FC2ブログ

Category

2020.03

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ

 2020年03月 

03/24のツイートまとめ 

boukenkyuu

RT @Hatashirorz: 時代は少し下りますがヘンリー8世の勅令を見てみましょう。彼は種牡馬の体格を15ハンド以上と規定しています。そして、軍馬として馬を用いる兵士は14ハンド以上の馬を準備することが命じられています。1ハンド=10.2cmくらい。
03-24 10:07

RT @Hatashirorz: なお当時の測定方法は馬の体の線に沿って紐を這わせて鬐甲までの高さを測定するものでした。よって痩せ形の馬の場合は10cm、ずんぐりとして、非常に重たい馬を測定した場合は20~25cm、あるいはそれ以上小さくなったと言われています。
03-24 10:07

RT @Hatashirorz: これを考えると当時の15ハンド=152cmとは現代の140cmかそれ以下に相当することになります。ヘンリー8世の時代は少しデービス教授の時代設定からは外れます。
03-24 10:07

RT @Hatashirorz: まぁつまり、中世の馬のほとんど全てが15ハンドを超えることはなかったと推測できると思います。
03-24 10:08

RT @Hatashirorz: 私なら逃げるでしょう。固まって隊伍を崩すな? 無茶言わないで下さい。これが騎士に立ち向かった当時の歩兵の偽らざる本音であったように思います。
03-24 10:09

体重500-600kgの騎士の馬が 短距離とは言え時速40kmで突撃して来ると言うのは厄介だろうが 杭や落とし穴等が無く共シルトロン以後は そうした馬でさえ槍襖で撃退されていたと言う事だろうか
03-24 10:11

雑兵物語の足軽は矢を高速連射する事は 推奨されていない様に見えるが 一部の上手い者は特に近くでは連発していた可能性も有るのかだが https://t.co/AtPqUN8vC6
03-24 10:43

雑兵物語の騎馬武者の場合は替え用の弓と予備の矢を奉公人が持っているが モンゴル的に乗馬時に此れが携行された訳では無いと言う事なのかだが https://t.co/UxixXqSN9a
03-24 11:09

奉公人が主人の弓を使う事は 技量の問題も有るだろうし 余程の緊急時で無いと無いと言う事なのかだが 主人以外の騎馬武者に使わせる例なら割に有ると言う事なのかだが https://t.co/uDvnuwCyiO
03-24 11:14

https://t.co/gvXEeZGBK4 >10月、朝鮮水軍を率いる李舜臣が場門浦を攻撃した時(場門浦海戦)には正則自ら軍船に乗って指揮を執り、敵船を焼き討ちするなどの反撃でこれを撃退した[21]。  福島正則の軍に伊予水軍・村上水軍は居たのかどうかだが
03-24 11:34

続きを読む