FC2ブログ

Category

2020.02

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  

02/16のツイートまとめ 

boukenkyuu

RT @kamaeatte: ホイス&シャールズ・グレイシー著「ブラジリアン柔術 セルフディフェンステクニック」という本。ブラジリアン柔術というと寝技のイメージが強いけど、本書に載っている103の技術のうち立った相手を寝技に持ち込むものが6つだけなのを見ると、試合と路上の護身で…
02-16 14:12

RT @kamaeatte: その6つにしてもフルネルソンやヘッドロックからの脱出等やむを得ず用いるものばかりで、相手を積極的に寝技に引きずり込もうという意志はないらしい(ただし相手が寝技を仕掛けてきたときの対処法はいくつかある)。また頭突き、平手打ち、肘打ちなど打撃も多彩で、…
02-16 14:13

路上格闘でも敵が一人しか居ない状況では 寝技は使われると言う事かも知れぬが 戦場でそうした状況は余り無いと言う事だろうか 味方に数的優位が有る場合で 複数の敵が自分に来ないと見た場合は合戦図にも有る様な寝技が使われる例も有るのかだが
02-16 14:16

平治物語絵巻・六波羅合戦巻や川中島合戦図で 敵を組み伏せて首を取ろうと言う時に他の敵にやられている描写が有るが 現実にはこうした事は特に騎馬武者は警戒しており 雑魚兵以外では余り起きなかった可能性も有るのかだが https://t.co/es8g7K8xpn
02-16 14:41

馬上での組討時にも 敵の数の方が多い場合は他の敵にやられる危険が高く成ると言う事だろうか
02-16 14:45

1対多の状態でも 敵を投げて囲まれぬ様に移動するスペースを作ったり 敵と短時間組んで他の敵への盾にすると言う例は有るのかどうかだが
02-16 14:46

https://t.co/GTtaAKjEOG 合気道では1対多でも相手を瞬時に投げる或いは倒す事で 制圧する技も有るが 古流柔術には有るのかどうかだが
02-16 15:02

こうした技で囲まれない様に移動するスペースを作るだけでは無く 敵を他者にぶつけて 混乱させる事も出来ると言う事だろうか
02-16 15:07

簡単に投げられる雑魚を強い者に投げ付け 混乱させている間に倒すと言う様な例も有るのかどうかだが
02-16 15:13

密集した雑魚兵に雑魚を多数投げ込めば 大混乱に陥ると言う事なのかだが
02-16 15:23

続きを読む

02/15のツイートまとめ 

boukenkyuu

周囲に倒れた敵味方が居ない場合は 片方の敵を倒し刀を奪うか 離脱して味方から刀を貰うと言う方向なのかだが 敵の脇差を倒す前に奪うと見せて フェイントを掛け攻撃と言う方向も有るのかだが
02-15 11:54

現代武術や創作武術とされる物の中に 古い時代には有ったが失伝している技と同様の物が 相当数有る可能性も有るだろうが 複雑な物は少ないと言う事なのかだが
02-15 13:23

現存している古流の外国武術の技の中に 日本の古流武術の失伝した技が有る可能性も有るだろうし その逆も言えると言う事なのかだが
02-15 13:28

あずみの京極配下の忍者は 頭を剃っている者が多いし僧兵的だが https://t.co/ljZSbMQwBb 太平記の畑時能の配下には 所大夫房快舜と言う 忍者的に鎖帷子を着て夜間襲撃もする者が居るが 僧兵の配下にもこうした者が相当数居たのかだが
02-15 13:46

僧兵は刀狩りで消えたと有るが 以後も寺院の警護要員は居たと言う事なのかだが 武装は長い刀は無いが 長物は持てたのかだが 突棒等の警護具に限定されていた可能性も有るのかだが
02-15 13:53

https://t.co/XuJLqVtIJA >大坂の陣の際、徳川家康軍が法隆寺から大坂に向かう途中、金地院崇伝・儒者の道春など3人が鎧を着けて挨拶に来た。「自分の幕下にも3人の法師武者(僧形の武士。僧兵)がいる」 そう言って家康は笑った。
02-15 13:54

僧兵的な格好をした法師武者は刀狩り後も戦闘員としては居たのかだが 寺院の警護はしなかったと言う事なのかだが
02-15 13:56

あずみの天海は僧兵を多数率いているが この時点で僧兵は無いが 私兵に相当数の法師武者が交じっていたと言う可能性は有るのかだが https://t.co/Ugtz0gg4MQ
02-15 14:05

法師武者は僧兵的に袈裟を被る者も居ると言う事かも知れぬが 浮世絵の僧形をして鎧を着ている武田信玄や上杉謙信の様に 僧兵よりは派手な格好をしている例も有ると言う事なのかだが
02-15 14:11

https://t.co/rUwC77wOiy >衆徒 >一般的に学侶よりも下位、行人よりも上位とされ、寺院内の警備や管理運営などの実務なども扱った。 中下級の貴族や武家・荘官などの出身者が多かったため、武術などの心得を持つものもあり、武装化して僧兵を構成したのもこの身分が中心であった
02-15 14:17

続きを読む

02/14のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/sXJ71pWeWx https://t.co/R7smywHODU 平治物語絵巻・前九年合戦絵巻に有る騎馬武者の下馬戦闘では イケ盾は利用されていないし 下馬戦闘が多くなる状況以外では馬には積まなかった可能性も有るのかだが
02-14 09:18

