FC2ブログ

Category

2020.01

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ

 2020年01月 

01/19のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/5jRrRkPfum 忍者は大型の木砲では無く 小型の木・皮・紙製の散弾銃を多用したと言う事なのかだが
01-19 12:41

三島村上水軍利用の 高麗鉄砲は木製の大筒と言う事なのかだが 口径は3.03cm程度なら 3.3cmの50匁筒よりやや小さい物と言う事なのかだが 瞬発式だが固定式で炸裂弾を放つ為の物と言う事なのかだが 忍者の木銃はこれよりは可也小型の物と言う事なのかだが https://t.co/12y2wMRx0g
01-19 13:17

忍者用の小型の木砲は使い捨てなら タッチホール式と言う事なのかだが
01-19 13:19

https://t.co/KkFKkcIerE 明の木砲の場合は スウェーデンのレザーキャノンと似て鉄の管が入るのかだが 竹製銃から通常弾と散弾を同時に放つ様な物も有ると言う事なのかだが
01-19 13:39

https://t.co/kJN9I1wJWv https://t.co/f4g4OtPCN2 三島村上水軍には竹製鉄砲を多数装備した高さ一尺五・六寸程度の小型の火船も有るだろうし 雑賀衆が竹製の仕掛け銃を利用したと有るから 竹に縄を巻いて散弾を放つ様なタッチホール式の銃なら忍者も利用していた可能性は有るのかだが
01-19 13:53

https://t.co/hx5W9UXWgc >(雑賀孫一) >「焙烙火矢(ほうろくかや)」の技を持っていました。これは銅で作った玉の中に火薬と鉛玉を詰め、布で包み漆を塗ります。これを竹の先に付け銃に差し込み発射し、敵兵の頭上に撃ち上げ、反転して落下させ炸裂させます。
01-19 14:10

雑賀孫一の焙烙火矢は 棒火矢の様な推進力は無く 擲弾的な物なのかだが 近距離なら焙烙玉を投げる方が 効率的と言う事なのかだが 竹の下には矢を放つ際に使われるのと同様の 中空の玉が詰められたと言う事なのかだが
01-19 14:13

タッチホール式の竹製銃から そうした物が放たれる例も有るのかだが
01-19 14:17

RT @usyu567: @ww2doitugun はじめまして、私が投稿した動画です。七間半の距離から30キロの強さの弓で堅物射貫をしたものです。
01-19 15:02

第二次上田合戦で利用されたと言う真田軍の木砲と言うのも 1度しか放てないと言う事も無いだろうが 大阪陣では紙製大筒が使われたのかだが https://t.co/c5N0uGoviB
01-19 15:38

続きを読む