FC2ブログ

Category

2021.02

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  

月別アーカイブ

 2021年02月 

02/11のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/7ijb6WpOAnサガでも鉄で縁取られた盾は出て来るが 革さえ貼られてない盾も多いと言う事なのかだが 前衛の飛び道具に対する様な兵が 革貼りの盾を多用していた可能性は有るのかだが https://t.co/i4xApLPVnW「バイキングの武術」https://t.co/IUKxdowqwr にコメントしました。
02-11 10:24

https://t.co/7ijb6WpOAn盾に食い込んだ剣が曲げられた例は サガでは有るのかだが 盾に刺さった槍が折られた例なら有ると言う事だろうか https://t.co/OknlLOtkmK「バイキングの武術」https://t.co/IUKxdowqwr にコメントしました。
02-11 10:37

RT @NinTomo_bot: 【大将落馬の縁起】大将が落馬すると不吉だということ。左へ落ちるのは不吉だが右へ落ちるのは吉という説もある。そのため、馬に乗るときは乗りそこなっても右へ落ちるよう左から乗れと言われている。[C6|P157]
02-11 13:19

https://t.co/dM6G6ivckB >これとは別に法隆寺西円堂には、脇差程度の長さの馬手差し(栗形、返り角が通常の打刀拵とは反対側についている)の拵が多く残っている。この長さになると、上記のようにピストルのように抜くことはできない。
02-11 13:24

>これに関して、戦国時代の合戦図屏風に描かれている武士(雑兵も含めて)は皆、左腰に太刀差し(打刀のように刃が上ではなく、太刀のように刃が下)していることに着目して、戦陣用では、平常時には打刀として差す刀を太刀差しにしたことを明らかである。
02-11 13:24

>すなわち、打刀拵を太刀差しにすると、栗形、返り角を反対側に付けないと帯に差せない。すなわち、この為の打刀拵(軍陣用)が馬手差しとされているのである。
02-11 13:25

刃を下にして差すタイプの戦場用脇差も有るが 合戦図だと刃を上にして差している例も多いだろうから 戦場でも両タイプが併存していたのかだが
02-11 13:26

RT @inuchochin: これは面白い。剣術は四割竹刀だけど小太刀は袋シナイだ。 https://t.co/rvEqfvpoXR
02-11 13:30

https://t.co/KRAP7H2HV9 武道修行鍛錬競の右側には 手裏剣を使う者も居るが 帯では無く上着の内部に手裏剣が 装備されているのかだが
02-11 13:38

https://t.co/edWeuWjD7F 現代の作務衣だと こうした位置に内ポケットが装備される例も有るが 江戸期には有ったのかどうかだが
02-11 13:49

続きを読む