南北朝期には騎兵が下馬時にのみ射撃している例が多いが この際は馬に積む盾では無く 歩兵用の垣盾を利用していたと言う事なのかだが 一部の騎射をする騎兵も 下馬時には垣盾を利用していた可能性も有るのかだが
02-14 09:53

室町期だと騎兵は弓をほぼ利用しなく成り 一部の騎射をする兵も下馬時は垣盾を利用していたと言う事なのかだが
02-14 09:56

https://t.co/7JdK0cHEdt >騎馬武者は母衣を前にたらし矢を防ぎ、板の楯も使用した様子。  一方で打物騎兵が 馬上で盾を利用する例は室町期でも有ったのかだが 馬鎧も併用されていたのかどうかだが
02-14 09:59

銃が出た後はそうした盾や 馬鎧も減っていたのかどうかだが
02-14 10:00

https://t.co/jifjQk15oI 盾が無い場合左の前九年合戦絵巻の様に木を利用して 日置流より伏せ気味で矢を放つ例も有るのかどうかだが
02-14 10:13

男衾三郎絵詞の様に 隠れる地形が有る場合は此れが利用される例も有ると言う事だろうか https://t.co/699FPpcsxY
02-14 10:17

皮盾も蒙古襲来絵詞や男衾三郎絵詞に描かれる様な 袖が無い騎兵が利用していた可能性も有るのかだが 歩兵は垣盾を利用していたと言う事なのかだが
02-14 11:39

https://t.co/hZ8VNUjoC2 そうした袖の無い騎兵が皮盾らしき物を利用している例は見ないが 室町期でも銃が出る前なら 一部利用されていた可能性も有るのかだが 銃が普及した後ではどうなのかだが
02-14 11:50

https://t.co/5oIeqaohER 下馬しての打物戦でも そうした手盾は法然上人絵伝や十二類合戦絵巻の様に利用されていた例も有ると言う事なのかだが 銃が出た後は減ったと言う事なのかだが
02-14 11:57

続きを読む

02/13のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/GM7KKpCSlK 赤穂浪士の一向二裏的な動きが出来ない雑魚兵なら 包囲されぬ様に動けば瞬殺を続け大量に倒す事も出来るのかだが フェイントから首を斬る様な動きには 足軽的な雑魚では対応出来ないと言う事なのかだが
02-13 10:52

あずみの場合は多数の敵に包囲されぬ様に 相手の横を高速で抜けつつ首を斬ると言うのが多いだろうが 下の斜め前にステップしながらの攻撃と同様に 雑魚にはフェイント無しでも防ぎ難いと言う事なのかだが https://t.co/G1k6YJrg8d
02-13 11:23

上手い者相手では 横に抜けつつフェイントから脚を斬って 移動力を奪うと言う様な例が多く成ると言う事なのかだが あずみも上手い者はいきなり首を狙えず 手足や胴を先に斬る事が多いだろうか
02-13 11:30

犬は特に他の動物と比較して賢いというわけではない - GIGAZINE https://t.co/ZWfUzSn564
02-13 12:14

8■時代■波紋はばき■武具・刀装具■検・目貫・縁頭・鍔■ https://t.co/4BYcjuLJSn 波紋が入る脛巾と言うのは 割に多いだろうか
02-13 12:39

https://t.co/3B9OvT6BbJ 17世紀後期にはインドネシアから南アフリカに人が移動していると言うなら オランダの日本人傭兵も可也移動していた可能性も有るのかだが 日本刀は日本との貿易を許可されていたオランダ人から幾らかは入手出来ていた可能性も有るのかだが
02-13 13:08

1615年頃成立の洛中洛外図・舟木本に市松文らしき紋の有る着物を着る者が描かれるが 家地や具足下等にもこうした紋が有る例が有るのかだが https://t.co/AIyv3anAxJ
02-13 15:09

https://t.co/TqT0uTmXL6 市松文も江戸期の佐野川市松が利用する前の呼称は 石畳文と言う事なのかだが
02-13 15:15

反応速度が自らより高速な相手には 読みで勝つと言うのも良く有るだろうが 下の場合はカムイも新陰流を学ぶ事で ウツセの攻撃パターンがある程度予測出来 此れに対し高速で対処も出来たと言う事なのかだが https://t.co/gpPYRGy2xp
02-13 15:27

出鼻技は反応速度が高速でも回避できず フェイントを入れた攻撃にも対応出来ない例も有るのかだが 払い打ちや返し打ちは回避される例も多いのかだが
02-13 15:31

続きを読む

02/12のツイートまとめ 

boukenkyuu

木刀でも首を強打されれば 剣速や精度は可也低下し 喉や延髄なら即戦闘不能共成るのかだが 刀でも片手を斬っただけでは 残った手で反撃は受け 両手を斬っても残った部分でやられるリスクも有るのかだが https://t.co/LB8NIFILAk 上腕動脈を片方でも斬れば数秒も戦闘は無理だろうか https://t.co/E8FXFRUorW
02-12 12:06

https://t.co/LB8NIFILAk 両腕の放射動脈を同時に切断した場合は 15秒程度で意識不明と成ると言う事なのかだが 士気の高い者は極短時間なら戦闘も出来るのかだが
02-12 12:12

下ではあずみはあえて不利な体勢と成って 柳生宗矩の大振りを誘い 腕にカウンターを出したと言う事なのかだが 冷静で欲の無い者なら大振りはしないと言う事だろうか https://t.co/2ZVlT3H7O9
02-12 12:15

