FC2ブログ

Category

2020.05

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ

 2020年05月 

05/09のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/LqTMErsSJ5 >『古民家って異様に天井が低いんです。』の項に書いたように、日本の昔の建物は“超”が付くぐらい天井が低いんですね。 床から天井までが、180センチあるかないか。現代の若者なら、部屋を移動するたびにオデコを梁にぶつけ、脳天を天井板に擦ってしまいます。
05-09 10:16

長物も江戸期迄の屋内利用では 身長(150-160cm)程度の物迄が利用された可能性も有るのかだが
05-09 10:17

https://t.co/UXNiGUBsft 弓も室内での利用を考慮すれば 左の様なサイズと成るのかだが 威力を考慮して厚くはしているのかだが
05-09 10:19

https://t.co/BEgX9ddxia >大石内蔵助の場合には、着込みは瑠璃紺の緞子(どんす)、小手・股引も同じ色で同じ生地でした、股引には鎖をいれていたようです。 吉田忠左衛門は、黒小袖、家紋付、帯は常の帯で上で鎖手拭を結び、股引は茶羽二重、裏付き、股の間に鎖をいれてありました。
05-09 10:43

忍者の場合も黒い小袖や羽織を装備して 籠手や股引は紺や茶と言う例も多い可能性は有るのかどうかだが 浮世絵の忍者や盗賊の服は そうした例が多いだろうか
05-09 10:45

https://t.co/MCLDkI8X7E >それは槍には、柄の長さというものがあり、籠槍4尺、手槍6尺、戈槍(一般の槍といわれるものて三角平造り)8尺、長槍10尺以上という、槍の柄の長さに、間合取り(遠間の間合取り)の秘訣がある。
05-09 12:32

長物も天井迄180cmの室内なら 4-5尺程度の物利用と言う事なのかだが
05-09 12:32

https://t.co/npMFfXa8Gb 室内用の槍も長く共 こうした150cm台の物と言う事は無いのかだが
05-09 12:36

https://t.co/MCLDkI8X7E  >古来、野外の戦場にて、重要な役割を担っていた槍の技法であるが、長さ一間(いっけん)から二間にも及ぶ、長大な槍は室内戦に向いていない。その為に、江戸期に至り、狭い室内での攻防法が確立され、それが手槍や籠槍(かご‐やり)の術へと変化していったのである。
05-09 12:43

https://t.co/aza0IGCe2w 枕槍は基本的に室内用だろうし 左の様な150cm台以上の物は有るのかどうかだが
05-09 12:49

続きを読む