FC2ブログ

Category

2020.02

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  

月別アーカイブ

 2020年02月 

02/09のツイートまとめ 

boukenkyuu

まさに“伝説”!9人連続失敗PKを当事者たちが振り返る「芝が長くて」(ゲキサカ) - Yahoo!ニュース https://t.co/hc1hqczNtl
02-09 10:36

手の内の棒を目に投げる技も有るが 目を潰すのでは無く視界を短時間撹乱する技と言う事なのかだが 曲打で打撃する様な物は有るのかどうかだが https://t.co/v8gOhgA5j6
02-09 11:12

オノオレカンバ製の手の内でも 太さを考えると刀での切断は何処迄防げるのかだが 樫や鉄製の物の方が多いのかどうかだが https://t.co/HdkntcXwVX
02-09 11:25

https://t.co/CwmhH8fL1P 樫製の手の内も有るが 黒檀や紫檀は日本には無い木だろうし 黒檀は比重最大1.2等とオノオレカンバ(0.94)よりも硬度は有ると言う事だろうが 此れを利用した手の内は何処迄有るのかだが
02-09 12:43

尖った手の内の棒も有るし 鉄製や硬木製の物を 直打・曲打で刺す例は有るのかどうかだが
02-09 12:59

RT @tono_mikado: 大鎧は馬上では重量を馬に負担させるので楽になるというが、現代物の大鎧ではそれを確かめることが出来ない。何故ならこれは恐らく江戸時代サイズでとても小さいので、身長約155㎝の人が軍人鞍に座っても、発手が前輪か後輪のどちらかにギリギリ届くかどうか…
02-09 13:25

鎌倉期の歩兵も大鎧を装備しているし 胴丸の腹も締まっていないから肩に重量は掛かるが 袖の無い伊予札の軽量な胴丸や腹当なら余り負担は掛からないと言う事なのかだが
02-09 13:27

https://t.co/ApdUKVO3za 腹が締まらない清の綿襖甲も 袖付きの物は 肩に可也重量負担が掛かる可能性も有るのかだが そう重い札は利用されていないと言う事だっただろうか
02-09 13:34

大鎧でも乗馬時に前傾すれば 背中にもやや重量は乗る可能性は有るのかどうかだが 鞍前部に胴が乗る可能性も有るのかだが 戦闘時は立透かし状態なら 鞍での重量負担は無いが 立った儘可也前傾し背中に重量を乗せている例は多いと言う事なのかだが
02-09 13:49

https://t.co/oULOVs43tc 大鎧を装備しての騎射戦時にはこうした 袖を前にして低くした防御姿勢でいる事が多いだろうし 立ち透かしをしていたとしても背中や脇部に重さが掛かると言う事なのかだが
02-09 13:55

続きを読む