鎖鎌に余り慣れていない者では 鎖で締める等の複雑な操作をする際に 足元の防御が疎かと成る例も多いのかだが https://t.co/L174XHBbFs
02-12 12:21

@kerpanen https://t.co/v1SqcwGQq4 木曽馬なら碧蹄館の様な水田や湿地でも 明軍の足の長いアハルテケ(汗血馬)的な馬よりは可也機動出来たのかも知れないが 碧蹄館の外側ではその限りでは無いから 李如松を討ち取る事迄は出来なかったと言う事なのだろうか
02-12 12:35

こうした技も西欧剣術では多いだろうが 対処法としては左手で相手の刀や腕を掴むと言う事なのかだが 左右の手の中間点辺りを腕力の有る者に持たれると 手を出すのが遅れてやられる危険も有るのかだが https://t.co/lcyyJGgbuR
02-12 12:47

https://t.co/Q8z8QPw6ZA 合谷等の手の急所を押された場合でも 反撃は困難と成るだろうが 17世紀初期でこうした攻撃は何処迄行われていたのかだが ツボの知識の有る明軍でさえそうした攻撃は 少林寺等の一部の兵以外は無い可能性も有るのかだが
02-12 13:00

RT @kerpanen: 流鏑馬装束。直垂の違い、袖に注目。左が武田流の小袖、袖を括らない。右は小笠原流の船形の袖。袖を括っている。 https://t.co/qBy8FI1TJA
02-12 13:08

戦場で迂闊に後退すると こうした事も起こり得る訳だろうか 遺体等が無く共起伏の有る地形や石等に 掛かる例も有る訳だろうか https://t.co/mCh9RLJCKJ
02-12 13:13

そうした地形で相手を後退する様に追い込めば 転倒や遅延を起こして倒すと言う事も出来ると言う事だろうか 横移動でもこうした事は起こると言う事なのかだが
02-12 13:16

続きを読む

02/11のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/ROQDHrGHYv >津田が頭領の時、シャムとビルマの戦争が始まった。両国は永年の敵対関係にあった。ビルマ軍にポルトガルが支援に加わったため、シャム軍は劣勢となり、ソンタム王は日本人町に援軍を求めた。その結果、シャム・日本人町連合軍は、ビルマ・ポルトガル連合軍を打ち破った。
02-11 09:02

ビルマ・ポルトガル連合軍には砲は相当数有ったのかだが 日本軍は散開して此れを回避し 精度の低い緩発式火縄銃は弓や瞬発式火縄銃でアウトレンジしたが ビルマ軍の弓は長政がやられた様に受けていたと言う事なのかだが 騎兵は地形や障害物で回避していたのかだが
02-11 09:09

https://t.co/ROQDHrGHYv 日本の第一次鎖国令(1633年)の直前にアユタヤ日本人町は焼き払われたが 一部の日本人はカンボジアでは無く日本に移動して 戦闘員は島原に参戦した可能性は有るのかだが
02-11 09:27

https://t.co/tsNpmJGNPz >カンボジアにあったオランダ商館の記録などによると、朱印船貿易時代にあったプノンペンとピニャールの日本人町に住んでいた日本人は3百~4百人ともいわれ、
02-11 09:52

カンボジアにはアユタヤ程日本人は居なかったとすると アユタヤ焼討後に日本に帰還した者も多いと言う事なのかだが
02-11 09:53

https://t.co/BfKPpkN2OK >1615年末から翌年2月まで、わずか3ヵ月に出港した三隻の船の積荷目録だけで、日本製の鉄砲120・日本刀223・槍57、鉄丸など銃弾11万斤、火薬用の硫黄8250斤・硝石2225斤などが、平戸からシャム、バンタンに積み出されていた。
02-11 10:02

此れは日本人傭兵向けの物資と言う事なのかだが 鎧は有るのかどうかだが
02-11 10:07

https://t.co/BfKPpkN2OK >おのおの鉄砲を持った150名のスペイン兵と、総数500の日本人をガリナトという者に指揮させて出発し、非常な勢いを以て進撃した。スペイン人はなかなか狡猾で、先鋒にはすべて日本人を配し、自分らは殿(しんがり)軍となって敵陣営に乗り込み、
02-11 10:13

前衛の日本人兵はテルシオ的陣では無く 持槍主体の備的な陣形で戦っていた可能性も有るのかだが 後続のスペイン兵は数が少ない事も有りテルシオでは無く 海戦的装備の可能性も有るのかだが
02-11 10:16

スペイン兵も砲での支援が主体で 銃は余り放っていなかった可能性も有るのかだが
02-11 10:20

続きを読む

02/10のツイートまとめ 

boukenkyuu

エスクリマ等の西欧系武術の影響を受けた 16-17世紀の東南アジア・印の日本人傭兵は居たのかだが シラット等の影響はどうなのかだが 西欧の武具だけでは無く 中国や東南アジア・印製の武具を利用する者も居たのかどうかだが
02-10 14:05

そうした者が日本に戻り 大阪陣や島原で西欧や東南アジア・印・中国の武術を利用した例は有るのかどうかだが
02-10 14:08

樫製等の木刀も縦は槍の柄より太いだろうし 一撃での切断は容易なのかだが 刃筋がぶれれば刀は曲がるか 折れる危険も有ると言う事だろうか 木刀側も切断を警戒して受け流しや返し打ちをするなら 刃筋が立ってさえ切断は困難と成ると言う事なのかだが https://t.co/g1OI9V2pMD
02-10 15:45

