5DbX 左に有る様に 22cm有るのかだが 管の長さは基本的に三寸五分(10.6cm)と言うから 22cm有る可能性も有るのかだが
05-02 17:31

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10075-8b4d902c