FC2ブログ

Category

2021.02

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  

月別アーカイブ

 2021年02月 

02/03のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/9mBMpTXlgP >城や藩邸の警備と、藩主の参勤交代の護衛を行いながら、まれに自国や他国の探索業務を行うというのが、江戸時代の忍びの一般的な職務であるといえるだろう。
02-03 11:20

江戸期の忍者だと 偵察だけでは無く 城・藩邸警備・参勤交代の護衛迄しているから 捕物術や武術は 藩主を警護する為の高レベルの物が有ったと言うことなのかだが 戦国期でも護衛任務が多かったのかだが
02-03 11:23

通常の護衛兵が入り難い 城や藩邸の 床下や天井等に 護衛用忍者が配置されていた可能性も有るのかだが 参勤交代の護衛だと 藩主の近くに配置されるのでは無く 周囲の偵察・安全確保に利用されていた可能性も有るのかだが
02-03 11:27

そうした忍者なら天井や床下内・屋根上等での戦闘技術も 可也有ったと言う事なのかだが
02-03 11:37

岡山藩や徳島藩には 徒士以上の地位の忍者が居たと言うし 彼等の武術・武装は相応の物が有ったと言う事なのかだが https://t.co/lVH0aS3cze
02-03 11:42

https://t.co/iTFCZaIqhk >徒士(かち)は、江戸幕府や諸藩に所属する徒歩で戦う下級武士のことである。近代軍制でいうと、馬上の資格がある侍(馬廻組以上)が士官に相当し、徒士は下士官に相当する。徒士は士分に含まれ、士分格を持たない足軽とは峻別される。
02-03 11:47

徒士用の貸具足の胴は 足軽用より厚かったかも知れぬが 佩楯の装備迄は無いと言う事なのかだが
02-03 11:48

https://t.co/Yje2Kr9UlN >非常に簡単ではあるが全身を被うように出来ている。胴は厚さ2mm程の鉄板を7枚横に合わせて形つくり左側で蝶番を軸で止めている。  下士用貸具足だと 胴は足軽の1mm台の物より 厚く成っていると言う事なのかだが
02-03 11:57

RT @nawa_kana: スーチーちゃんの売電ジャンプがウィキリークスにも出てるみたい(まだ読んでない https://t.co/10jAJq2OB3
02-03 12:25

伊賀者以外の忍者と言うのも居るのかだが 通常の武術の中に有る 忍術を学んだ者が選ばれていた例も有るのかだが https://t.co/IStovnhKY4
02-03 13:09

続きを読む