木刀側は刃筋を無視した打撃や 平や峰での強打 棒術的な技も出せると言う事だろうか
02-10 15:54

樫の木刀でも500g程度と 刀の半分程度の重量であるから 速度の差を生かした攻撃も出来ると言う事なのかだが
02-10 16:10

RT @kerpanen: 2月8日、サドルバックの「馬上弓くらべスクール」の昼休みに、弓に矢を握って放つ連射を改めて実験。弓は握りづらいものの、狙えないこともなく、引こうと思えばもっと引けるので、練習を積めばもっと早く、性格で矢勢のある矢を連射できると思う。ただし、角見は効か…
02-10 16:34

RT @kerpanen: 「止戈枢要」にある二連射の実験。まず箙から矢を二本、小指、薬指、中指で挟み一気に抜く。まず中指と薬指で挟んだ矢を放つ。次に小指と薬指で挟んだ矢を放つ。この射法ならあまり練習しなくても矢勢のある矢を正確に射れる。慣れればもっと速射性も上がる…
02-10 16:34

長柄足軽は刀では無く 木刀的な手木を利用する例も多いと言うが 技量の問題で刀との速度差は生かせず 受け流しや返し打ちも出し難いとすると 騎馬武者の刀で切断された例も多いのかどうかだが
02-10 16:53

足軽は手木を斬る事等は困難かも知れぬし 手木に安い刀を刃筋を立たせずに打ち込んで 曲がったり折れたりした例も多いのかどうかだが
02-10 17:40

https://t.co/rPoGHzILGa UFCでこうした猫だましからの攻撃を 行った例も有る様だが 効果は無い様にも見えるが 何回もやれば奇襲効果は低下して来ると言う事なのかだが https://t.co/z5RenkTAr9
02-10 18:00

続きを読む

02/09のツイートまとめ 

boukenkyuu

まさに“伝説”!9人連続失敗PKを当事者たちが振り返る「芝が長くて」(ゲキサカ) - Yahoo!ニュース https://t.co/hc1hqczNtl
02-09 10:36

手の内の棒を目に投げる技も有るが 目を潰すのでは無く視界を短時間撹乱する技と言う事なのかだが 曲打で打撃する様な物は有るのかどうかだが https://t.co/v8gOhgA5j6
02-09 11:12

オノオレカンバ製の手の内でも 太さを考えると刀での切断は何処迄防げるのかだが 樫や鉄製の物の方が多いのかどうかだが https://t.co/HdkntcXwVX
02-09 11:25

https://t.co/CwmhH8fL1P 樫製の手の内も有るが 黒檀や紫檀は日本には無い木だろうし 黒檀は比重最大1.2等とオノオレカンバ(0.94)よりも硬度は有ると言う事だろうが 此れを利用した手の内は何処迄有るのかだが
02-09 12:43

尖った手の内の棒も有るし 鉄製や硬木製の物を 直打・曲打で刺す例は有るのかどうかだが
02-09 12:59

RT @tono_mikado: 大鎧は馬上では重量を馬に負担させるので楽になるというが、現代物の大鎧ではそれを確かめることが出来ない。何故ならこれは恐らく江戸時代サイズでとても小さいので、身長約155㎝の人が軍人鞍に座っても、発手が前輪か後輪のどちらかにギリギリ届くかどうか…
02-09 13:25

鎌倉期の歩兵も大鎧を装備しているし 胴丸の腹も締まっていないから肩に重量は掛かるが 袖の無い伊予札の軽量な胴丸や腹当なら余り負担は掛からないと言う事なのかだが
02-09 13:27

https://t.co/ApdUKVO3za 腹が締まらない清の綿襖甲も 袖付きの物は 肩に可也重量負担が掛かる可能性も有るのかだが そう重い札は利用されていないと言う事だっただろうか
02-09 13:34

大鎧でも乗馬時に前傾すれば 背中にもやや重量は乗る可能性は有るのかどうかだが 鞍前部に胴が乗る可能性も有るのかだが 戦闘時は立透かし状態なら 鞍での重量負担は無いが 立った儘可也前傾し背中に重量を乗せている例は多いと言う事なのかだが
02-09 13:49

https://t.co/oULOVs43tc 大鎧を装備しての騎射戦時にはこうした 袖を前にして低くした防御姿勢でいる事が多いだろうし 立ち透かしをしていたとしても背中や脇部に重さが掛かると言う事なのかだが
02-09 13:55

続きを読む

02/08のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/HHpNi9WhPK この種のフォーチャードの裏刃は 裏全体には無いと言う事なのかだが 裏刃での斬撃は余り無い可能性も有るのかだが
02-08 09:40

https://t.co/Q1yMwODs02 大刀も裏刃は有ると言う事なのかだが 房の付いた部分から下には有るのかどうかだが
02-08 09:52

https://t.co/KcvQTt9V7h 西欧の場合槍やハルバードでの裏刃攻撃と言うのは 教本では見ないが
02-08 10:22

火縄銃在銘(超美品銃)象嵌入り馬上筒 半巻張摂州住榎並屋左兵衛口正義門作 https://t.co/3lVzrN1Fwi 銃身の先端付近に迄象嵌が有る 火縄銃等も有るのかだが
02-08 11:06

