FC2ブログ

Category

2020.05

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ

 2020年05月 

05/22のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/ufIt5ABihH スペインのレイピア的な構えも戦場では横に逃げ続ける事は出来ず 甲冑剣術の下から飛び込む様な攻撃でやられる可能性も有るのかだが
05-22 10:48

戦場同様に横のスペースの小さいフェンシングでは スペイン的な構えは利用されていないと言う事だろうか
05-22 10:53

助貞作!!大小セット 在銘 長鎖鎌 鎖鎌 忍者 江戸時代 Kusarigama https://t.co/Fi56RNP7fg 長柄鎖鎌は 柄中央部に分銅鎖が付くのかだが 片手で柄を持って分銅鎖を利用するのかだが
05-22 11:23

こうした攻撃もナイフを持つ相手には リスクが有るのかどうかだが 掌底の命中率は可也高い可能性も有るだろうが 命中直前にナイフでやられる危険も有るのかだが https://t.co/rKBwYFfEPa
05-22 12:41

フルプレート装備なら 急所を剣で即座に狙われる可能性は 低いと言う事かも知れぬが 掌打の打撃も兜で緩和され ゴシック鎧の固定式頬当てにはほぼ通用しないのかだが 下に飛び込んで脚の装甲の無い部分を剣や短剣で狙う手も有るのかだが
05-22 12:53

https://t.co/FI5ZpzZKCj >敵と戦う時や敵に襲われた時は、まず足の先で蹴り、兜の眉庇を狙うのがよいと語った。   服部半蔵のこうした蹴りは 下の様に目を狙う物の可能性も有るのかだが https://t.co/7rOuqnkSdp
05-22 14:19

槍相手でもこうした距離迄踏み込んで 眉庇への蹴りは出していたのかどうかだが
05-22 14:21

ロングソードでも上を狙うと見せて 脚を狙う例が有ったかも知れぬが https://t.co/AjFPIfQkXt
05-22 14:45

https://t.co/xsaNZhW39J >ともあれ、柳剛流の脛斬りに対しては、確か千葉周作が「踵で尻を蹴る方法を編み出して避けた」というエピソードがあった気がします。  https://t.co/c2fQtQB6qS 此れは 左に有る物なのかだが
05-22 15:01

https://t.co/lgO8nENtPj >通常のフックは強い破壊力の為に体が回りきってしまうので、合わせてタックルに入られると対応できません。腰を残して打つ為には手打ちになってしまいます。対してロシアンフックは肩を内に回してスイングする事で、体は正面を向いたまま腰を入れて強く打つ事ができます https://t.co/al3GWdBh5D
05-22 16:04

続きを読む