FC2ブログ

Category

2020.07

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ

 2020年07月 

07/05のツイートまとめ 

boukenkyuu

山中幸盛の具足と言うのも 同時代の上杉謙信が装備している様な 最上胴的な物と言う事なのかだが
07-05 11:23

上杉景勝の初期の天正前期の具足と類似の物も 山中幸盛が装備していた可能性は有るのかどうかだが
07-05 11:33

西国だと下馬戦闘に不向きな 大立挙脛当や 重い下ジコロ 大型の喉輪的垂の付く面頬等は 余り無い可能性も有るのかだが
07-05 12:23

中国地方は特に山が多いし 山中幸盛は末期にはゲリラ戦を多用したなら 可也軽い鎧を装備していたのかだが
07-05 12:32

https://t.co/fFYvaaUpvH 一方で毛利家の益田元祥の鎧には 大立挙脛当や喉輪が有るが 下馬戦闘用なのかどうかだが
07-05 13:42

山中幸盛の兜も 末期では軽量な古頭形的な物の可能性も有るのかだが 上杉謙信の古頭形兜も複数残るだろうか
07-05 13:55

陣羽織も謙信時代には有るだろうが ゲリラ戦を考慮して撥水性の高い物が利用された可能性は有るのかだが
07-05 14:11

RT @kamaeatte: この津和野城城付武具の火砲1019挺の中に、口径三匁五分の馬上筒が61挺ある。仙台伊達氏や加賀前田氏、肥後加藤氏などにも馬上筒の部隊ないし戦術があったようだし、この時期は西洋と同じく日本でも馬上筒がトレンドだったのだろうか https://t.co
07-05 17:29

https://t.co/nlCrj3g564 馬上筒も左の様な六匁より小型の物は 散弾利用は無い可能性も有るのかだが
07-05 17:31

https://t.co/5EJOmaT4GT 左の関流の銃には 手貫緒を装備する穴が 馬上筒とされる物以外にも有る様に見えるが 50匁の物等も馬上利用を考えているのかどうかだが
07-05 19:18

続きを読む