此れは枝を利用し 即席の狼筅的な物を作成したと言う事なのかだが 強そうに見える相手の出方・太刀筋等を安全に見る為に 先ずは間合いを取り枝で攻撃を受けようとしたと言う事なのかだが https://t.co/MA1DHaWJNQ
02-08 11:54

筒から振り出すタイプの目潰しや 吹くタイプの目潰しならこうした袋で掛ける例と同様に拡散すると言う事かも知れぬが 自分に掛かる危険も有るだろうから 石灰等の強力な成分は入らない可能性も有るのかだが https://t.co/zqGHeyXcJA
02-08 12:41

こうして拡散するタイプの目潰しは相手が目を閉じた瞬間に 攻撃すると言うのが基本なのかだが 此れが回避された場合は 目を開けた直後に目潰しの第二弾等が放たれる例も有るのかだが
02-08 12:44

https://t.co/GZge8yIFfC 左の吹くタイプの目潰しは長さ26cmも有るが 可也小型の物も有っただろうか
02-08 12:51

振るタイプの目潰しも忍者刀の鞘に入る物と同様の 小型の物も有ると言う事なのかだが
02-08 12:54

フィオーレの教本に目潰し入り斧が有るが ポールアックスに目潰しが装備される物も有るのかだが 目潰しが柄内部に上手く偽装されて仕込まれる様な物は有るのかだが 柄前部が中空の鉄製と成り 此処に目潰しが仕込まれている様な例は有るのかだが https://t.co/Am6xc8JASt
02-08 13:22

続きを読む

02/07のツイートまとめ 

boukenkyuu

RT @kokutenkyou: たまには…薙刀のことも…思い出してあげてください…。合戦図屏風にめっちゃ描かれてるのに何故か存在ごと忘れられるという謎。(『賤ヶ岳合戦図屏風』より) https://t.co/fJDc7hBvx9
02-07 12:40

江戸期には十文字薙刀と言うのも有っただろうが 十文字槍が出たのと同時期に存在していたのかだが 十文字槍の描かれる洛中洛外図・歴博甲本が作られた1525年には有ったのかどうかだが 鈎薙刀が出て来たのは果たしてどの時点なのかだが
02-07 12:44

鳶口槍と言うのも有るが 鳶口付きの薙刀等は有ったのかどうかだが
02-07 12:46

薙刀・大太刀・金砕棒・両鎬槍等 騎馬武者用でも明確に斬撃や打撃が多い武器は可也有ると言う事だろうか
02-07 12:48

https://t.co/pFAmNZuxLY >長曽祢興里は切れ味抜群の刀作りを20年に渡って行いました。見る者に緊張感を与えるほどの存在感を放つ長曽祢虎徹は、江戸時代の新刀期の刀でありながらも、古刀のように鉄が柔らかいという特徴があります。
02-07 13:04

https://t.co/8sMDFqy0ti 池田屋事件では沖田総司や永倉新八の刀が折れた一方で 虎徹は柔らかいからかダメージが小さかったと言う事なのかだが
02-07 13:11

https://t.co/kv70viBbD7 沖田が池田屋で使用したとされる新刀・加州清光は 刃文は直刃だが 虎徹程柔らかくは無い可能性も有るのかだが
02-07 13:25

https://t.co/znQQ6bwba7 永倉新八の播州手柄山氏繁は 焼き幅が広いと言うから 19世紀の新刀と言う事も有り折れ易かったと言う事なのかだが
02-07 13:33

https://t.co/zdjCCTI6Wz 藤堂平助の上総介兼重も焼き幅が広いと言う事なのかだが 寛文期の高級品であるから 折れ迄はしなかったと言う事なのかだが
02-07 13:42

実戦を考慮した慶長新刀なら 虎徹同様に柔らかいと言う可能性も有るのかだが
02-07 13:43

続きを読む

02/06のツイートまとめ 

boukenkyuu

RT @Count_Down_000: 一般的には知られていない当時の戦闘法を解説していく。特に弓については、現代の弓道や時代劇などで一般的に知られている射法とは違い、兜や陣笠、刀の柄などに弦が当たらないように斜め弓を臥せ、射手も体重を後方に置いて身を低くして敵に狙われない…
02-06 11:18

https://t.co/YhTp9Krp5T 日置流では 射撃時は後傾姿勢は無いが 近距離では矢を抜く際には伏せていると言う事だろうか
02-06 11:41

https://t.co/6Tl3LHZewb 兜装備時も弓を引き切る様な例は左では無いが 精度を考慮しない遠距離からの牽制射撃や 至近距離の余り精度が必要無い射撃なら 威力を重視して引き切る例も有るのかどうかだが
02-06 11:48

至近距離でも連射速度を重視する場合は 引き切っていない例も有ると言う事なのかだが
02-06 11:49

遠距離で銃しか命中しない様な距離では 精度や発射速度は重視せず 弓を引ききって牽制射撃をしていると言う可能性も有るのかだが
02-06 11:54

RT @kerpanen: 「騎射中に弦が切れたら」馬上で弓を張るには、弓を上下逆さにして馬体の左側に沿って末弭(弓の上端)を後方の地面に左手で押し付け、右手は手綱を取り、馬を抑えながら本弭(下端)を上げて弦輪を掛ける。昔の弦は苧麻を縒り作っていたから、今よりも切れやすかったは…
02-06 12:09

https://t.co/7zDG8EJXF9 >苧麻(ラミー)の特徴・糸の強度・・・天然繊維の中で一番強いと言われている   とは有るが 苧麻製の弦はモンゴル的な皮弦より強度は無いのかだが 漆で強度はやや増すのかどうかだが
02-06 12:14

https://t.co/TaGIDZHHob >・天然繊維の中で繊維強度が最も強靭(羊毛の4倍、綿の2倍)。水を含むと繊維の強度がさらに60%増す。  苧麻も水を含むと強度が6割も増すと有るが 長時間では弱く成る可能性も有るのかだが
02-06 12:28

