FC2ブログ

Category

2020.01

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ

 2020年01月 

01/20のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/3JB1lePSG0 こうした形でハーフソードから殺撃(Mordhau)を奇襲的に行い 敵の武器を払う等する例も有るのかだが
01-20 11:45

https://t.co/3doxhUG8q4 こうした体勢から殺撃にスイッチして 相手を掛ける例は有るのかどうかだが
01-20 11:52

https://t.co/l9IGF1XMDH これも同様の切り替えで頭を打つが 可也強打しないと兜に受張が有るなら ダメージは無いと言う事だろうか
01-20 11:57

掌を殺撃での鍔で強打されれば 剣を持てなく成る可能性も有るのかだが
01-20 11:59

鐵砲秘傳書 鉄砲秘伝書 火縄銃 https://t.co/gb8jLoihfc 妙に短い 陣羽織らしき物が描かれるが 18世紀後期以前には有るのかだが
01-20 12:57

Xp2321【即決】東京 遊就館 唐頭兜【絵葉書】送料無料 https://t.co/9k5pearu7m 獅噛前立からも 長い毛が出ていると言う事なのかだが
01-20 13:31

RT @kamaeatte: 武田流(甲州流)軍法の迎撃戦術「追立」の模式図。戦が始まる時、突撃してくる敵の備の形は「虹形」から「杉形」となり、この杉形の頂点には一番槍や一番首を狙う豪の者が集まる。ここを鉄砲や弓の上手の射手に集中射撃させ、次いで杉形の「広ク成所」に懸かり打てば…
01-20 13:36

RT @kamaeatte: 画像は①越後流の「武門要鑑抄」にある縄張図と、②山鹿流に基づいて実際に築城された赤穂城の縄張図だが、江戸時代の軍学ではこのように稜堡式と見紛うほど塁線が複雑に屈曲する城が推奨された。敵がどこから接近してきても横矢(側射)をかけられるよう死角をなくす…
01-20 13:38

RT @kamaeatte: 軍学的な縄張の欠点として以下のことが想像できる。①城内にデッドスペースが増える ②より多くの守備兵力を必要とする③城内からの見通しが悪い④城兵の移動を妨げる一つずつ説明していくと、
01-20 13:39

RT @samurai__inui: RT 年代別の兵種比率で見た時に、その城の防御構想が長柄主体で阻止するのか、弓・鉄砲主体で阻止するのかが縄張りにも現れる(当然全てではない)。江戸時代の軍学では何を主体にしているのかをしっかり見る必要がある。なお当時の赤穂城の南側は海に面し…
01-20 13:42

続きを読む