合武三島流船戦要法だと 日置流よりやや低い姿勢の 両膝を付いた射撃も出て来るが 更に低い様な物は有るのかどうかだが https://t.co/JMEjSboTBm
02-06 12:59

https://t.co/bQKaaObYyn こうした伏射が 狩猟で使われる例も現代では有るのかだが 古い例は有るのかどうかだが
02-06 13:11

続きを読む

02/05のツイートまとめ 

boukenkyuu

上手い者でも刀を出鱈目に振り回す者は 味方に食い込ませている間にやられる例等も有るのかどうかだが https://t.co/SJbWp2oNro
02-05 10:10

敵に食い込んでいる内に他の敵にやられるか 食い込ませた敵にやられる例の方が多いのかどうかだが
02-05 10:30

へし斬り的な斬り方で無く共 至近距離でのこうした斬撃は有ると言う事なのかだが https://t.co/JnUKrWzf09
02-05 10:44

RT @kerpanen: 「騎馬武者も痛い落馬は嫌」「止戈枢要」の「戦馬」の項に、大きな軍馬は川を渡り、敵を制圧するには良いが「乗り下り落馬に痛みあり」。小さい馬にはその二つの利点はないが「乗り下り落馬に徳あり」。結論として、軍馬には二寸(ふたき)から三寸(みき)(体高127…
02-05 10:56

肩高150cm近く等の大型軍馬の乗降は 従者が介助していた例も有るのかだが 前田利家の様に大柄な者なら そうした事は無用と言う事なのかだが
02-05 11:00

武田軍の馬は山岳移動を重視して 太く小さい馬が使われたと言う意見も有るが 山が多い中国地方等でも同様なのかだが 平地の多い関東の馬は南部馬的に大型の物が多いのかだが
02-05 11:11

https://t.co/Shxu82CqAL 一方で武田信虎の馬・鬼鹿毛は体高は148cm有るが 大型だが山岳移動出来る様な体力も有ったと言う事なのかだが 信玄の黒雲や勝頼の大鹿毛も似た様なサイズの馬だった可能性も有るのかだが 武田軍でも偉い者はこうした大型で山岳移動も出来る馬に乗っていたのかだが
02-05 11:23

https://t.co/RPPPJvrzUI 鎌倉の由比ヶ浜で発掘された 1333年の新田義貞の鎌倉攻めで戦死したとされる馬は 体高125-136cmの物が多いと言うが 小さい物は下位の騎馬武者の物なのかだが 100cm等の物は荷馬なのかだが
02-05 11:36

https://t.co/fxNaLwLmmN >騎馬侍(きば‐ざむらい)という一ランク上の階級も、馬術に長けているばかりでなく、体躯そのものが強靱であり、落馬してもそれで滅多に死ぬことはなかった。また、敵の徒侍に、一旦は馬から引き摺り落されても、再び立て直し、掠り傷もせず、丈夫な体躯をしていた。
02-05 12:01

騎馬武者も体が強靭なだけでは無く 落馬時の受け身技術が優れていた可能性も有るのかだが
02-05 12:03

続きを読む

02/04のツイートまとめ 

boukenkyuu

尾州大野住藤原重久作 丸に荒枝付き左三階松紋 大野鐙 盛家作 銀 真鍮象嵌 桜唐草文 一対 江戸時代 珍品 https://t.co/29Ns8Vh6rr 螺鈿が踏む部分に有る鐙は 戦国期の戦闘用の物では無いと言う事なのかだが
02-04 09:26

https://t.co/aXr2OIIFAt 左の様な直線的な分銅で無いと 鎧の隙間は貫通し難いと言う事なのかだが こうした物が鎖鎌に付く例は有るのかだが
02-04 10:05

https://t.co/GJiloBn3cz こう言う2つの鈎が装備された 船槍的な先端の分銅も有るのかだが 槍付き熊手的な物も有るのかどうかだが
02-04 10:21

https://t.co/QdNBHFViN2 明代の飛爪的な形状の分銅と言うのは 日本には果たして有るのかだが 日本の鈎縄的な形状の分銅が付いた鎖龍蛇が中国起源の物とすると 鈎縄的形状の分銅が付いた飛爪も有ると言う事なのかだが
02-04 11:37

https://t.co/uEqiHJBETW 雙飛撾と言うのは 飛爪とは別物の対騎兵用のボーラ的な武器と言う事なのかだが
02-04 11:40

https://t.co/vV52OYNo4U  鎖龍蛇は左の龍吒が原型と言う事なのかだが 鈎の形状は鈎縄的に単純化されていると言う事なのかだが 梅吒は鈎爪の数が多いが こうした物は日本には入ったのかだが
02-04 11:55

閉鎖的空間でも火縄を照明として利用すれば 匂いが漏れる危険は無いのかだが カムイ伝に出て来た海ホタルの粉等が 匂いの出ない照明として利用された例は有るのかどうかだが こうした状況では照明を付けた上で声は発さず 唇の動きやジェスチャーで会話と言うのが基本なのかだが https://t.co/LctB6REHNQ
02-04 12:06

https://t.co/PkaSjIqaj8 強盗提灯を下に向ければ 光は余り出ないと有るし 火縄より匂いも出ないと言う事なのかだが 小型の物も有るのかどうかだが
02-04 12:26

RT @kerpanen: 「怖いのは傘お化け」馬は用心深いので、色々なものを怖がる場合がある。甲冑、弓、鉄砲はもちろん、馬場に落ちてるビニール袋や、道の水溜まりも怖い(どのくらい深いかわからないから)。特に怖がるのが、傘。人間と傘が一体になっているように見えるらしい。もっとも…
02-04 14:51

https://t.co/nVYW9G7uaS 雑兵物語では 陣笠を被る奉公人が馬を世話しているが 戦国期の馬ならこうした物には 早期に慣らしていたと言う事なのかだが 笠的な指物も有るが 多種の指物に驚く馬等は居たのかどうかだが
02-04 14:54

続きを読む

02/03のツイートまとめ 

boukenkyuu

RT @Hikasuke333: マーシャルの言う「第二次大戦の米歩兵の発砲率は十五%」には根拠がない(じつはそんな統計存在しない)というの、三十年前から言われてて驚いた。
02-03 11:00

https://t.co/qcsgre0twg >その結果、第二次世界大戦では発砲率が15-20%だったのに、朝鮮戦争では55%に、ベトナム戦争では90-95%に上昇しました  この朝鮮戦争やベトナム戦争の発砲率の数字は 正しいと言う事なのかだが
02-03 11:20

WW2から5年後の朝鮮戦争で 突然発砲率が倍以上等と成るのかだろうし WW2もほぼ同様の発砲率だった可能性も有るのかだが
02-03 11:25

日本の戦国期だと騎馬武者や士鉄砲・士弓組等は発砲率は100%に近いのかだが 彼等に一方的に狙撃されるのを回避する為に 足軽も高い発砲率だった可能性も有るのかだが
02-03 11:27

雑兵物語を見る限り足軽の戦意は低くは無く 射撃しない所か遠距離で早期に矢を打ち尽くす様な例の方が目立っているだろうか
02-03 12:56

「他人と夢を共有できるってホント?」。米・研究家 | TABI LABO https://t.co/NubFvvAAo5
02-03 13:15

前世夢は子供のころに頻繁に見る特徴あり!気になるなら前世占いがオススメ https://t.co/QHFjRCi9bO
02-03 13:20

前世の夢の特徴!夢から前世の記憶を思い出す方法【軍人や戦争の夢の実例】 | 心理とスピリチュアルの専門家 井上直哉オフィシャルサイト https://t.co/V8Dgi5dOYi
02-03 13:21

弓足軽は矢を放ち過ぎるのを防ぐ為に 小型の靭しか持たせておらず 小頭が別に渡した矢を先に使わせると言う事だっただろうか 槍足軽も後列の全員が一遍に槍を突き込んだ等と言う記述も有るから 果たして戦意は低いのかだが
02-03 13:28

顔にこうした形で切り上げても 回避される例も多いのかだが 上からバインドした直後に腕を斬る方が命中率は未だ高いのかだが https://t.co/8HqKpdeyuF
02-03 13:43

続きを読む

02/02のツイートまとめ 

boukenkyuu

こうした撒菱を散布されても 平坦な場所なら摺り足で移動する事は可能なのかどうかだが 速度は低下し飛び道具をランダム機動で回避等は 困難と成るのかどうかだが https://t.co/q2cdMRyhQI
02-02 13:09

槍や長物が有れば 高い位置で無く共 棒高跳びの様な形で撒菱が撒かれている範囲外に 早期に離脱出来ると言う事なのかだが 刀でも幾らかは出来ると言う事なのかだが https://t.co/AQLAFRGJg6
02-02 13:16

飛び道具を回避する為のランダム的な機動をしながら そうした形で跳ぶと言う事は何処迄出来るのかだが
02-02 13:20

https://t.co/XgTZf4bGOv 助走無しの立ち幅跳びでは 3.73m迄跳んだ例も有るが 跳躍中にランダム機動は困難と言う事だろうか
02-02 13:38

https://t.co/7bCU8xNElK 足軽的な雑魚忍者なら こうした跳躍中は前後からでも無い限りは 銃や弓を当てられない可能性も有るのかだが
02-02 13:44

https://t.co/y05qA5zlhu >和本『伊賀路濃知辺(いがじのしるべ)』の記述によれば、天正12年(1584年)、徳川家康が伊賀忍者に尾張の蟹江城攻めで忍び込むよう命じた際、石垣で上から射殺される者が続出したため、「鉄之盾三十枚」を与えたと記されており、攻城戦で用いられた
02-02 14:07

忍者が鉄盾を30枚も利用して 強引に城に潜入した事も有るのかだが 通常の兵の援護は受けていたのかどうかだが
02-02 14:08

https://t.co/IRky0YJy1f 蟹江城は和平交渉で家康に引き渡されたが 陥落はしていない訳だろうし 忍者の潜入攻撃も何処迄成功していたのかだが
02-02 14:17

RT @kamaeatte: 最近古本で入手した二冊。「軍事分析 戦国の城」「戦国の城全史」と重複する記事が多いからと今まで手を出さなかったのを後悔した。個別の城の記事以外にも面白い記事が多数あり、中でも防御の原則から城の運用法を読み解く城郭防御マニュアルは必読というか、城の本…
02-02 14:58

ハルバード的な2.5m程度迄の槍なら 剣で踏み込まれても可也対抗は出来る可能性も有るだろうが 長い物でも近接される前に居合抜きをする余裕が有ると言う事なのかだが https://t.co/LPYsEWyopY
02-02 16:50

続きを読む

02/01のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/bdiJLpBIza この斬り方は 古式では有るのかどうかだが
02-01 12:35

戦国期の騎馬武者の馬は 逃走時や追撃時は密集していないかも知れぬし 全部攻撃的な馬でも問題は無いのかだが 逃げる側は馬が途中の味方等を攻撃して上手く逃げられない危険も有るかも知れぬし 逃走用には攻撃的な馬は用いられなかった可能性も有るのかだが
02-01 13:13

関東の騎馬武者は敵が敗走していなく共 陣形が崩れていれば突撃すると言う事だろうし 密集突撃をしている可能性も有るなら 攻撃的な馬は左右の端だけに配置と言う可能性も有るのかだが
02-01 13:16

夜間の奇襲攻撃の際も馬が暴れたら 此れは成功しない訳だろうから 攻撃的な馬は用いられないと言う事なのかだが
02-01 13:18

馬に指を食い千切られたと言う例も有るし 攻撃的な馬に腕に噛み付かれれば籠手が有れ 可也ダメージを受ける可能性も有るのかだが
02-01 14:15

敵の馬に長物や刀に噛み付かれている間に 騎馬武者にやられた例等は有るのかどうかだが 武器を持つ腕に噛み付かれている間にやられた例も有るのかどうかだが
02-01 14:21

馬に蹴られて肋骨骨折や内臓破裂と言う例も有るが 板金鎧や此れと同様の防御力の有る胴が有れば 其処迄のダメージは無いのかだが
02-01 14:23

西欧剣術の場合は バインドした儘逆側を突く例は有るが 影抜き的にバインドの無い状態から 逆側を狙う例は有るのかどうかだが https://t.co/b0khTxYUmq
02-01 16:19

剣を逆側に出した後 横方向に斬る例も有ると言う事だろうか https://t.co/DaQzKVcnb9
02-01 16:26

剣を外して逆側に抜ける例(潜り抜け)も有るが 此れもバインドからと言う事だろうか https://t.co/KWT9PV0OSa
02-01 16:29

続きを読む

01/31のツイートまとめ 

boukenkyuu

RT @manriki_ocho: @kerpanen @boukenkyuu 本式の箙は矢を束ねる紐がなんで3本もあるのか悩んでいたのですが、前緒は輪の大きさ固定で矢の広がり過ぎを防ぎ、矢束ねの緒は戦場以外で矢をしっかり固定し戦場では解き、上帯は締めたり緩めたりが可能でTPO…
01-31 07:47

鎖鎌 https://t.co/zuXLNK850g 分銅鎖が中央に付く鎖鎌も有るが 操作性はどうなのかだが
01-31 12:02

【宗】所蔵 幕末 官軍 長州藩 白熊 頭巾 鳥羽伏見 戊辰戦争 攘夷 明治維新 仏具 馬印 旗指物 陣羽織 武将 采配 軍配兜 甲冑 https://t.co/eMAikuw1VE こうした練皮の兜鉢だけの物に 毛が付いた物は戦国期には有るのかだが
01-31 12:36

https://t.co/MQonYvA2IC 1351年成立の慕帰絵詞には 鉢だけの兜が描かれるかも知れぬが 紐が付いていないし 只の帽子・頭巾か髪の可能性も有るのかだが
01-31 13:01

胴乱的な物に 鉤縄が入る例も有るのかだが https://t.co/Oq3u78dDbP 胴乱の場合は 銃の弾薬以外(金銭・薬・印・煙草等)が入る例も有ると言う事だろうか https://t.co/3JyT80EQLM
01-31 14:16

鈎縄を騎馬武者が装備する例も有るのかだが 戦闘用では無く太平記の様に崖等を登るに利用されるのみと言う事なのかだが 此れは打飼袋に入るのかだが https://t.co/qiGRLLDitL
01-31 14:25

https://t.co/1jdXCUl3oK 弾薬の入る胴乱は 左の様に横長形状が基本と言う事だろうが https://t.co/Moqd6hlnTg 縦長の物も有るが弾薬用では無いと言う事なのかだが
01-31 14:32

https://t.co/SqkJMrGtu0 幕末だと弾薬が倍入るかも知れぬ様な大型の胴乱も有るが 戦国期には有るのかどうかだが
01-31 14:36

https://t.co/Oq3u78dDbP >形態は小形の長方形の革製品であったが、これが大形化してなんでも入れられる携行具となり、これを大胴乱といった。   こうした何でも入れる様な大胴乱と言うのは 戦国期には有るのかだが
01-31 14:43

大阪冬の陣図には 胴乱が描かれるが 基本的に早合が入ると言う事なのかだが 古い時代だと胴乱は無く 襷早合が利用されていた可能性も有るのかだが https://t.co/a48noPAt2D
01-31 14:56

続きを読む